アンティークのある暮らし  DORIS

ハウステンボス在住のネットショップ「DORIS」店長のブログです。http://mttaki.shop-pro.jp/

お客様からの嬉しいお便り~ハーフドールさんのこと

2017年06月20日 | ネットショップ
ハーフドールさんをお買い上げいただいたお客様から嬉しいお便りが届きましたのでご紹介します。


************


見事に完璧な梱包とラッピングに、感動しながら開封させて頂きました(@^-^@)

そして念願の侯爵夫人さまの繊細でお美しいお顔と手に感激しパープルとフランス製ブラックレースのドレス、そして中まで可愛く丁寧に制作され、大感激すぎて興奮が止まりませんでした
♪(@^-^@)♪
実物の美しさにうっとりです♪

侯爵夫人さまが私の元へ来てくださって、心から感謝の気持ちでいっぱいですm(_)m

これからもどうぞ宜しくお願い致します♪

**********


こんなにも喜んでいただき、私のほうこそ感謝の気持ちで一杯です。

Mさま、本当にありがとうございました。


本音を申しますと、販売員の経験があるにもかかわらずラッピングにはあまり自信がありませんでしたので、「ラッピングをお願いします」というリクエストをいただいた時には少し慌てました。

しかも、このハーフドールさんは高さが約40センチもあり、私の持っているプレゼント用の箱には入りません。



しかも、ラッピングの紙もこんなに大きいのは見当たらず・・・・


さらに、寝かせたままで箱に入れるとせっかくのスカートがしわしわになってしまいます。


そこで、考えたのが「立たせたまま」で梱包すること・・・


ちょうど45センチサイズの段ボール箱が見つかったのでそれを利用することにし、我が家でもよく利用しているワイングラスをスカートの中に入れて、台の上にテープで固定することにしました。


でも、ガラスのワイングラスですと割れるリスクがあるので、思いついたのがニューヨークマンハッタンのシティバレエ劇場で休憩中にいただいたプラスチックのシャンパングラスです(取っておいてよかった!)。


そして、包装紙の代わりに布地を使い、紫色のリボンで飾りました。

喜んでいただけるかどうか不安でしたが、ご満足いただけたようでほっとしました。


と同時に、今まで「こんなに素敵なのにどうして貰い手がないのかしら・・・」と少し落ち込んでいましたが、こうして「いつかはきっと理解してくださる方が現れる!」と信じて、これからももっと素敵なハーフドールさんのドレスを作っていこう、というモチベーションが沸いてきました。


実は、「新宿アンティークフェア」で某ショップの方がとてもゴージャスなハーフドールさんのドレスを作っていらっしゃるのを見つけました。


布地にもフランスのアンティークを使い、もちろんレースなども材料はすべてアンティークで、中もキルトを使い、とても素晴らしいドレスでした(お値段もゴージャスで、84000円もしていましたけれど・・・)。


私も本当は布地もアンティークを使いたいと思っているのですが、なかなか見つからないので仕方なく日本製のを使っていましたが、次回の買い付けではなんとか見つけてきたいと思っています。



    
    私の「可愛いハーフドールさん」たちはネットショップの「雑貨&小物」でご覧ください。




        ネットショップはこちらからご覧いただけます。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 英国アンティークルーペ(虫... | トップ | シルバー製品などをネットシ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。