アンティークのある暮らし  DORIS

ハウステンボス在住のネットショップ「DORIS」店長のブログです。http://mttaki.shop-pro.jp/

おうちカフェでコーヒーを!

2012年06月30日 | アンティーク&ヴィンテージ

私には実の姉妹以上に大切な友人がいます。彼女とは昔、同じ会社で働いて

いた時からのお付き合いですから、かれこれ30年近くになります。

 

私のことを実の妹のように可愛がってくださり、私も姉のように甘えています。

京都に行くといつも彼女の家に泊まるのですが、なぜか自分の家に帰ったような

気分になり、とても居心地がいいのです。

 

それは、私が彼女の家の玄関を開けると「いらっやい」ではなく「お帰り!」という声が

返ってくるからかもしれません。

彼女はとてもきれい好きで、家の中もこのようにすっきりしています。

 

(スペイン製のチェストだそうです)

 

右に見えるのが高級食器が並んだキャビネットです。チェストにもキャビネットの

下にも高級食器がぎっしりと詰められています(カフェが出来るほど)。

 

 

ロイヤルコペンハーゲンやウエッジウッドはもちろん

 

 

あまり知られていないこんなカップも、

 

 

さらに、デパートでは見られないようなKPMのロイヤルベルリンのセットも!

 

 

実は、このコーヒーカップセットは、二十数年前、彼女と2人でヨーロッパを旅行した

時にドイツで散々探し回って見つけた品物だったのです。

 

お値段も半端じゃなくて彼女のクレジットの枠だけでは買えなかったので、私の枠まで

貸してあげました(もちろん、すぐに返してもらえましたけれど)。

ですから、今では何百万円もするそうです(ドロボーさん狙わないでね)。

 

私が泊まりに行くと、いつもこのカップでコーヒーを飲ませてくださるのですが、

私はもったいなくて「もっと安いのでいいよ」と言うのですが太っ腹の彼女は

「使わなきゃもったいないじゃない」と言うのです。

 

一客何十万円もするカップで飲むコーヒーはとてもおいしいですよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニューヨークチーズケーキ

2012年06月29日 | お料理

連れ合いが甘党なので(お酒も少し飲みますが)、食後のデザートと

毎日のお弁当用のお菓子が欠かせません。

 

(まだケーキが温かいうちに型から出したので少し崩れてしまいました)

 

今日は、ニューヨークチーズケーキとあんショコラケーキを作りました。

 

本場のニューヨークチーズケーキはクリームチーズだけで作るのでかなり

こってりしていましたが、私はサワークリームとヨーグルトを混ぜています。

そして、ラム酒に漬けておいたレーズンを入れて大人の味にしています。

 

 

今回、あんショコラケーキの中には栗の渋皮煮を入れましたが、

黒豆などを入れる時もあります(栗の渋皮煮もラム酒に漬けて冷凍して

おいたものです)。

 

お酒が大好きな私が一番好きなのはワインですがラム酒も大好きで、

レーズン、イチジク、アンズ、クランベリーやブルーベリーなどのドライフルーツ

などをラム酒に漬けてあります。

 

ラム酒を飲むようになったのはニューヨークに住んでからですが、

その頃にお菓子作りを始めたので、お菓子にはラム酒が欠かせないと

思ったからかもしれません。

 

ニューヨークで私にラム酒のおいしさを教えてくれた友人(男性)が東京で

バーを開きました。

 

彼のお店のホームページを覗いてみると、今まで飲んだこともないような

ラム酒がたくさん並べられています。

 

今度東京に行く機会があればぜひ行ってみようと思っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

緑のカーテン

2012年06月28日 | 日記

今日は久しぶりに晴れ間が見えました。

梅雨とはいうももの、こう毎日雨が続くと嫌になりますね。

家中がじめじめしていて気持ち悪いですし、早く梅雨が明けないかと

待ちわびています。

 

待ちわびていることがもう一つあります。それは、

 

 

緑のカーテン、ゴーヤです。ぐんぐん伸びて行き、

 

 

隣のトマトの枝にも絡みついています。

黄色い花もたくさん付けています。早く実がならないかなあ・・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仏壇ではありません

