さすらうキャベツの見聞記

Dear my friends, I'm fine. How are you today?

冬の種差海岸 2017

2017-02-25 22:38:45 | ところ変われば


先日、八戸の土産屋で、昔懐かしめったに出回らないものを見つけ、東京の皆へ、とかごに入れていると、「つられてしまいました」と同じものを購入した年配のご婦人がいました。

ーこれは“通”な方々向けのお土産です、初心者へは「かもめの玉子」やラグノオの「いのち」がお勧めデス、というべきだったかと少々悩んだりもー

(なにせ、キャベツの東京からの土産を、キャベツがどこで買ったのか言い当てたそのご婦人自身は、八戸は初めてのご様子だったので)


そんなキャベツから、冬の種差海岸(お土産)です。







この記事をはてなブックマークに追加

ユダの硬貨

2017-02-18 18:27:43 | Sunday 聖書
徳島は鳴門にある大塚国際美術館。

全てが複製(レプリカ)、全てが陶製で再現されているというこの美術館は、キャベツがいつか行ってみたい美術館のひとつだ。




最近、その美術館にこんなお土産があることを知った。

ユダの硬貨。

30枚ではなく13枚らしい。なかなか斬新なお土産ではある。


(なぜ「13枚」なのかわかる人、日本人には少ない気がする。かなりシュールだ)




…これが、小説かウソだったなら、良かったんだがね…と、ユダさんの苦悩と逝く末を思いつつ。



「そのとき、イエスを売ったユダは、イエスが罪に定められたのを知って後悔し、

銀貨三十枚を、祭司長、長老たちに返して、

「私は罪を犯した。罪のない人の血を売ったりして。」

と言った。 しかし、彼らは、「私たちの知ったことか。
自分で始末することだ。」と言った。

それで、彼は銀貨を神殿に投げ込んで立ち去った。





そして、外に出て行って、首をつった。

(新約聖書・マタイの福音書27:3-5)


この記事をはてなブックマークに追加

欲しいお土産は何かと問うたとき

2017-02-18 18:14:44 | Thursday 生活
先日、「お土産、何がいい?」という問うと、

「キャベツ」

という答えが帰って来た。






もれなく、キャベツからのハグがついてきます。


この記事をはてなブックマークに追加

田舎

2017-02-18 10:31:38 | 日々の雑感


東京の人の多さを味わうと、

こんな光景のひとつひとつが珍しく、懐かしくなる。


しばらく月一回は、見れそうです。

この記事をはてなブックマークに追加

されど我らの國籍は天に在り

2017-02-17 23:14:16 | Sunday 集会・生活

『されど 我(われ)らの國籍(こくせき)は 天(てん)に在(あ)り』

(新約聖書・ピリピ 3章20節、文語訳)






 2月のとある日。

 「昨日は、おじいさんが召された日ですね」

と言われたとき、「覚えている人がいたのか・・・」とじんわりと暖かいものが広がった。




 仏教と違い、私の知っている範囲では、クリスチャンが故人の命日に集まる、ということは

あまり無い。だが、ふと、その頃、想う。




「召されてから9年・・・もっと経っているような気がしました」

ともしみじみ言われた。

以前にも、他の方々から同じことを言われたことを思い出した。(母方の)祖父や、彼の親友が召されたのが、もうかれこれ10数年以上経った気がする、と。それだけこの間、様々なことがあった、ということかもしれない。

 だが、新しく(クリスチャンとして)生まれた者達は、すでに、その世代を知らない。

 私が知っている武骨な“空気”や“感覚”を、「そうそう」「それが普通だった」とうなずいてくれるのは、今や70代以上が主となってしまった…ような感がある。昔が(凡て)良い、と言う意味ではない。それらの積み重ねの上に、今がある、ということを知らない人々が多くなったということだ。

 たった10年かそこらで、ここまで遠くに感じるならば、イスラエルが荒野で40年さすらったのち、「主がイスラエルのためにされたわざも知らない」(士師記2:10)世代が起こったことも、全く不思議ではないように感じる。


 故に、野に咲く花が忘れ去られるように人が彼方に忘れられたとしても、

彼らから受け継いだ良きものは受け継がれるように、と願う。



 同時に、まだ地上にいる彼らの世代には、-天国の方がどんなにかマシだ!ということは重々承知しておりますが-まだまだがんばっていただきたいと思う所存。

 とりあえず、皆様、「キャベツの結婚式」があるその日までは、お元気でお過ごしください。

 -Please take care until then.



