マダム・クニコの映画解体新書

コピーライターが、現代思想とフェミニズムの視点で分析する、ひと味違う映画評。ネタバレ注意!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブロークバック・マウンテン/二重の哀しみ

2006-03-21 | 映画分析

 ラブストーリーは好まないが、本作の質の高さに引き込まれた。同じように”差別(人種VS.同性愛)”をテーマにしてアカデミー賞の作品賞を争った、都会的で動的な「クラッシュ」とは対照的に、牧歌的な風景が醸しだす大らかさが、この長くて切ない物語を優しく包み込んでいる。
ブロークバック・マウンテン

 カウボーイはアメリカにおける「男らしさ」の象徴といわれている。なかでも保守的な西部や南部では、男性たちは異常なほど「男らしさ」に執着し、ホモセクシャル(同性愛)を嫌う人が多いという。

 なぜ、同性愛嫌悪になるのか?
カウボーイは男性だけの職業。本作の主人公であるイニスとジャックのように牧場を渡り歩き、その都度男性同士で仲間を組んで仕事をする。典型的なホモソーシャリティ(同性社会集団)だ。

ホモソーシャルは、異性愛男性同士の友情によって支えられ、男性同士が同一化する関係である。このホモソーシャリティにとって、男性同士の連帯が同性愛関係とみられる原因となってしまうような”同性愛者”と、男性同士の絆に亀裂を入れかねない”女性”は排除されるのだ。(ホモソーシャリティにおける女性の疎外については、「スタンドアップ」のレビューで述べた)。

また、このことから、男女の異性愛は、男性同士の結束を固めるために女性を利用するものであり、ホモソーシャルは、本来的に「隠れ同性愛」関係であるということになる。

 フロイトのエディプス構造(父~母~子の三角形)が、そうした関係を解明してくれる。
 男児は母への愛(近親姦タブー)を父からの去勢の脅し(去勢コンプレックス)によって諦めざるを得なくなるが、父と同一化して同性=男になることで、やがて母と同性の女を性的に愛するようになり、母への愛の喪失を克服するというものである。
しかし、男児が「男」と名付けられたとたん、エディプスの三角形から母(女)ははじき出され、後には息子の「父(男)への愛の物語 」が展開されるのだ。

男児は、(公認された異性愛の)母への愛の断念から、必然的に(公認されない同性愛の)父への愛の断念へと移行する。最初のトラウマ(母への愛の喪失)を解消するはずの父との親密な関係が、同性愛嫌悪のトラウマ(父への愛の喪失)を生み出す構造となっている。

つまり男性は、自分が参入した公的領域のなかで 母への愛から父への愛に、そして母への愛にという「愛の喪失の反復」を、その慣習行動(男同士の連帯を育む実践)を通じて遂行しなければならないのである。

本作でも、イニスは父に対する去勢コンプレックスを背負い続け、ジャックの死も去勢(リンチ)の匂いがする。
二人は去勢不安を解消するための父(男)への愛を、男(女を愛する身体)になることで解決した。ともに異性と結婚して子供をもうけるが、20年にわたって「隠れ同性愛」関係=愛の喪失の反復、を続けるのである。

 対幻想は、二人の関係性が閉ざされている場合に強くなる。最初の出会いと別れの際に 、ジャックの車のバックミラーにイニスの姿が映るのは、愛が幻想であることを意味する。

ブロークバック・マウンテンは、閉ざされた二人の関係性を開放する幻想の空間である。そこは禁じられている火を焚き(激しい恋の火を燃やす )、童心に返って父(男)と思う存分愛を交わせる場所なのだ。
 二人とも現実的に父親との確執があり、それを修復しようとして一層父なる存在
を求めていたのだう。

ディナーで家父長が肉を取り分けるシーンが2回ある。ジャックは「ここは俺の家だ」と異議申し立てをして、義父からナイフを取り上げる 。イニスは妻の新しい夫が堂々とナイフを使うのを見守る。
 こうしたことから保守的な地方であるということがよく分かる。

保守的な会員が多いので、ホモセクシャルをテーマにした作品は、アカデミー賞の作品賞を獲れないといわれている。本作は、遂にこの悪しき伝統を打ち破るかと思われたが、残念ながら叶わなかった。
 同性愛は人間には必然の欲望であること、を描いた秀作なのに・・・。

