GWの越後駒ヶ岳

飯豊の沢を2撃した後、新潟駅前で体を癒して5月4日に越後駒を目指しました。

越後駒は10年位前に2度ほどスキーで訪れたことがありますがその際には
駒の湯温泉から往復下のですが、雪が少なかった記憶があります。
そこで今回は、奥只見の銀山平から道行山を経由して目指すことにしました。

柳沢から道行山の間の尾根は途中雪が切れていて板を担ぐ羽目になり、行き帰り共に
少し難儀しましたが、その他は特に問題なく板で登り詰めました。

久しぶりに訪れた駒の小屋から山頂の広大斜面を懐かしく思いながら山頂へたどり着くと
目の前に八海山やその他の山が広がり、GW終盤の静かな山を堪能することができました。


【5月4日:越後駒ヶ岳】
3:55 石抱橋(780mh)発
5:25 柳沢取付点
6:20 1064m
7:20 道行山
8:10 小倉山トラバース点
9:10 百草ノ池
10:30駒の小屋
10:45越後駒ヶ岳2002m(昼食)12:10
12:25百草ノ池
12:45小倉山トラバース点
13:25道行山
14:50柳沢取付点
16:00石抱橋(780mh)帰着

(登り:6h50m、下り;3h50m、単純標高差1220m)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 石転び沢と門内沢 大学山岳サー... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。