さすらうキャベツの見聞記

Dear my friends, I'm fine. How are you today?

2017といふ年(とし)

2017-01-16 20:52:08 | Monday ゆかいな言葉たち
(ネットからの拾い物です)



ある人が言いました。

「2017は 3つの素数の3乗の和です(7の3乗+7の3乗+11の3乗=2017)

3つの素数の3乗の和となる数の中で、2017小さい方から数えて30番目で、

因みに29番目1799(=5の3乗+7の3乗+11の3乗)

31番目2213(2の3乗+2の3乗+13の3乗)です。



従って、19世紀から22世紀までの400年間の中で、

3つの素数の3乗の和となる年

今年だけ なのです。」


 7の3乗=343、11の3乗=1331、確かに、2017はそういう数ですね。

 3つの素数の3乗の和となる数の中で、本当に30番目なのかどうか・・・といったことは、
まだ検証していないけれど、

 これに気付いた人は、284と220という友愛数を見つけたときのように、興奮したんじゃなかろうか、と思ふ。


この記事をはてなブックマークに追加

寒中見舞い、これから書きます

2017-01-10 11:47:30 | メッセージボード
(東京の街並み 2016)


 あっという間に、新年となりました。
 皆さま、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 ここ数日、「年賀状、来ていないよ?」と言われることが数件あったため、この場をお借りして言い訳させていただきますと、まだどなたにも書いておりませんのでご容赦ください。




 昨年は、怒涛の一年でした。

 1月は、新しい職場へのお知らせがあり、

 2月末は、西へ西へと友人の顔を見に、浜松から始まり、豊橋、豊川付近&国府、大津、京都、大阪、岡山、小倉まで行き、久々に ― 人によっては10年ぶりに― 様子を伺い知ることができ、

 4月は、1か月「研修」という名の軍隊生活が続き、

 その最中、よりにもよって13日の私の誕生日に、父方の祖父(彼女できたか発言)が急遽心停止(既往歴:DM・HD中・両下肢切断しているという全身状態不良の者が、心停止10数分・AEDを4回行い、その後病院にて家族への説明中また心停止し、心臓マッサージをするという状況)

 夕方ようやく外との連絡可能となったときにそれを知り、無理を通させて頂き、そのまま夜行バスで帰省したところ、

 その二日後に、意識もなかった祖父が、「よぉ? 何やってんだ?」とあいさつするという、私たちを含め関わった医療従事者全員が脱力、かつ、ありえない、と心の底から大声で叫ぶような奇跡の生還があり

 そして6月、静かに逝きました。

 母方の祖父同様、その日まで元気に過ごし、そして、他界しました。




 昨年はまた、昔なじみの方々で亡くなる方が多かった一年でした。



 また、8月には、アパートの取り壊しを告げるお知らせが、ひらりと入っており、

 この年末、引越した次第です。

 前よりも古いですが、さらに住み心地良いところとなりましたので、お近くに来られた時はどうぞ

(最寄り駅は変わりません)



 最近は、ばたばたばたと土日も通じて休みなく動き、

 集会の姉妹方には、「ごはん食べていないんじゃないか?」と心配され、レトルトの雑炊やら味噌汁やらプレゼントされた程ですが、

 ここ数日お会いになった方々はお分かりの通り、ふっくら真ん丸としておりますので、

 ご安心ください。



 昨年一年間、大小さまざまあり、自分の不器用さや未熟さも感じつつも、

それ以上に、神様の恵みと守りを感じる(=非常にラッキーな/運が良いと感じる)一年でした。





 ・・・というわけで、これから、寒中見舞い 兼 引越通知をしたためますので、

もう少々、気長にお待ちいただければ幸いです。

 ちなみに、私が、東京都新宿区に居たのは、もう3年前までですので、まだ「新宿区」という住所になっている方、今年も新宿区の住所宛てで出された方は、特に、更新をよろしくお願いいたします。


この記事をはてなブックマークに追加

【冗句】本当のことを言っても理解されない一方、なぜ作りごとで人が感動するのか

2017-01-06 06:26:34 | Sunday 聖書
<ジョーク>

牧師が俳優に尋ねた。


牧:我々は本当に必要なことを説いてもなかなか理解されないのに、

  あなたがたは舞台上の作り事で人々を感動させることができるのはなぜだろうか?


俳:私達は作り事を本当のことのように語りますが、

  聖職者のみなさんは本当の事を作り事のように語るからですよ。


この記事をはてなブックマークに追加

John 3:16

2017-01-04 22:14:04 | Sunday 聖書
あるホテルにあった ギデオン協会の聖書から)

 各国語による、ヨハネの福音書3章16節。


(↑click here)




『神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、

 世を愛された。

 それは御子を信じる者がひとりとして

 滅びることなく、

 永遠のいのちを持つためである。』


(新約聖書・ヨハネ3:16)




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

この記事をはてなブックマークに追加

死か、いのちか

2017-01-03 14:24:02 | Sunday 聖書
(マグリット「光の帝国1954年」)


 For the wages of sin is death,

 but the gift of God is eternal life in Chirst

 Jesus our Lord.