イニスとジャックは、最初に結ばれた後、当惑し、「一時的な出来事」として、同性愛関係であることを否定する。しかし、逆説的だが、この当惑(同性愛パニック)こそ、自分の中の本来的な欲望に気付いた証拠なのだ。

本作は、認知されない関係の哀しみを二重に体現している。

★★★★★(★5つで満点)



人気blogランキング
 
(この記事を気に入った方は、ココをクリックしていただけるとうれしいです)

トップページヘ



ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   トラックバック (62)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホテル・ルワンダ/イメージ... | トップ | あおげば尊し/父の復権  »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ココ(ココのつぶやき))
2006-03-21 13:58:06
お久しぶりです。記事を興味深く読ませていただきました。

やはり、アカデミーには保守的な会員が多いのですね。また、キリスト教の団体が反対したとのうわさもありますね。世の中、理不尽なことが多いものです。

拙い記事ですが、私のをTBさせていただきます。

マダムクニコ さんTB&コメント有難うございます (hide)
2006-03-23 13:14:14
(映画と秋葉原とネット小遣いと日記)のhideです

マダムクニコ さんTB&コメント有難うございます

>まさにそうだと思います。同性愛は人間本来の欲望です。



記事は大変面白く拝見しました。映画でこの映画以外の同性愛的要素が有ったのが。

『アレキサンダー』でした。

古代ギリシャでも当り前だったとか?

織田信長の時代もある意味、小姓に手をつける事も有ったとか聞きます。



これからの時代、映画の表現に、このような事は避けなくてもいい感じはしますね
TB&コメントありがとうございました。 (nomad)
2006-03-24 00:00:07
カウボーイの世界って思った以上にゲイが多いというのは聞いたことがあります。

だから西部では、とりわけ男らしくあれ!という態度で臨むのでしょうね。

この原作が出た後、ワイオミングでゲイの男性が殺されるヘイト・クライムが実際に起きたようです。

カルフォルニアやニューヨークなど東部の州は進歩的ですが、アメリカの殆どの州がキリスト教に基づいた保守的な社会であるのは事実です。

この映画の中でジャックの父と母がゲイの息子を暗黙しながらも家族として認めていたこと・・はアメリカのキリスト教社会に対する静かなる挑戦のような気がしました。
自分のこととして考えても (akaboshi)
2006-03-24 15:11:05
「男」として生まれると、父との屈折した関係に

鬱屈した思いを抱いて苦しむことは事実です。

この映画では、そうした男同士の妙な意地の張り合いや

プライド、世間体、見得、屈折した感情表現のもたらす

様々な側面についても考えさせられますね。



父親との屈折した関係が「ゲイ」という生き方を選択するのに実は密接な関係があるのではないかと考え、

僕のブログに

「ゲイと父親との関係~ジョージ・マイケル報道で考える」という記事を書いたことがあります。

TBさせていただきます。



先日はわざわざ (三木です)
2006-03-26 21:47:14
コメント&TBありがとうございました。

体調が悪くご挨拶遅れて申し訳ないです(汗)

それにしても、あのドキドキ…とても印象深いです。もう、あんなドキドキを感じる作品や出来事には遭えないかも(笑)
Unknown (あっしゅ)
2006-03-27 20:56:01
男の愛の絆は強いものがありましたね。

思ってたよりも、すばらしい映画だった

と思います。
 (aq99)
2006-03-28 19:44:12
肉を切るところ、アルマの新しい夫は、全自動ナイフみたいなので、ブブブ~とやってたので、男らしくキリキリできないやさ男を表わしているのかとも思いました。

あの日は感謝祭でしたっけ?
ほんまもんの愛! (mezzotint)
2006-03-29 23:47:28
愛は強い力があるんだとつくづく感じる映画でしたどんな弊害があろうとも、貫き通すことこそほんまもんなのではアン・リー監督凄い
こんにちは! (ERi)
2006-04-05 13:16:53
遅れ馳せながら、コメント&TBありがとうございました!

最初はゲイの映画という紹介に、観に行くのどうしようかな~と迷っていたのですが、なんのその、観に行って大正解でした!これぞまさに名作!いい映画を観させてもらいました☆
はじめまして (mimia)
2006-04-16 10:40:16
こんにちは!TBさせてくださいね。



ゲイへの差別はとりもなおさずマイノリティへの凶弾でもありました。そんなスタンスで映画を撮り続けているアン・リー監督、作品賞も上げたかったですね。アカデミー会員の保守性を垣間見た瞬間でした。
隠れ同性愛 (kimion20002000)
2006-12-21 13:11:15
TBありがとう。
とてもわかりやすい解説ですし、そのとおりだろうと思います。カウボーイというホモソーシャリティは、本来的には「隠れ同性愛」集団であるが、そこでの現実の「対関係」を認めると、自分たちの共同幻想そのものと逆立することになるので、忌み嫌うといった構造ですね。
あとは、ジャックの「割礼」体験がありますね。これは、ユダヤの社会における同性愛の問題として、別個に議論できるかもしれません。
こんにちは! (みのり《楽蜻庵別館))
2007-11-02 01:53:20
マダム・クニコさま、いろいろ詳しく書かれているので勉強になりました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

62 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
映画@ブロークバック・マウンテン (sattyの癒しのトビラ)
イニスとジャックは、ブロークバック・マウンテンの 農牧場に季節労働者として雇われ、運命の出逢いを果たす まず、壮大な美しい景色に見入ってしまう 山と空と緑、沢山の羊たち、本当に綺麗な映像だった 流れる音楽がまた良くて、切ない。。 そして、この配役のイメージの
ブロークバック・マウンテン BROKEBACK MOUNTAIN (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
ジェイク・ギレンホール、ヒース・レジャー ミシェル・ウィリアムズ、アン・ハサウェイ主演 第78回アカデミー賞 監督賞(アン・リー)脚色賞 作曲賞 受賞 2006年 ヴェネチア映画祭で金獅子賞 第63回ゴールデン・グローブ賞 [ドラマ部門] 最優秀作品賞 複数受賞 1963
ブロークバック マウンテン (ココのつぶやき)
監督:アン・リー  出演:ヒース・レジャー、 ジェイク・ギレンホール、 ミシェル・ウィリアムス、  アン・ハサウェイ 2005年 アメリカ     スクリーン  この作品は、保守的なアメリカの西部で、20年以上にも渡って男同士の愛を貫いた2人の“普遍の愛”を描く
ブロークバック・マウンテン (とにかく、映画好きなもので。)
   これは愛についての純粋な物語だ。  男性どうしのセクシャリティがぶつかる事に、偏見が無いといえば嘘になる。あなたはゲイが理解できますか?と聞かれた時には、理解できないと答えるだろう。  ただ、この映画に関して言えば、ゲイとかホモセ.
『ブロークバック・マウンテン』 (\'05/米国) (傍流点景)
 “ブロークバック”という名から読み取れることの一つに「重荷を負わす」という意味があると、原作の文庫巻末のあとがきに翻訳者である米塚真治氏が書いており、その言葉が私の中で深く腑に落ちた。  そう、原作を読み終えたとき、これはどうしようもなく背負うことになっ
期待ほどでは・・・ 「ブロークバック・マウンテン」 (平気の平左)
評価:80点{/fuki_love/} ブロークバック・マウンテン 良かったんですけどね。 でも、私の中で、アカデミー賞総なめにするほどは、はまらなかったですね。 個人的な問題かもしれませんが。 でも、結構切ない。 あまりゲイの物語だということが気にならない普遍的な
『ブロークバック・マウンテン』 (*Sweet Days*  ~movie reviews etc~)
監督:アン・リー  cast:ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール アカデミー監督賞他授賞、 ゴールデングローブ作品賞、監督賞他授賞、 ヴェネツィア映画祭金獅子賞授賞 1963年、ワイオミング州のブロークバック・マウンテンに羊番として雇われたイニス(ヒー
ブロークバック・マウンテン/イニスとジャック (The House of Nomad)
この映画を1週間前に観たのですが、自分の感情と理性がうまく整理できず、 なかなかレビューが書けませんでした。 これはストーリーだけを追えば、とても、シンプルなラブ・ストーリーなのですが、 あまりにも複雑な感情がその中に潜んでいて、 それをどう扱っていいかわ
