蓮華大沢右俣

5/22(土)今回は、今まで行きたいと思っていてなかなかいけなかった
蓮華岳大沢右俣へ行ってきました。

移動中にブレーキトラブルに見舞われましたが、早朝になんとか扇沢へ到着。
さすがにこの時期駐車場ではスキーの車がいっぱいです。
時期も遅いため、出発してしばらくは林道歩きで1530mの沢を渡るところからようやく
雪の上となる。 
坪足で堰堤をいくつか越え、大沢小屋の横でスキー板に履き替えた。
ここから、蓮華大沢右俣直登という方法もあるが、見てみると少し狭い沢でもあり
落石を恐れて、針ノ木峠へ向かうことに。 先行のスキー組は皆マヤクボ沢へ向かい
僕らだけが針ノ木峠へ向かった。

峠の小屋は大方露出していて、一人の方が小屋脇でテント泊をしていた。
小屋のすぐ横からは夏道が露出していたが、すぐに雪付きの急な斜面が
少しの間続いて、ブーツで雪を切りながら慎重に登る。
少し登るとまた夏道が現れ、ここからは雪の上と夏道を歩きながら
蓮華岳を目指した。 峠までは案外早くついたので、稜線を歩いていると
思いの外蓮華の頂上は遠くに思えた。

晴れていれば気持ちよい稜線歩きだろうが、今日は少し曇天で残念なところだ。
山頂付近に目をやると一人の人が見えた。近い付いて少し話すと朝早くから
右俣を直登して一本別のところをすでに滑ってきたという。

僕らは未知の沢なので今日はこの一本で十分だ。
山頂のすぐ下でのんびりと食事していると、目の前を一羽の鳥が横切って行った。
白黒ツートンのパトカーの様な模様の雷鳥さんだ。
確か夏はまだら模様なのだがツートンからまだらにどのように変わるのだろうか?
不思議だなあ・・。

食事を終えてさて降りましょう。
最初から急な斜面(30度+位か)が下までスッと落ちていますが、
滑り出してみるとちょうどいい粗目でグッドです。
気持ちよくターンを繰り返してしばらく降りるとさらに急な斜面が
現れます(35度位か?)が、雪質が良いので慎重に下れば全然大丈夫です。

下で現れるのどをすぎると少し石が目立ってきて雪質も重くなってきましたが
最後まで適度な緊張感が続く楽しいコースでした。

いよいよスキーもフィナーレ間近。最後はどこになるのかなあ・・。


5:30 扇沢駐車場出発
6:25 大沢小屋横スキー装着
8:10 マヤクボ沢出合
9:10 針ノ木峠
10:15 蓮華岳(昼食)11:50
12:35 針ノ木雪渓出合
13:05 扇沢駐車場到着
-----------
登り:4h45m  
下り:1h15m
-----------

山頂は雪が消えていました。






稜線直下でのんびりとお食事


稜線から下までスッと沢全体が見えている


上部から急な斜面が続くが、粗目なら大丈夫


のどの少し上が最急部か。


蓮華大沢:右俣と左俣
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 白馬鑓ヶ岳 猫又山(猫又谷) »
 
コメント
 
 
 
まさかの3度目 (ひろろとろろ)
2010-05-23 15:48:23
昨日、僕は針ノ木岳に行ってきました。5時10分頃、扇沢駅の駐車場でちゃたろうさんの奥さんらしき人と目が合い、お互い頭を下げました。でも、まさか偶然が3回もと思い、そのまま通り過ぎてしまいました。やはりちゃたろうさんたちだったのですね。
大沢右俣はザラメで快適だったようですね。マヤクボ沢もザラメで楽しかったです。
今シーズンはいよいよ滑り納めが近いですね。来シーズンも偶然が重なることを楽しみにしています。
 
 
 
RE:まさかの3度 (ちゃたろう)
2010-05-23 18:26:30
ひろろさんこんにちは。
家に帰ってきてからひろろさんも
針ノ木と知りましたが、
まっちゃんに聞いても、誰かに頭を下げたとは
聞きましたがまさかひろろさんとは気がつきませんでした。

車もいつもの青ジムニでは無く乗用車だったので
確定できなかったと思います。

マヤクボすごい人でしたね。
僕らと同じ時刻に出かけた人たちが続々と
マヤクボに登って行かれてました。
おかげさまで蓮華は静かな山頂でした。

こちらは初めての右俣でしたが、なかなか楽しかったです。

それではまた次回を楽しみにしております。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。