さすらうキャベツの見聞記

Dear my friends, I'm fine. How are you today?

アンパンマン と アイデンティティ

2016-12-08 22:23:33 | Monday ゆかいな言葉たち

「アイデンティティを否定されたアンパンマンを見かけたので、

『何のために生まれて何をして生きるのか…』と衝動買いしてしまった。」


 という話を聞き、久しぶりに、アンパンマン・マーチを聴いた。

 よろしければ、どうぞ。

(ちなみに、22sec経った頃、上の歌詞が出てきます)

  ↓

アンパンマンのマーチ / ドリーミング(ピアノ演奏・midi伴奏&歌詞)


(追記)

この記事をはてなブックマークに追加

アンパンマン と アイデンティティ p.s

2016-12-08 22:12:26 | Monday ゆかいな言葉たち
(こちらへの追記)

 ちなみに、そもそも、その存在を否定されているにも関わらず、

それが「アンパンマンだ!」とわかるということ自体が、

「アンパンマンをアンパンマンたらしめるものは何ぞや?」と。



・・・ふと、想ってしまった夜。

この記事をはてなブックマークに追加

演武

2016-12-07 21:43:25 | Sunday 集会・生活





きれいな「演武」を みた。









「努力」を垣間見たような、

居合の演武とは また趣きの異なった、

それ。

実戦の血なまぐさとも また異なる、

だからこそ、模範的な

それ。



それは それとして よい。

この記事をはてなブックマークに追加

秋過ぎぬまま 冬来たるらし 白たえの…

2016-11-24 07:37:05 | Thursday 生活
(今朝の立川、東京)


 公園の 「紅葉まつり」なる看板の 上に降りしきる 濡れぼたん。







 11月の初雪は54年ぶり、という東京の朝。

この記事をはてなブックマークに追加

ルカ4:18-19

2016-11-08 05:59:10 | Sunday 写真&みことば

(北オランダ地方のアナパウローナという町の、チューリップ畑とのこと)



『わたしの上に主(しゅ)の御霊(みたま)がおられる。

“The Spirit of the Lord is upon Me,


 主が、貧しい人々に福音を伝えるようにと、
 私に油を注がれたのだから。

Because He has anointed Me
To preach the gospel to the poor;


主はわたしを遣わされた。            He has sent Me to heal the brokenhearted,

捕らわれ人には赦免(しゃめん)を、      To proclaim liberty to the captives

盲人には目の開かれることを告げるために。   And recovery of sight to the blind,

しいたげられている人々を自由にし、      To set at liberty those who are oppressed;

主の恵みの年を告げ知らせるために。』   To proclaim the acceptable year of the Lord.”


(新約聖書 ルカの福音書 4章18-19節)          (Luke 4:18-19)





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

この記事をはてなブックマークに追加

仕事と休暇の間で

2016-11-04 06:51:12 | Thursday 生活

 誰ですか、こんなのを作ったのは。


(休み明けの職場に来て、自分のデスクを見たときに
 思い出しそうではありませんか-いや、これ、思うことですケド)



 だが、休むことも 大事なんですよねネ。


この記事をはてなブックマークに追加

寒い日の 笑顔とたい焼き

2016-10-30 22:27:14 | Sunday 集会・生活
(写真はネットから。同じエリアの他のお店 ― こちらはさらに有名― のもの



 今日は、寒かった。
 黄色いダウンジャケットを羽織るほど、寒かった。


 集会からの帰り、鯛焼きが食べたくなったが、がまんがまん…と思っていたところ、

先に帰っていたはずの、かなり高齢の やもめの姉妹(=クリスチャン)が、「これ食べて♪」と、

鯛焼きを3匹もくれた。

 ほっかほかの、あんこがたっぷりつまった鯛焼き。




 「行列に並んでまで買ったの。だから食べて」と笑顔で。




       


この記事をはてなブックマークに追加

敬称 および 福沢諭吉

2016-10-28 05:28:17 | 日々の雑感
 敬称、の使い方というのは難しい。

 そもそも、キリスト者として「神の前に、みな平等」という意識があるが、社会生活を営む上で、
敬称を使わないことはない。

 手紙でも、会社宛ならば、「~~御中」
      人宛ならば、「~様」

 クリスチャンの兄弟姉妹相手ならば、「~~兄様」「~~姉(ないし姉妹)様」
(欧米の兄弟姉妹との間では、first nameのみ。)

