MTB*SS WEBLOG

夏はマウンテンバイクとインラインスケート冬はスノースクートとスキーボードときどき関係ない話題とか

荷室の使い方を真面目に考え始めた(その11)

2016-09-19 22:11:13 | トランポ

ちょっと前にキャンプ用のコット(簡易ベッド)も試したけど、シンプル化とは逆行している気が、、、
(コットの寝心地自体は悪くなかった)

みんなこうやって洗練されていくはずだし。
まだその途中ということで、ご勘弁を。

昨シーズンの荷室。
いろいろアイデアを詰め込んだら、ごちゃごちゃに。。。
今シーズンは、車中泊のことも考えてシンプルにしたい。
(無駄なものを片付けるとも言う=「整理」)

雨だし、久しぶりにSketchUpで妄想してみた。

1.コットは使わずに、シートをフラットにしてベッドにする。
2.スクートは縦方向に逆さ積み。
3.天井の小物入れは見た目が重いので、RV BOX等を使って床に置く。
4.連れがいる場合は、スノーボードをケースごと天井に収納。

フラットシートにするといっても、段差だらけ。
そもそも椅子なので、寝るための都合で作ってない。
完全パーフェクトフラットなんかにしたら、シートとして機能しないし。
実は、対策品はすでに準備済み。

BOX類もなるべく同じブランドで統一したい。
統一感がないと、ゴチャつき感が解決しないだろうな。

スクートを逆さ積みにするのは、いちおう意味があります。

板が床に着いていると、エッジがすぐに錆びちゃいます。
(水分が乾く前にケースで被うのも錆の原因になります)

ハンドルバーのステム側に水をためないため。
逆さにすれば、グリップ側に水が流れていきます。
鉄製のバーは水をためこむとすぐに錆びて折れやすくなります。
これは危険ですね。
(アルミのバーもありますが、剛性感がなくて私はダメでした。)

積んでいるときに、ハンドルグリップ×2とリアボードの三点支持で安定する。
それでも、カーブの遠心力で暴れたりするので、荷締めバンドで車内に固定してます。

シーズンインすると、滑るのに忙しくなる。
こんなことできるのは今のうち。

それにしても、最近いろんな小物で出費が多いかも。。。
そのうち紹介しますよ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白馬小径 | トップ | SUNDAY RIDE 2016(4回目) »

コメントを投稿

トランポ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL