マダム・クニコの映画解体新書

コピーライターが、現代思想とフェミニズムの視点で分析する、ひと味違う映画評。ネタバレ注意!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

西の魔女が死んだ/魂の行方 

2008-06-30 | 映画分析
魔女役のサチ・パーカーははまり役だ。品の良さと少ない言葉で、温かくて大らかな 祖母を、これ以上ふさわしい俳優はいないだろうと思わせるほど巧みに演じている 。
goo 映画
魔女とは、英語の「ウィッチ」の訳で、「妖術使い」のこと。ウィッチの語源は、古イギリス語の「賢い女」だといわれている。
 古くは、豊穣信仰のような、キリスト教以前の異教の実践者である巫女をさすという。いずれにしても、エコロジーの精神を持ち、大地の精霊の力を借りるのが特徴だ。「女占い師」として、ハーブなどの薬草を始め、産婆術にも長け、人間や家畜の病気を治したり、相談ごとにのったりする、幅広い知識の持ち主だった。
 しかし、中世以降、キリスト教の布教には邪魔な存在となり、異端と呪術者の区別は否定され、魔女狩りへと暴走する。

 魔女の魔法とは、女性ならみんな持っている性的魅力のことなので、女性であれば、誰でも魔女になれる要素を持っているといえる。
 魔女は、月の女神と有角神を信仰する。
 月の女神は、少女、大人の女性、老婆の3つの姿を持つ「グレートマザー」だ。 有角神は、月の女神の夫、息子、太陽の象徴、百獣の王である。
 つまり、魔女は、男尊女卑ではなく、男女対等の関係を提起する存在なのだ。
 
本作の魔女は、「妹が占い師をしており、予知&透視能力のある家系だ。しかし、そうした直感力に囚われると、魂のエネルギーを消耗して自滅する。そうするのではなく、一瞬一瞬を大切にし、その時、その時に決めて行けばばいい」と、 孫のまいに語る。
 つまり、”賢い女性は、自分の能力を信じて、運命を切りひらいていくのだ”と教えているのである。

その原点は、魔女である祖母の死生観にある。
 彼女は、魂の行方(死後の世界)を案じており、この世を”魂の成長の場”として捉えている。
 そのためには、感謝の気持ちを持つ、他の人を尊重し信頼する、公平・平等な人間関係を築く、自然や動物、モノ、時間を大切にする・・・ 、といった、人として生きていくうえでの基本的な姿勢をまいに伝えようとしているのだ。

 この映画では、オールドファッションの礼賛とスローライフによるユートピアの現出で、優雅かつメルヘンチックなひとときを味わうことになるが、絶えずつきまとう”死”の影が、それだけに留まらない深みを創出している。
 ”いかに死ぬか”は、”いかに生きるか”と対になっているからだ。   

例えば、祖母は「予知能力や透視能力は必要ない。毎日のちょっとした変化が楽しい」と話した後、「一つだけ前もって分かっていることがある」と続けて、すぐに飼い鶏の死が提示される。
祖母と孫の会話の中にも、「人は死んだらどうなるの」「分からない。死んだことがないから」「パパは死んだら何もなくなるといった 」「死ぬと魂が体から離れて自由になり、長い旅を続けなければならない」「私が死んだら、まいに知らせるね」「ゲンジさんなんか死ねばいい」といった、死に関する話題が多出する。

極めつけは、予言通りの”祖母の死の知らせ”だ。
 窓ガラスの指文字、「ニシノマジョカラヒガシノマジョヘ、オバアチャンノタマシイダッシュツダイセイコウ」・・・。
 
 2年間も祖母宅へ行かなかったまいに、突然、舞い込んだ不幸な知らせ。
 死期を悟った祖母は、約束を守るために遺書として残したのだろうか?
 孤独のなかでの自死、とも考えられる程の完璧な死に支度に唖然とした。
 
子どもたちにも観てもらいたい佳作である。
 とはいえ、不満な点もいくつかある。
 祖母宅の隣人のゲンジや村の郵便配達夫親子の描き方に新鮮みがないこと(悪玉・善玉に分けている)。
 祖母とその他の村人を始めとする人間関係が希薄なこと(大量の手作りジャムの行方が気ににかかる)。
 まいが大雨に遭遇し、迷子になって救出されたことの必然性はあるのか?
 こんなに感化された祖母なのに、なぜ2年間も訪れなかったのか?
など・・。

清里のロケセット「西の魔女・おばあちゃんの家」が公開されていると聞く。5月下旬に近辺まで行った時には、気が付かなかったが、次回にはぜひ訪れてみたい。
 
★★★★(★5つで満点)

トップページヘ

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つぐない/作家の宿命 | トップ | ファン・ジニ 映画版/その... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ヤマト)
2008-07-01 09:46:49
コメントありがとうございました。
TBさせて頂きました。

「賢い女性は、自分の能力を信じて、
 運命を切りひらいていくのだ」

って素敵ですね。
魔術に頼ったらそれまでですものね。

素敵な映画でしたね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画分析」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
西の魔女が死んだ (ネタバレ映画館)
木村祐一さん、指がナメクジに見えた瞬間が大好き!・・・わいの?
[映画『西の魔女が死んだ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆悪い映画じゃないんだけど、 なんか、小学校の時、学年で視聴覚室に集められて見た映画のような、純文部省推奨作品的な潔癖感が感じられる作品だった。 ・・・学校で孤立し、登校拒否に陥った主人公の娘(高橋真悠)が、祖父の死後、山間の山小屋で一人住む、英国人だ...
西の魔女が死んだ/サチ・パーカー (カノンな日々)
最初にこの映画の存在を知ったのが恵比寿ガーデンシネマでの告知だったこともあって、てっきり単館系の作品だと思ってたら、公開規模が大きくてちょっと意外な感じもします。原作は梨木香歩さんによるロングセラーの児童文学。私はまだ読んでなかったので、この映画を楽し...
観ました、「西の魔女が死んだ」 (乙女千感ヤマト)
マイナーな気分を吹き飛ばすには純粋で綺麗な映画を大きなスクリーンで観るのがよろし
学校では教えてくれない大切な事。『西の魔女が死んだ』 (水曜日のシネマ日記)
登校拒否になった少女と祖母の物語です。
「西の魔女が死んだ」拒否反応を克服して知った生きる術と魔女の答え (オールマイティにコメンテート)
「西の魔女が死んだ」は梨木香歩原作の小説「西の魔女が死んだ」を映画化した作品で、登校拒否になった少女が1ヶ月間田舎の住む祖母の家で暮らす1ヶ月間で自分を見つめ直していく姿を描いたストーリーである。登校拒否が色々問題視されるが、その根本的な問題を正面から...
『西の魔女が死んだ』 (ラムの大通り)
----これって鈴木香歩原作、 100万部を超えるベストセラーの 映画化だよね。 シャーリー・マクレーンの娘が出ているんでしょ。 「うん。サチ・パーカーね。 2歳から12歳まで日本に住んでいたというだけあって、 その言葉は流暢。 でも、それも含めて感心したのは、 この映...
西の魔女が死んだ (夫婦でシネマ)
ほんのりと泣けるとても素敵な映画でした。児童文学が原作だということですが、大人が見ても充分に共感できて、楽しめる映画になっています。
【映画】西の魔女が死んだ (新!やさぐれ日記)
■動機 りょう ■感想 「魔女」が支配する緩やかに流れる優しい時間 ■満足度 ★★★★★★☆ いいかも ■あらすじ 中学生になったばかりのまい(高橋真悠)は登校拒否になり、大好きなおばあちゃん(サチ・パーカー)の住む田舎で過ごすことになる。日本に長年...
【2008-150】西の魔女が死んだ The Witch of The West is Dead (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 魔女が倒れた。 もうだめみたい 人はみんな 幸せになれるように できているんですよ
西の魔女が死んだ (利用価値のない日々の雑学)
この原作が100万部を越えるベストセラーだということを、シネコンで見終わった後立ち寄った書店で知ったが、如何に原作に忠実だったのか、それとも原作を越えられたのかは別として、なんて色々な要素を詰め込みすぎた作品なんだろうかと思った。対比が都会の喧騒(と...
映画『西の魔女が死んだ』 (trivialities)
【6月29日特記】 映画『西の魔女が死んだ』を観てきた。 梨木香歩の原作小説は読んだ。が、原作を読んだのでその流れで観たという訳ではない。原作の文庫本を買ったのはこの映画の予告編を見たからであり、映画
【映画】西の魔女が死んだ…映画の評価高。ストーリーの評価は微妙。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
この週末は夜勤明け以外では久しぶりの二連休で割とゆったりと過ごせております{/face_nika/} 昨日{/kaeru_fine/}はちょっとした買い物に行った後、昼寝{/kaeru_night/} でインターネット{/pc2/}と実に有意義({/eq_1/})な{/face_ase2/}…いや最近こういうゆったり感に欠...
『西の魔女が死んだ』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ「魔女が倒れた。もうダメみたい」中学3年生になった少女・まい(高橋真悠)に突然の知らせが届く。魔女とはイギリス人の祖母のこと。まいはママ(りょう)の運転する車で、おばあちゃん(サチ・パーカー)の家へ向かう。2年ほど前、学校に行くのが苦痛になって...