旅路(ON A JOURNEY)

風に吹かれて此処彼処。
好奇心の赴く儘、
気の向く儘。
男はやとよ、
何処へ行く。

秋の夜長に読書を楽しむ

2016年10月27日 19時52分56秒 | Weblog

若いころスポーツをやっていた学者は、70才になっても読書欲や好奇心が旺盛で、矍鑠(かくしゃく)として研究実績を上げている、と敬愛する木田元さんが述べている。私は学者ではない。それでも、中学・高校とろくに勉強もしないでスポーツに明け暮れた身とすればかなり安堵する。20歳を超えて突如として降って湧いた読書欲が現在も衰えることがないし、持ち前の好奇心の為せる業なのだろう、歳をとるにしたがって読書傾向は、より洗練された、より深く難解な書物に向かっているように思う。本当に洗練された著作だったのか、難解だが、より深い内容だったのかどうか、これまでに読んだ本を振り返ってみるのによい季節になった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋の陣 | トップ | 食欲の秋 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL