芦倉山~天狗山ワンデイ

快晴の土曜日、今回は美濃詣でとした。
以前一度行った芦倉山と、天狗山をつなごうという
まっちゃんの計画である。

石徹白に早朝到着して保川の橋のたもとに駐車する。
ここから保川沿いの林道を2時間半かけて上ってゆくと
芦倉山の広大な南斜面に到着。

もう春が近づいてきたので、林道の途中で何カ所も
流水で雪が切れていたが、この日は寒い朝だったので
坪足で上ることができたのでラッキーだった。

当初芦倉山から南東にのびる尾根のコルから上るつもりだったが
この南斜面もさほど勾配がなく上れそうだったので、そのまま
稜線めがけて登っていった。

滑ると気持ちよさそうなこの斜面をじわりと登り詰めると、目の前すぐに
頂上があった。 頂上に着くと少しガスにまとわりつかれた野伏や薙刀が
よく見えた。 

この後は、南東尾根の滑降だ。滑り初めてすぐ今日の雪質がグッドなのに
気がついた。 表面に薄く乗った新雪と、少し柔らかい下の雪で
ゲレンデ状態だ。おまけにこの尾根、ブナの疎林の広い尾根でとても気持ちよい。

気持ちよく木々の間をすり抜けて、コルまで到着した。ここからはまたシールをつけて
1590mピークを目指す。
後半の登りはさすがに疲れて、まっちゃんに遅れて1590mに到着。
目指す天狗は・・・見えない。がここまできたら行くしかないっしょ。

思った以上にあるアップダウンを超えて天狗山に着いた。
つい先ほどまで大日からの往復組がいたと見えていくつもの足跡があった。
このあたりから天気が崩れて雪が少し舞い始めた。

天狗の山頂すぐ脇で風をよけて昼食をとる。
昼食を終え1590mに戻り、そこからのびる西尾根へ。

ネット記録もみたことがないのでこの先どんなんかいなと少し気になりながらも
滑ってゆくと、上部は案外によい斜面があった。
ここでもゲレンデ状態滑りを1280m付近までは楽しめた。

ここから下になると、やや雪が切れかけているところが出てきた。
おまけに地形が複雑で難しい。
気がついたら予定の尾根をはずしていて南側に寄っていた。
もうこうなったら林道めがけて降りよう。
雨で落ちた植林の枝に難儀しながらも林道に降りると
車まではすぐだった。

このコースなかなかおもしろいツアーコースです。
もう少し早い時期だったら最初から最後まで快適だったと思います。









6:05 駐車地出発
8:30 南斜面取り付き
9:40 1640m稜線
10:00 芦倉山 10:15
10:45 最低コル
11:30 1590m
12:00 天狗山
12:05 (昼食)13:05
13:25 1590m
14:05 1286m
14:45 林道
15:05 駐車地帰着
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 福井・経ヶ岳 人形山・奥大... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。