伊賀・水と緑の会 http://blog.goo.ne.jp/mtomiga?

川上ダムの予定地には特別天然記念物のオオサンショウウオが約1、369個体確認されています。この素晴らしい水と緑を残そう。

118名が伊賀市水道事業計画(案)へのパブコメ提出。

2016-12-13 14:31:45 | 日記

「朝古の水を飲み続けたいと一言だけど書いて出しましたよ」と、行きつけのお店のオーナーが言ってました。

 

いままでパブコメなど書いた事がなかった人々が、一生懸命書いたと思います。

 

100人越えました。

 

人口9万4千人の伊賀市で、ここまで関心寄せてきたパブコメってあったでしょうか?

 

水道部があまりにご無体な計画案を示して来るものですから、ここまでもりあがったのです。

 

内容分析は20日になればわかるでしょうが、計画案に反対の意見が多いのではないでしょうか?

 

中には伊賀市以外にお住まいの方も、出してくださったようでした。

 

 

ーーーーーーーあれからもいろいろな声が上がっています。

 

2008年の策定委員会は、伊賀市の命の水道事業について5回でシャンシャンと終わった様だ、真剣に討議したといえるのか。

 

いつのまにゆめが丘浄水場の水を飲まされていたなんて、市街ならいざ知らず郡部までとは馬鹿にした話だ。

 

地区役員は水源廃止の文書通達を受け取っているそうだ、住民に知らせないとはどういうことだ。

 

ダム下流の水道水を子どもに飲ませたくありませんねえ。

 

先人たちがせっかく造った深山の水道を、廃止するなんてもってのほか。

 

川上ダム利水撤退は伊賀市の財政上有利だと思うが、水道部はなぜ決断できないの?

 

川上ダム推進議連が、この期に及んでいかにもおとなしいのは何故?

 

川崎二郎代議士は自民党の水道事業促進議員連盟の会長だから、まだまだ伊賀市に圧力掛けてくるのではないか

 

パブコメ100通越えたり、地域説明会でも反対の意見がたくさん出るようなおそまつな水道事業策定を手伝ったコンサルタント会社へ、

なぜに2千万円も支払うの?

 

防災上から水源の一元化は危ないと言えば予備水源で複数存続させるというが、川上ダムにも支払いし予備水源にも金が掛かる。

川上ダムから利水撤退したら良いではないか。 人口が減ってだんだん給水量は減ってきておるんやで、ちょうど良くなるし。

 

水を使う工場誘致を夢見て計画建てるのが中日本建設コンサルタント会社のやり方よ、前例があるんだから。 水道部は騙されとるわ。

 

ゆめが丘浄水場の水が来るようになって 不味くなったんやで。嫌やわあ。   などなど、

 

伊賀市民は、お水に誇りを持って住んでおられると言うことが、わかりました。

 

そういえば、伊賀の美味しい食べ物は地下水を使って作られていました。

  

 

 

次なる水道事業策定委員会の7回目は、

12月20日午後1時半から。大山田農村環境改善センター。(傍聴定員が2倍の20席になりました)

計画では5回で終了の予定でしたが、7回目です。

 

現在山林のままの所へ3年以内で工場が建ち、水道供給が始まると言い張る水道部。

百上議員の一般質問で請求された工場用水の受給なしの場合の財政計画、策定委員会で出て来ると思われます。

 

水道部はこれで終わりたいと考えて居るはずです。 どんな締めくくりになるでしょう。

 

是非、関心有る方の傍聴をお願いします。 (場所は大山田支所の隣)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

私達は、パタゴニア日本支社から助成を受けて活動を行っています。 

 

 にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ にほんブログ村  

 にほんブログ村  

 にほんブログ村

 

 

 






 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「利水参画者(※伊賀市)との... | トップ | 一日最大給水量の過大な予想... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む