さすらうキャベツの見聞記

Dear my friends, I'm fine. How are you today?

その昔、ソロモン王の宮殿の器はすべて金だった

2017-09-03 07:13:19 | Sunday 聖書雑学
(シバの女王と会談するソロモン(サン・ジョヴァンニ洗礼堂,フィレンツェ))

『ソロモン王が飲み物に用いる器(うつわ)はみな金(きん)であった。

 レバノンの森の宮殿にあった器物(うつわもの)もすべて純金であって、銀のものはなかった。

 銀はソロモンの時代には、価値あるものとはみなされていなかった。』


(旧約聖書・列王記第一 10:21)




 「触れたからこそ…」にちらっとソロモンに言及したが、ソロモンの栄華の一端に思いを馳せる時、どうも、この聖句がちらついてしょうがない。

           ***********


 今、金は1グラム 4,000円くらいなのだろうか。もしk18(18金)を売るとしても、あれやこれやと引かれて、1グラム当たり3,000~3,500円程度らしい。
銀はそれ以下で、1グラム10円とかそこら。だが、それでもお金になる(=価値がある)。

 だが、ソロモン王の時代、イスラエルが反映した当時は、

「銀は…価値あるモノとはみなされていなかった」(列王記第一 10:21)

「王は銀を…石のように用い」(列王記第一 10:27)

ただの石ころに1円でも値段がつけられるだろうか? 銀がそんな扱いだった程、イスラエルは、ソロモンは繁栄していた。歴代誌第二では、こうも描かれている。

「王は銀と金とをエルサレムで石のように用い、

 杉の木を低地のいちじく桑の木のように大量に用いた。」
(歴代誌第二 1:16)



          ***********


 ソロモンの住んでいた「レバノンの森の宮殿」は、高価なレバノン杉の木をふんだんに用いた宮殿だったため、そう呼ばれた(列王記第一 7章)。
 香柏と呼ばれるくらいすばらしい香り(→雅歌4:11)を放っていたため、その宮殿はかぐわしい香りに満ちていただろう。


 (ちなみに)レバノン杉は、スギとは言われていてもスギの仲間ではなく、マツの仲間の針葉樹。

 レバノンやトルコの地中海沿岸の山地に主として分布して、高度1400~1800mくらいの高地に生えており、その高度の気候はイスラエルの気候とは大分異なる。
樹齢の高いものになると、高さ30m、直径2m以上になることもある常緑樹で、均整の取れた堂々とした姿は、力や高さ、栄光や富のシンボルであったという。(cf.新聖書植物図鑑、他) (→雅歌5:15)

 材質はたいへん硬く、かつ腐りにくいため、フェニキアの造船職人はこれを帆柱として利用したり(→エゼキエル 27:5)、

 建築用としても高く評価されていたため、ツロ(ティルス)の王ヒラムは、昔、エルサレムのダビデ(ソロモンの父)に送ったり(サム二 5:11 + 7:2、歴代誌第二 2:3)、神殿にも用いられたり(列王記第一 6章)、

 神聖なものとしても扱われていた(→詩編80:10)。




『王は大きな象牙の王座を作り、これに純金をかぶせた。

 ・・・

 また、12頭の雄獅子(おじし)が、6つの段の両側に立っていた。

 このような物は、どこの王国でも作られたためしがなかった。

 ソロモン王が飲み物に用いる器(うつわ)はみな金であった。

 レバノンの森の宮殿にあった器物もすべて純金であった。

 銀はソロモンの時代には、価値あるモノとはみなされていなかった。』


(歴代誌 第二 9:17~20)




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年の残り日数 | トップ | あなたの欲しいものは何か K... »
最近の画像もっと見る

Sunday 聖書雑学」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。