人形山・奥大勘場より


東側稜線よりみる人形山東面


美濃の山もそろそろ雪が少なくなってきたので雪の残る山へ行こうと
今シーズン初の前夜発だ。
目指すは人形山。
以前大滝山に行ったときに稜線から連なる先に見えたこの山に一度は
いってみたいと思っていた。
しかし北の猪谷集落から宮屋敷を越えるコースはかなり長そうだ。

調べてみると東側の奥大勘場という集落から林道をアプローチし
尾根経由で登ることができそうである。

道の駅で車中泊した後早朝、奥大勘場へ移動。ここで林道の除雪も終了している。
暗い中準備をしていると一台の車がやってきた。聞いてみるとこの方はここから
水無に登るという。水無とはどこか?よくわからんので帰って調べてみよう。

5時を回っていざ出発。出発してすぐに川の渡渉があるが、コンクリートの
床版の上なので5cmほどだ。そこから先は林道を40分ほどあるく。
830m付近から尾根に適当に取り付くが、結構急な尾根である。アイゼンつぼ足で
ガシガシと登ってゆく。 このあたりはすでにブナ林の疎林となっていて、
帰りのすべりも気持ちよさそうなところだ。 尾根沿いに登ると1138mに到着。
ここで正面に三ヶ辻山がでーんとみえる。 ここからは尾根は緩やかになり
気持ちのよい尾根を進んでゆく。特に1250m付近の尾根はきれいだ。
展望のよいこの尾根を気持ちよく登ってゆき、1530mの稜線に上り詰めると
今度は一気に周りの展望が広がってくる。 ここから1601mピークまでは
アップ&ダウンを繰り返しながら徐々に人形山を目指してゆく。
それにしても、人形山東面は山の名前とは違ってアルペンチックでなかなか迫力ある雰囲気の山である1601mを越えると一旦コルに下がって最後の斜面を上り詰めると
三ヶ辻山と人形山との分岐の稜線に出た。
ここからは最後のプロムナード、人形山を目指してのんびりと行きたいところだが、今日は快晴なのだが強風なのである。少し暖かい南風であるが、粉雪が舞う中難儀しながら
山頂に到着。 

山頂の看板と方位表示板は頭だけ出ていて、積雪1mってところだろうか?
風をよける適当な影も無いので少し雪ブロックを作りながら昼食。
それにしてもこの山頂は360度の展望ですばらしい。
あまり今まで来たことの無い飛騨・飛越の山並みはきれいだがどれがどの山だか
よくわからない。けどどれも真っ白で登ってみたくなるような山ばかりだ。
昼食を終え出発準備をしていると一人の方が登ってきた。

聞いてみると大滝山から来て、宮屋敷を回って降りるという。
いや~すごい人もいるものです。おまけに僕らのご近所、三重県の方でした。

山頂でゆっくりした後いざ帰りましょう。 帰りは例のアップダウンが続く1530mまではなかなか難儀ですが、私のウロコ板なら快適快適。一方フリトレのまっちゃんは
なかなか難儀していました。
1530m稜線から下は例の美しい疎林の尾根、いささか雪は重くなってきましたが
気持ちよいツリーランを楽しみながら林道まで降りてきました。

念願の人形山にいけて満足な一日となりました。

5:20 奥大勘場駐車地発
6:00 尾根取り付き
7:05 1138m
8:15 1530m稜線
8:55 宮屋敷分岐
9:15 1601m
10:05 人形山(昼食)11:40
12:25 宮屋敷分岐
12:55 1530m稜線
13:10 1138m
13:30 林道
14:05 駐車地帰着
<script type="text/javascript" encoding="UTF-8" src="http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/paste?id=259de7b3000df7b3b4b6e16d075b7598&width=320&height=480"></script>
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 芦倉山~天狗... 御岳・尺ナンゾ谷 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。