2012年06月27日 | アンティーク&ヴィンテージ

ある方から「仏壇」と間違われてしまいましたが、

仏壇ではなくイギリスのアンティークのチェストです。

 

 

 

中にはこのようにテーブルクロスやランチョンマットなどを収納しています。

 

 

右側のブックシェルフもイギリスのアンティークですが、こんなにごちゃごちゃと物を

置いていたらわかりませんよね。

 

そして、左側のプリンターの台も同じくイギリスのアンティークです。

 

 

パソコンを載せている机と椅子はイタリアのアンティークです。

いかにもイタリアという感じで、刺繍がとても可愛いので気に入っています。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヴィクトリアン柄のポーチ

2012年06月26日 | 手芸・手作り

不器用な私ですが、なぜか刺繍は大好きです。

ちくちくと針を刺せばよいからかもしれません。

 

「ハウステンボスの中の雑貨やさん La-Pallet」のオーナーさんはとても器用な方で、

お洋服から帽子、ぬいぐるみとなんでも作ってしまいます。

しかも、とてもセンスがよくて可愛いのです。

 

先日、お店でこんなかわいいポーチを買いました。

 

 

ヴィクトリアンの柄に刺繍がしてあります。

 

裏側はこんな柄です。

 

 

(写真がいまいちでごめんなさい)

中も可愛い布でよく出来ています。ニューヨークに住む刺繍好きな友人の

お誕生日のプレゼントにしようと思っています。本当は、自分用のも欲しいと

思いましたが、自分の分は自分で作ることにします。

 

実は、「ラ・パレットさん」に置いてあったビーズ刺繍のバッグがすばらしくて

私も見よう見まねで始めたのですが、いまだに完成していません。

 

ビーズは細かいので目が疲れるからです(言い訳・・・)。いつかは、私も「ラ・パレット」

さんに負けないような刺繍のバッグを作ろうと思っています(いつになることやら・・・・)

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

劇団スイセイ・ミュージカル

2012年06月24日 | ハウステンボス

ハウステンボスで遊びすぎたせいか昨日は少し具合が悪くてブログをお休みしてしまいました。

ある方は、「文章よりも写真をたくさん載せたブログが人気があるのよ」とアドバイスをして

くださいますが、私自身が文章を読むのが好きなのでなるべく文章を書きたいのです。

 

ブログを始めたばかりなのに(友人にもあまり知らせていないのに)、毎日何十人もの方が

見てくださっていることに感謝してなるべく毎日更新したいと考えています。

 

ハウステンボス専属の劇団スイセイミュージカル、今回は「本物の宝物」というストーリー

ですが、とてもすばらしいですよ。

 

私も昨年までクラッシックバレエを習っていたのでミュージカルは大好きです。

 

お客様が少ない日でも笑顔で頑張っている劇団の方々のステージを見ると

胸が熱くなってきて、私もがんばらなくちゃ、という気になります。

 

 

先週はミッフィーちゃんのお誕生日だったので彼も頑張って踊って(?)くれました。

 

 

みなさん、見に来てくださいね!

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンティークのお皿に盛りつけて・・・・・

2012年06月23日 | お料理

 

21日のお料理をご紹介します。

 

*手前から、ぶりのお刺身サラダ(手作りドレッシングをかけて)

*焼きナスの生ハム巻き

*ズッキーニの詰め物

*春巻き(中身は、かぼちゃ、チーズ、鶏肉のささみにゆずこしょうをつけて)。

 いつもはさつまいもを入れるのですが、今日はかぼちゃを入れました)。

*チャプチェ(韓国の春雨いため=タンミョンが近所では手に入らないので

 韓国に行ったときに買ってきています)。韓国好きのお客様に喜んでいただきました。

*大津から取り寄せた「比叡のおさしみゆば」

 

デザートは、マロンケーキとびわのバターケーキ(マロンペーストは、毎年栗が出たころに

たくさん買ってゆでて裏ごしして冷凍保存しておきますが、昨年は栗が不作だったらしく

少ししか買えなかったのでこれが最後です)。スポンジケーキを焼いて、泡立てた生クリームと

合わせただけですが、栗好きの私の大好きなケーキです。

 