(Romans 6:23, NKJV)


 罪(つみ)から来る報酬(ほうしゅう)は (し)です。

 しかし、神(かみ)の下さる賜物(たまもの)は、私たちの主(しゅ)キリスト・イエスにある

 永遠(えいえん)のいのち
です。 

(新約聖書・ローマ6:23)






 -終わりのない苦しみを受け取るか、安らぎを頂くか。

 私は、あなたは後者であってほしい。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

この記事をはてなブックマークに追加

モーセとともにいたように、あなたとともに

2017-01-01 18:49:47 | Sunday 写真&みことば
(モーセはその昔、海を割った。イスラエル民族はこのとき、
後ろには追い迫るエジプト軍、前には海が広がっている、そんな絶体絶命だった。




わたしは、モーセとともにいたように、  As I was with Moses,

あなたとともにいよう。          so I will be with you;



わたしはあなたを見放さず、          I will not leave you

あなたを見捨てない。           nor forsake you.


(旧約聖書・ヨシュア記1:5)      (Joshua 1:5)




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

この記事をはてなブックマークに追加

2016年末

2016-12-31 18:25:08 | Thursday 生活
 先週は、「世間って、休みらしいよ!?」が合い言葉だった。

 キャベツの周囲は、朝から晩まで缶詰だった。正直、皆、くたくた。講師陣が気の毒がる程、詰め込まれていた。

 が、全国津々浦々から、こんな時期に皆さん集まっているんだし…と、

 この日は数分早く終わったら、(帝○ホテルやニューオータ○には間に合わないが)ハイアッ○のロビーコンサートには連れていけるなぁ…と思っていたら、

 なぜか数分早く始まり、

 なぜか「あれ?15分も早く終わったぞ!?」と講師が言い、

 いつもなら、時間外まで質問している方々(私もその一人)も定時数分前に終え、

 終わった瞬間、ダッシュでエレベーターに乗る人続出する中、事務員の方が、私たちが乗るのを待ってくれていた。

 皆をお誘いすることはできなかったが、数人が、ほんのひととき、缶詰から解放された。


(このシーズン、都内のあちらこちらで無料のコンサートが行われている。)


(西新宿の夜、“LOVE”のある付近のイルミネーション)



(こちらのほうが、「君の名は。」を知る人にはいいだろうか。)


***************

 昨年に引き続き、今年も流れに流される一年でしたが、ありがとうございました。

 来年は、もうちょっとパワーアップします。

この記事をはてなブックマークに追加

世間は休み

2016-12-23 00:48:34 | Thursday 生活
家族からのお知らせで、今日から世間はお休み(三連休)なのだと 知りました。

あっという間に、今年も終わりを迎えそうですが、どうぞ、良い日々となりますように。




この記事をはてなブックマークに追加

ぎっくり背中

2016-12-16 18:17:33 | Thursday 生活
本日、ぎっくり腰ならぬ「ぎっくり背中」といふものを知りました。

(重いものを持ったときに「うっっ!!」と来るのは、腰だけではないようです。)






冷やすべきか、温めるべきか…(それが問題だ)。







炎症ならば先ずはアイシング(冷)だが、今回は、筋肉の緊張か疲労と考え、ホッカイロで保温し、しばし安静を保つこと数時間、ようやく寝返りや深呼吸で痛むことはなくなりました。

引越にご協力くださった友人、および、これから来てくださる方々、ありがとうございました m(_ _)m

この記事をはてなブックマークに追加

地震が起きたら

2016-12-12 23:08:25 | Thursday 生活

 もし、大地震が起きたら、何が必要だっけ・・・?


 総務省消防庁によると、最低限、



 印かん、現金、救急箱、貯金通帳、懐中電灯、ライター、缶切り、ロウソク、ナイフ、衣類、手袋、ほ乳びん、インスタントラーメン、毛布、ラジオ、食品、ヘルメット、防災ずきん、電池、水・・・とあるが、見つける方が難しいものもあるような。

 とりあえず、

・現金
・保険証や通帳のコピー
・住所録のコピー
・薬(鎮痛剤、胃薬等)
・ティッシュ
・ウェットティッシュ
・トイレットペーパー
・下着、靴下の替え 1-2回分
・タオル      3~4枚
・ホッカイロ
・ラップ
・水        500ml×○本
・飴玉
・カロリーメイトなどの食料
・ミニライト
・マジックペン、ボールペン
・メモ用紙
・メガネ
・マスク
・ディスポ手袋        3組
・ゴミ袋用の買い物袋   4-5枚
・新聞紙
・生理用品(←女性でなくとも馬鹿にできない。抵抗感はあるだろうが、男性でも必要な人もいる)
・mini聖書

は再度 確認・用意しようと思う。

 ・・・次の住まいに移ってから、ですが。

この記事をはてなブックマークに追加