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

この記事をはてなブックマークに追加

日比谷図書館

2017-01-28 09:03:33 | ところ変われば


昨日、初めて、そこにあることを知った日比谷図書館。

今後、お世話になりそうです。

この記事をはてなブックマークに追加

病理は地味だが役に立つ

2017-01-28 06:58:49 | Tuesday 医療ニュース
【メモ(1/6分・・・まだ1月6日分)】

琉大腫瘍病理 恋ダンス

(↑ リンク先をご覧あれ。)

琉球大学大学院医学研究科 腫瘍病理学講座(2017年1月5日)からのお年玉だそうです。



 (こんな遊び心があるとは、雰囲気良さそうですね)



「逃げるは恥だが役に立つ」
 海野つなみ作、主人公二人の“契約結婚”を軸に、様々な男女間の社会問題を織り交ぜたラブコメディ漫画。2016年末、このドラマに出てくる「恋ダンス」が一世を風靡した。
タイトルの「逃げるは恥だが役に立つ」は、ハンガリーのことわざ「Szégyen a futás, de hasznos.」の和訳で「恥ずかしい逃げ方だったとしても生き抜くことが大切」の意。


「恋ダンス」は、2016年末、米国大使館スタッフまでも踊っていることで、トルコでは「そんなことをしたら(=顔出ししたら)、トルコでは危険なのに…日本はなんて平和なんだ・・・!」というニュースになった程ブレイクしたという。
  ちなみに、キャベツは踊れない。

この記事をはてなブックマークに追加

百人一首を五文字で言うと

2017-01-28 06:56:52 | Monday ゆかいな言葉たち
 ある人が、こんなまとめをしてくれていた。(やっと、1月2日メモです)

「百人一首を5文字で要約」



1.秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ わが衣手は 露にぬれつつ (天智天皇)

    = 露の漏る庵


2.春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣干すてふ 天の香具山(持統天皇)

    = 洗濯日和だ

3.あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし夜を 独りかも寝む(柿本人麻呂)


    = 孤独な夜長


4.田子の浦に うち出でて見れば 白妙の 富士の高嶺に 雪は降りつつ(山部赤人)


    = 遥か銀世界


5.奥山に 紅葉踏み分け 鳴く鹿の 声聞く時ぞ 秋は悲しき(猿丸大夫)


    = ああ秋だな


6.鵲の 渡せる橋に 置く霜の 白きを見れば 夜ぞ更けにける(中納言家持)


    = 夜は寒いな


7.天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも(阿部仲麻呂)


    = 故郷の月だ


8.わが庵は 都の辰巳 しかぞすむ 世をうぢ山と 人はいふなり(喜撰法師)


    = 住めば都よ


9.花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに(小野小町)


    = 短い花の命


10.これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関(蝉丸)


    = 旅はいいな


11.わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと 人には告げよ 海人の釣り舟(参議篁)


    = 旅に出ます



…というあたりで、キャベツも北へ。(月一回となるやも)

この記事をはてなブックマークに追加

関係を発見するということ

2017-01-20 06:29:39 | Wednesday 芸術・スポーツ
そう、まさに発見だ。発明じゃない。

自分が生まれるずっと以前から、誰にも気づかれずそこに存在している定理を、掘り起こすんだ。

神の手帳にだけ記されている真理を、一行ずつ、書き写してゆくようなものだ。

その手帳がどこにあって、いつ開かれているのか、誰にも分からない。



(小川洋子著「博士の愛した数式」、新潮文庫、P.68)

この記事をはてなブックマークに追加

真実に到達するのは大事だが、証明が美しくなければ台無しだ

2017-01-20 06:22:35 | Wednesday 芸術・スポーツ
本当に正しい証明は、一分の隙(すき)もない完全な強固さとしなやかさが、

矛盾せず調和しているものなのだ。

たとえ間違ってはいなくても、

うるさくて汚くて癇(かん)に障(さわ)る証明はいくらでもある。



(小川洋子著「博士の愛した数式」、新潮文庫、P.27)

この記事をはてなブックマークに追加