リターンライダーの備忘録的なもの

CB400 Super Bol d'or(2016)に乗ってます。

初めての長距離ツーリング(四国)

2017-05-14 14:05:49 | ツーリング
この度、ゴールデンウィークを利用して、埼玉から徳島までツーリングに行ってきました!
過去に行ったツーリングの中で、往復400~500kmが最も長い距離でしたが、今回はそれを遙かに上回る往復1400km弱!
肉体的疲労がどの程度になるのか不安もありましたが、これも1つの経験として、また次のツーリングにこの経験を生かす為にもチャレンジして参りました。
今回は特に観光地巡りやグルメの旅ではなく、ひたすらCBで走りまくることがメインであります。
実際には、終日高速を約700km弱走りましたが、当然疲れは出ますので観光どころではなかったのが正直なところです。
高速道路を使ったツーリングの場合、1日300km前後の高速走行+100km前後の一般道くらいが、次の日に疲れを残さない、観光もそこそこ楽しめる適当な距離かなぁ~と感じました。

一番心配だったのがクラッチ操作による左手の筋肉痛でしたが、シフトワークを結構楽しんだ割りには特に痛みは出ず、次の日も普通に操作することが出来ました。
お尻の痛み(痔の方じゃないです)も出なかったです。
でも以前ホンダのバイクスクールで教わった「上半身(腕や肩)にチカラを入れないライディング」で走らなかったら、もっと疲労していたかもしれません。
また、その走り方をして一番効果が出たのが、明石海峡大橋でした。
この橋は「二輪転倒注意!」の標識があるくらいなので、強風の時が多い場所とわかります。
私がここを通過した時も恐怖感を感じる凄い強風でした。
飛ばされないように思わずハンドルにしがみつきたくなりますが、そこはニーグリップと腹筋だけでグッと我慢!
あとは少しだけ速度を落とすことで無事クリアすることが出来ました。


Photo:徳島県三好市三野町

それから今回の長距離ツーリングで、CBに気になる症状が発生しました。
4速から6速までのギア(特に5速と6速)が非常に入りづらい、Up、Down共にシフトフィーリングが硬い、ギアとギアの間で必ず引っかかる症状です。
今まで使っていたオイルは、MOTUL H-TECと言う100%化学合成オイルなのですが、前回のオイル交換後、まだ1500kmしか走っていません。
高速走行でいつもより負荷が掛かった為なのか、このような特性のオイルなのかは分かりませんが、意外にフィーリングの悪化が早い気がしました。
なので、今回からホンダ純正オイル「ULTRA G3 10w-30」を使ってみることにしました。
結果、エンジンレスポンスは変化を感じませんが、シフトフィーリングはオイル交換直後から引っかかりも無く、非常に滑らかな感触に戻りましたので良かったです。
暫くこのオイルで様子をみたいと思います。

四国はまとまった休日が無いとなかなかツーリングで訪れることは出来ませんが、次回はのんびり観光地や旨い物巡りしたいですね。

【気になる今回の燃費】
1475km/61.95L 約23.81km/L(90%高速走行にて 内 約30%VTECH作動)

お疲れ様でした…。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1000km走ってみて | トップ |   

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。