MTB*SS WEBLOG

夏はマウンテンバイクとインラインスケート冬はスノースクートとスキーボードときどき関係ない話題とか

2016-2017滑走25回目(シャルマン火打)

2017-04-23 20:23:11 | スノースクート

天気:
雪質:硬めの春雪
混雑:リフト待ち0~1分
服装:Tシャツ+ジャージ+スキージャケット
満足度:★★☆☆☆

リフト乗車回数:8回
移動距離:36.148km
滞在時間:04:06:10
睡眠時間:約01:30
累積標高:3225m
最大標高:1023m
最高速度:33.3km/h

使用フレーム:STYLE-A S.A.S.
使用ボード:Jykk G2 HARD
使用ハンドル:S&M BIKES PERFECT 10 BAR

池の平の営業は終了しても、池パスはまだ生きてます!!
シャルマンもシーズン終了まで1500YENで一日券が購入可能。
よか!

最近、バックカントリーごっこをする人が増えてきて、事故も増えてます。
シャルマンの周辺も魅力的なバックカントリーがあるようで。。。
手軽に安全に行けるなら、私も行ってみたいのは山々ですよ。

でも、やるならお金を払ってちゃんと準備をして、地元のガイドとかに頼るべき。

シャルマン火打スキー場自体が、自己責任で滑走するような斜面が多いです。
自己責任の意味が理解できない人は滑走しない方がいいです。
スキー場としてもその日にホントにダメなところは、ちゃんと説明しています。
ロープアウトもしてます。

過去にシャルマンのパトロールがリフト上から大声で、ちゃんと注意しているのも見たことあります。
お金を払っているお客だからといって自分勝手はダメですよ。
大自然を相手に遊ぶってそういうこと。
当たり前の一般論を書いてしまった。。。

私的には、シャルマンに限らずスキー場はすべて自己責任だと思って滑ってますけど。

はい、いつもの動画キャプチャ。

今日はスキーの検定をやっていたようで、いつも以上に上手い人が多かった。
荒れた斜面をあのスピードで滑るなんて。
勉強になるかわからんけど、しばらく見てたりしてましたよ。

朝一の山頂は青空も見えてたりしましたが。。。

コース上部は雲の中~。
山頂からは雲が近かったんですが、もう少し上空から見れば雲海が見えたのかも。

森と近くの雪面しか識別できん。

さらに下るとこんな。

急斜面はとてもじゃないけど普通には滑れない。
そして、楽しくない。

下から見るとこんな。
ゲレンデ下部は雲の下。
雲の厚さはそれほどでもないようですが、山頂の青空が嘘のよう。

で、2本滑って車の中で様子見。
で、眠くなったので90分も寝ちゃいました。。。

昼前に再覚醒。
メッチャ晴れてるし~。
でも、雪質は相変わらず。

急斜面で前傾姿勢がきつくなったので、ハンドルバーを変えました。
昨シーズンの前半に使ってた、S&Mの10インチバー。
かなり楽になりました。

シャルマンみたいな急斜面が多いスキー場では、高さのあるハンドルバーが必需品かも。 
いまさら気づいた。

私的には、もう少し気温が上がって雪が緩んでくれた方が滑りやすい。
本日見たところでは、今年のシャルマンはGW最終日まで営業できそうな気がします。

最近G2ボードばっかり滑ってるけど、すっかり慣れちゃいましたね。
今ならナロー系の不安定さの方が怖いかも。

スクート乗りは何名か見かけました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016-2017滑走24回目(神立... | トップ | 2017チャリ初乗り »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL