旅路(ON A JOURNEY)

風に吹かれて此処彼処。
好奇心の赴く儘、
気の向く儘。
男はやとよ、
何処へ行く。

考え方と認知

2016年12月13日 21時31分45秒 | Weblog

モンテーニュ「エセー」 第14章 幸、不幸の味は大部分、われわれの考え方によること。
人間は(古代ギリシャの格言によると)、事物自体によってではなく、事物についていだく考えによって苦しめられている。もしも、われわれがこの命題をあらゆる場合に真実であると証明できるならば、人間の悲惨な状態を軽減するのに大いに役立つだろう。(1572年)

カウンセリングの理論と実践 (JCDA)
認知療法では、人間の認知が、行動や感情に与えていると考えられています。つまり、人間が自分の外界をどうとらえ、同意味づけするのかという認知が、感情、行動に影響を与えているという考えです。人間はそれぞれの個々人の認知フィルターを持っていて、それによって外界(外で起こっていること)を解釈しています。(2013年)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 意思が緩むとき | トップ | 労働者 »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL