リビングストン←→相模原 日記

52才の若さでリタイアし、夏はスコットランドでゴルフ三昧!と優雅に見えるが、実際にはスーパーの激安品で暮らしている。

世界最古のゴルフ場 Leith Links.

2017年07月17日 | ゴルフ

前2エントリーとは異なり、”世界最古のゴルフクラブ”ではなく、”世界最古のゴルフ場”を調べていたところ、”Leith Links”がヒットしたので、ここも見てきた。



いろいろ諸説はあるようだが、ここが一番古い様だが、現存するコースでは無いので、現存するコースで一番古いのはやはりセントアンドリュースだ。



現在ここは、公園となっており、広大な芝生が広がっていた。






以前このLeithLinksでプレーしていたのが、”Honourable Company of Edinburgh Golfers”でこれは世界で2番目に古いゴルフクラブとのことで、現在はあのMuirfieldがホームコースになっているとの事。



当時のコースレイアウト。
5ホール全て400ヤード以上で結構長い。




ところで、このLeithLinksは妻がひいきにしているサッカーチーム”Heart of Midlothian”のライバルチームであるHibsのテリトリーで、Hibsが優勝すると優勝パレードの終着はこの公園とのことなので、妻はあまり居心地が良さそうでは無かった。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界で4番目に古いゴルフク... | トップ | エディンバラ ゴルフヒストリ... »
最近の画像もっと見る

ゴルフ」カテゴリの最新記事