そして、またまたハウステンボスのバラ園のばらです。昨夜UPしたのは写真が

ぼけてしまっていたようですね。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お気に入りの場所

2012年06月23日 | 日記

今日は朝から夕方まで、昨夜我が家に見えたお客様にウステンボスの園内を

ご案内しました。

 

ホテルアムステルダムにお泊りだったので、まずはドムトールンから出発し、パレスを

ご案内した後、バラ園へ。ちらほらですがまだバラは咲いていたのでほっとしました。

 

私のお気に入りのモナコさんもなんとか・・・・

 

 

そのあと、私のお気に入りの場所へ。

 

ここを訪れるお客様も少ないので穴場です。ハーブガーデンもあって癒されますよ。

 

白鳥さんも見えました。

 

今日は疲れたのでこれで休むことにします(あっ、もう23日になってしまいました)。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンティークの食器でおもてなしを・・・・・

2012年06月21日 | アンティーク&ヴィンテージ

今日はお客様が見えるので、ミセステーラーからいただいたアンティーク食器を

だしました。

 

 

お気に入りのロイヤルドルトンのバラのお皿には「焼きナスの生ハムまき」を載せるつもりです。

 

 

そろそろお料理を始めなくてはならないので詳しいことはいずれまたUPします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンティークのドレッシングテーブル

2012年06月20日 | アンティーク&ヴィンテージ

今日は私のドレッシングテーブルをご紹介します。 

(写真をクリックしていただくと正面に戻ります)

 

 

 

1930年代にイギリスで作られたものだそうです。ミセステーラーの家にも

同じような物がありましたが、彼女のはもっと古かったような気がします。

 

 

 Stoke on trent  のPttery Rose Bowlです。私はポプリを入れて使っています。

 

 

ミセステーラーからいただいたアンティークの小皿とボビンレースの棒。

 

 

 

奥に見えるのは二十数年前に連れ合いからプレゼントされたアンティークの

イタリア製のオルゴールです(曲はくるみわり人形)。

 

数年前にねじの部分が壊れてしまったのですが、ハウステンボスにあったオルゴール

売り場で修理していただきました。

 

手前に見えるのはアンティークの手鏡です。詳しいことはまたいずれご説明したいと

思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お気に入りのアジサイの花

2012年06月19日 | お花・植物

 

昨日、訪問先の庭で見かけたアジサイです。

 

          

 

 

 

 

 

そして、私のお気に入りのアジサイです。

 

 

こんな可憐な色のアジサイにはなかなかお目にかかれません。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ミセステーラーのりんごの木

2012年06月18日 | イギリス

 

母は、私が20歳のときに亡くなりました。父は、私が4歳のときに亡くなっていますから

私には「両親がいる家庭」という実感がありません。それに、母とは性格も考え方もまったく

違っていて、私はあまり母が好きではありませんでした。

 

そんな私がいつかイギリス人のミセステーラーを「母」のように慕うようになりました。言葉の

壁はありますが、なぜかお互いに気持が通じ合うのです。

 

連れ合いも、自分の実の母よりも気持が通じ合うと言います。ですから、ニューヨークでの

私たちの結婚式にもイギリスから出席していただきました(もちろん、連れ合いの母にも

来ていただきましたけれど)。

 

 

これは、ミセステーラーの家のりんごの木です。古くなって倒れてしまったので、今年は

もう実がならないかもしれません。もう一本りんごの木があるのですが、それは「クッキング

アップル」といって、ジャムを作ったりお料理に使うようです。

 

彼女は、ガーデニングが大好きで、お花はもちろんいろんな野菜を庭で育てています。

 

今年もまた8月にイギリスに行ったら、彼女が作った野菜をいただけることでしょう。

 

(削除してしまった「びわケーキ」です)

 

(もう一度、カナダのアンティークのテーブルクロスです)

 

今日はこれから福岡県の大牟田市まで日帰りで行きます。車で行くので、雨が強く

なければよいのですが・・・・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バイブリーコートホテルの写真

2012年06月17日 | イギリス

 

昨日は大雨でした。すぐ近くにあるホテルオークラ(前のJR全日空ホテル)の12階

ラウンジから見た我が家の風景です。上から見るのもすてきですよね。

 

 

ブログ初心者の私は間違ってブログに投稿した写真を削除してしまいました。

今日、ブログを見た友人から指摘されて気がつきました。いったん投稿したら削除しても

いいんだと思い込んでいたのです。

 

途中からご覧になって、「あれ、写真がないよ」と思われた方、ごめんなさい。

とりあえず、以下の写真だけ再度投稿します。

 

私のお気に入りのイギリスのバイブリーコートホテルです(なぜか日本ではビブリーと

呼ばれていますが、イギリスではバイブリーですよ)。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンティークのケーキスタンド

2012年06月16日 | アンティーク&ヴィンテージ

 

「びわのバターケーキ」を焼きました。びわはもちろんそのまま食べてもおいしい

のですが、お砂糖で煮てラム酒に漬けてケーキに混ぜ込むととてもおいしいです。

 

 

 

このアンティークのガラスのケーキスタンドは、ニューヨークのマンハッタンの

アンティークマーケットで購入しました。ドーム型のふた付きなので便利です。

 

 

これは、先週作った「黄身しぐれ」です。

 

 

私は和菓子も大好きなので、大量に小豆を煮て、常に冷蔵庫と冷凍庫には

「あんこ」を保存してあります。

 

甘い物が何もない時でも、あんこがあればアイスクリームに載せたり、

もなかの皮にはさんで食べることができますしね。

 

それから、栗の渋皮煮も冷凍してあり、私のお気に入りの「アンショコラ

ケーキ」を作る時には入れています。

 

本格的にケーキ作りを始めたのは、ニューヨークに住んでからですが、

イギリスでは大学から依頼されてときどきケータリングの仕事もしていましたので

ケーキや和菓子まで作っていました。

 

でも、それまでは誰にも習ったことがなく本を見て作っていたのですが、8年前くらい

から年に2回ほど、京都にある「プチ・ジャポネ」というケーキやさんのケーキ教室に

通っています。

 

オーナーはフランスで学んだ経験もある女性で、繊細でかわいいケーキを作られます。

ここのケーキ教室は少人数制で(多くて3人まで)、自分の都合の良い日を選び、

教えていただくケーキもリクエスト出来るので、遠方に住んでいる私でも通えるのです。

 

来月、京都に行く予定ですが、今度は何のケーキを教えていただこうかしらと

楽しみにしています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

我が家のバラ

2012年06月15日 | お花・植物

 

 我が家のバラが咲きました。数年前にハウステンボスで購入した「プリンセス・モナコ」です。

 

かすかに甘い香りがします。これは今年最初に咲いたものですが、

 

 

こちらは、二回目に咲いたものです。

 

 

そして、今三回目の花を咲かせてくれています。

 

イギリスで借りていた家は5軒続きの長屋でしたが、庭が広くて前庭に10本以上のバラの木が

植えられていました。でも、長い間学生さんに貸していたため、手入れがされていなくて荒れ放題

でした。

 

連れ合いと私は伸び放題だった芝を刈り、花を植え、枯れかけていたバラにコッツウォルズ地方

の酪農家から分けていただいた堆肥をあげて手入れをしました。その堆肥は藁と馬糞を混ぜて

発酵させた物で、バラにはとても良いそうです。ご近所さんにもあげたらとても喜ばれました。

 

ばらは見違えるほど美しい花を咲かせるようになり、大家さんは翌年から家賃を負けてくださいました。

 

イギリスの庭にあったバラの中でも私のお気に入りは、アイスバーグとブルームーンで、特にアイスバーグは

年に4回も花を咲かせてくれて、我が家のテーブルを飾ってくれました。

 

ブルームーンは40年前に作りだされた青バラの代表作とかで、魅惑的な香りが好きです。

 

ハウステンボスで見つけた時には嬉しくて、イギリスでの生活を思い出しました。私が手入れした

バラたちは今でも元気に咲いているでしょうか。

 

いつかまた、イギリスの小さな庭でバラを咲かせるのが私の夢です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加