 学校ならば、「~~先生」、「~~教授」と言い、

 仕事でも「~~主任」、「~~師長」等々。


 ・・・かと思えば、歴史的に有名な人の言葉に言及するときは、逆に氏名のみとなったりする。

 例.「福沢諭吉氏は・・・」、というのはあまり聞かない。

   「福沢諭吉は、こう言った」となる。


「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」と言えり。

されば天より人を生ずるには、万人は万人みな同じ位にして、

生まれながら貴賤上下の差別なく、

万物の霊たる身と心との働きをもって天地の間にあるよろずの物を資り、

もって衣食住の用を達し、自由自在、互いに人の妨げをなさずして

おのおの安楽にこの世を渡らしめ給うの趣意なり。

 されども今、広くこの人間世界を見渡すに、

かしこき人あり、おろかなる人あり、

貧しきもあり、富めるもあり、

貴人もあり、下人もありて、

その有様雲と泥との相違あるに似たるはなんぞや。

その次第はなはだ明らかなり。

『実語教』に、「人学ばざれば智なし、智なき者は愚人なり」とあり。

されば賢人と愚人との別は学ぶと学ばざるとによりてできるものなり。・・・」

(「学問のすすめ」)

この記事をはてなブックマークに追加

三笠宮殿下

2016-10-28 04:51:37 | Friday -news-
100歳、平和願い…三笠宮さまがご逝去

(読売新聞)昭和天皇の末の弟宮で天皇陛下の叔父にあたる三笠宮崇仁(みかさのみや・たかひと)親王殿下は、27日午前8時34分、心不全のため、東京都中央区の聖路加国際病院で逝去された。

 宮内庁によると、本葬にあたる 斂葬 の儀は11月4日、文京区大塚の 豊島岡 墓地で営まれる。明治以降の皇族では最高齢の100歳だった三笠宮さまは平和と自由を重んじ、大正、昭和、平成と生き抜かれた。・・・(中略) ・・・

 三笠宮さまは1915年(大正4年)12月2日、大正天皇と貞明皇后の第4皇子として誕生された。幼時の称号は 澄宮 。10〜20代は戦争の時代で、32年(昭和7年)に学習院中等科4年を修了後、陸軍士官学校、陸軍大学校に学び、大戦中は陸軍参謀などを務めた。

 中国に派遣された経験から、戦後は先の大戦の反省に立ち、世の中を見つめ直すとの思いで中東などオリエント学者の道に進まれた。 平和や自由を重んじる姿勢は一貫し、戦中に陸軍の在り方を批判された三笠宮さまの文書の存在が戦後半世紀近くたってから広く知られるようになった。・・・(以下略)・・・




 オリエント史を研究していたこの方の名は、知っていた。

『歴史学者としてオリエント史を研究している三笠宮殿下が、なぜ歴史を学ぶようになったかについて
次のように述べています。

「私は戦時中に敵を知ろうと、キリスト教を調べ聖書にぶつかった。

初めは文明を誇る白人がなぜこんなものを信じるのかと笑ったが、

聖書が歴史的事実と知った
とき、

聖書から離れられなくなった。・・・』

(滝川晃一著「暗やみから光へ」,P.10)



  自分が大事だと感じている分野に、関心を寄せられると、親近感を覚えるものですね。

  今は安らかでありますよう、お祈りいたします。

この記事をはてなブックマークに追加

その発想はなかった

2016-10-24 22:43:57 | Monday ゆかいな言葉たち
「一夜漬け」

試験勉強を一晩で済ませること


「あさ漬け」

試験勉強を当日の朝に済ませること


「ぬか漬け」

ある程度の期間を設け、こまめに手入れしながら勉強すること


「お茶漬け」

お茶のカフェインを摂取して目を覚ましながら勉強すること


「福神漬け」

勉強せずに神頼みすること


この記事をはてなブックマークに追加