伊賀・水と緑の会 http://blog.goo.ne.jp/mtomiga?

川上ダムの予定地には特別天然記念物のオオサンショウウオが約1、369個体確認されています。この素晴らしい水と緑を残そう。

嶋津先生講演会(2017、05、27)スライドー17~20/40

2017-06-19 11:01:52 | 日記

              山下典子市議の左隣が西柘植の奥澤氏(元伊賀市議) 。その左隣に百上まな市議がおられます。

 

 

山に植林した木が放置されている状況が伊賀市にもあって、昔に比べて川の水が減って来ていると危惧してます。

山の再生に財政がもっと目を向けて、里山を生き返らせて欲しい。

山がこのまま放置されては、他にも影響が出ます。 

雨量が増すと山の地崩れを起こしている事例が、伊賀のあちこちにあって道が通れなくなったりしているのです。

ここまででちょうど半分です。

 

 

私達は、パタゴニア日本支社から助成を受けて活動を行っています。 

 

   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ にほんブログ村  

 

  にほんブログ村  

 

  にほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 嶋津先生講演会(2017、... | トップ | 嶋津先生講演会(2017、... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
タイトル-それでもゆめが丘浄水場からの水道水が飲みたいですか? (U,S(静岡))
2017-06-21 20:31:04
川上ダム建設によって、ダム水源を利用した伊賀市水道の水源転換計画であります、ゆめが丘浄水場からの供給の問題の1つとして、トリハロメタンなどの有害物質の増加があげられます。
トリハロメタンとは、メタンを構成する4つの水素元素のうち3つがハロゲンに置換した化合物のことで、発ガン性や催奇形性、肝障害、腎障害を引き起こします。しかも、浄水場などで塩素消毒を行った時に水中に有機物が混ざっていると発生しやすくなります。
川上ダム湖もそうですが、ダム湖は富栄養化しやすいので、そのために水中の有機物濃度が高くなってトリハロメタンの濃度が上昇するでしょう。
今の伊賀市の水源は塩素消毒を少量で済ませることが出来ます。ということはトリハロメタンなどの有害物質の心配は少ないのです。伊賀市民の皆様、それでもゆめが丘浄水場から供給される水道水が飲みたいですか?
USさんへ (ブログ子)
2017-06-22 08:06:14
投稿ありがとうございます。トリハロメタンのことでは、地方の自治体水道の方が危険度を増しているのではないかと危惧してます。
「忽ち影響はありません」が、じわじわ影響が出るのは確かでしょうね。
伊賀し水道計画に対して「命の水だから、これではダメだ」と声が揚がってています。
所が、水道部はこの市民の声が聞こえないようです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む