さすらうキャベツの見聞記

Dear my friends, I'm fine. How are you today?

欲しいものは何?  Ecc 11:2, Mt 6:33

2017-04-23 19:54:30 | Sunday 集会・生活
『あなたの受ける分を 7人か8人に分けておけ。

 地上でどんなわざわいが起こるか
 あなたは知らないのだから。』


(旧約聖書・伝道者の書11:2)



 誕生日も来る前の今春、思いがけないことが起こり、キャベツは「何が欲しい?」と聞かれた。
が、「ホッとアイマスク」以外にすぐには思い浮かばなかった。

 昔から、お祝いで「何が欲しい?」と聞かれると、「時間」などと真心から言っていたものだが、
だからといって、無欲なわけではない。


       ************


 というのも、この4月1日、ある人が「(4月になったことだし…資産晒しておくか…)」と自分の資産を一部公開した。

 計 60×、×××、×××

 という数字(単位は円)が並ぶその画像を見て、「この金額(6億)があったら、欲しいものを多少買えるな」と感じたのだ。

 ざっと考えても、

 “皆”のための、土地購入(50坪2~3億円)・リノベーション・その後の固定資産税等の費用あれこれ(先ずここまでで4億は消化)だったり、絶版になった書籍の再販資金にしたり、

 “家族”のための、ローン支払完了・弟妹の学費・介護費用だったり、

 “自分”のために、中古物件購入・各種人生のイベント用費用・定年後の起業資金・・・等々。以上寄付含めず)

 つまり、自分の欲しいものは、たとえ6億あったとしてもそれで十分ではなく、先週続いた、福岡での3億8000万円強奪や銀座での数千万円強奪のそれよりも大きい。

 「お金で購入できる範囲での欲しいモノ」でさえ、この始末。

 無欲どころか、欲深だ。


            ************


 とはいえ、そもそも、そこまで得るのは楽ではない。

 いや、クリスチャンとして、あんまりお金のことばかり考えるのは、正直、よろしくない。



 いや、そもそも、お金なんて道具(ツール)であり、一種の集団幻想ではあり、

皆が同じ概念(幻想)を抱いているからこそ、お金はお金として機能しているわけだが。





 色々と思い巡らした挙句、最終的に戻るのは、ここだった。





『栄華(えいが)を極めたソロモンでさえ、
このような花の一つほどにも着飾ってはいませんでした。

 きょうあっても、明日は炉(ろ)に投げ込まれる野の草さえ、
神はこれほどに装(よそお)ってくださるのだから、

ましてあなたがたに、
よくしてくださらないわけがありましょうか。信仰の薄い人たち。

 ・・・

 だから、神の国とその義(ぎ)とをまず第一に求めなさい。

 そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。』


(新約聖書・マタイ6:33)



 神(=主)は、草花にもあれほど優しいお方なのだ。いわんや、人においてをや、と。

 だからこそ、第一とすべきことを第一とせよ、と。

 それは、日常をおろそかにしろ、という意味ではない。



『だから、あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します。

 労苦はその日その日に、十分あります。』


(同上 6:34)



 主(=神)を第一とし、主がともにいることを覚えつつ、日々なすべきことを行うこと。


 頂いた花々の香りをかぎつつ、それを想う。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【news】不老不死残業月10... | トップ | 蜂蜜が甘いように Proverbs ... »
最近の画像もっと見る

Sunday 集会・生活」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。