風の気まぐれ

風の旅人が綴る平凡かつ気ままな日常

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

袋田の滝(07秋)

2007年11月29日 08時50分46秒 | Travel
この時、あたしが「かの名瀑」と形容したのは、
日本三名瀑の一つ、袋田の滝だ。

別名は四度の滝。
季節それぞれに訪れないとこのよさが分からないという。

あたし自身は、三度目の訪問。
(二度目はこちらをどうぞ)

一度目も秋(初秋)、
二度目は春(初春)、
三度目は秋(晩秋)。

一度目は夏といえなくもない季節。
二度目の春も新緑の季節ではなかった。
三度目の正直は、紅葉の季節を狙った。

今回も、土産物屋の駐車場に車を置かせていただき、
トンネルをめざす。

トンネル通行料は変わらず300円。

通行料を払うだけでも並ぶ。
紅葉の名所に名を連ねるだけあって相当な混雑。


トンネル内では、新観瀑台の建設が進められていた。
完成予定は平成20年。
四度目(冬)はこの頃か。

今の観瀑台よりも、
高い位置でこの滝の全景をみたら、
印象もまた違ってきそうだ。


今回はまず奥の観瀑台へ。



若干水量が少ない気がするけど、
堂々たる佇まいは不変。

前回と違うカメラでも
全景が捉えられない。


続いて、入り口から見て手前から。



前回はここで引き返したけど、
今回はつり橋を渡って奥に進む。


少し歩くと右手に、
滝の横を沿うように続く階段が目に付く。
袋田の滝自然探求路の入り口だ。

覚悟を決めて登りだす。

階段を登る、登る、登る。
すれ違う人も多いけど、引き返す人も多い。

だいぶ疲れて一息入れようとするころに、
ようやくたどり着く。



ここから、袋田の滝の上部を見ることができる。

全く違う趣だ。
登った甲斐を感じる。
この時の写真は、携帯で撮影したもの。
デジカメで撮ると一味違う…ように思う。


あたしはここで引き返さずに、
さらに階段を登っていった。

(続く)
『茨城県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「おすすめの紅葉スポット教... | トップ | 常布の滝 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (carol)
2007-11-30 13:02:31
予定通りに行って来られたんですね♪
私も冬に全面凍結したところを観てみたいです。
でも寒そうで・・・。(^^;

新観瀑台も楽しみね~。
Unknown (風の旅人)
2007-11-30 21:32:48
carolさんの一言が決め手になって、
行くことにしました。

行ってよかったですよ。


全面凍結したらぜひ行きたいんですが、
スタッドレスタイヤではないので、
ちょっと無理があるかも。。。

新観瀑台の方が先になるかもしれません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。