『ブロークバック・マウンテン』 2006・3・19に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『ブロークバック・マウンテン』   公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 1963年、ワイオミングのブロークバック・マウンテンの農牧場に季節労働者(羊番)として雇われたイニスとジャック。彼らは大自然の中で一緒の時間を過ごす内に深い友情を築いていく。しか
ブロークバック・マウンテン (impression)
1963年の夏。ワイオミング州のブロークバック・マウンテンでイニス(ヒース・レジャー)は羊番の仕事を始める。たまたま一緒に組んで仕事をしていたジャック(ジェイク・ギレンホール
ブロークバック・マウンテン - BROKEBACK MOUNTAIN - (浪漫じゃけぇ)
<ストーリー> 1963年、イニス・デル・マー(ヒース・レジャー)とジャック・ツイスト(ジェイク・ギレンホール)は、ブロークバック・マウンテンの農牧場に季節労働者として雇われ、運命の出逢いを果たす。 ともに20歳の二人は牧場主のジョー・アギーレ(ランディ・
ブロークバック・マウンテン (Alice in Wonderland)
本日1本目は心待ちにしていた『ブロークバック・マウンテン』です。ホモのカウボーイの話だとか・・・はたして私には受け入れられる映画だったのでしょうか・・・? 1963年、ワイオミング州ブロークバック・マウンテン。農場に季節労働者として雇われたイニスとジャッ...
ブロークバック・マウンテン (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
1963年、定職に就かずにいるジャックとイニスは、ワイオミング州ブロークバックマウンテンで羊の群れを守る仕事を得て、ひと夏をともに過ごします。大自然の中、助け合って働くうちに、深い絆が築かれ、男同士の恋愛へと発展していきます。山での仕事を終え、別々の生活を始
ブロークバック・マウンテン (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  唯一の場所・・・そこで生まれた唯一の愛
ブロークバックマウンテン (映画評論家人生)
シネ・リーブル梅田 「グリーン・ディスティニー」「ハルク」のアン・リー。アカデミー監督賞、脚色賞を獲得し、原作はピューリッツァ賞であり、話題になっていた一作だ。大阪では初日なので、かなりの混みようで
女性が支持?「ブロークバック・マウンテン」 (映画コンサルタント日記)
3月18日から全国51館に拡大された「ブロークバック・マウンテン」。土日2日間
『ブロークバック・マウンテン』 (映像と音は言葉にできないけれど)
案の定、土曜日の渋谷の初回は行列が...。しかし、既に渋谷での映画の見方を習得した僕は並ばなくてもOKなのでした。今日から拡大公開よりも2週間先行による渋谷単館オープニングです。
自分の幸せは自分にしか解らない。『ブロークバック・マウンテン』 (水曜日のシネマ日記)
羊番の仕事を通して知り合った、ふたりの男性の物語です。
ブロークバック・マウンテンで見る世界014●能ある鷹は爪を隠す (フツーに生きてるGAYの日常)
当事者意識の有無による 「感じかた」の違い  LGBT雑誌「yes vol.2」に掲載されていた「クローゼットの闇に迷い込まないための、ブロークバック山の案内図」という記事を読み、どうし
ゲイと父親との関係~ジョージ・マイケル報道で考える (フツーに生きてるGAYの日常)
 超有名人気歌手であるが故に世界中に配信されたジョージ・マイケルの大麻所持による逮捕 ですが、 こちらのサイト(BARKS)の報道によると、彼が意識朦朧の状態でいるところを発見され
【劇場映画】 ブロークバック・マウンテン (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 1963年、ワイオミング州ブロークバック・マウンテン。農場に季節労働者として雇われたイニスとジャックはともに20歳の青年。対照的な性格だったが、キャンプをしながらの羊の放牧管理という過酷な労働の中、いつしか精神的にも肉体的にも強い絆で結ばれてい
ブロークバックマウンテン/BROKEBACK MOUNTAIN (我想一個人映画美的女人blog)
ゴールデングローブ賞主要4部門受賞、2005年ヴェネツィア国際映画祭受賞、 もうすぐ発表されるアカデミー賞作品賞初め、最多主要8部門ノミネート、等々、、、、 とかなりの賞を受賞&ノミニーされていると言う事で、 実際はどうなの?? 自分はどう感じるか アカデミー賞発
*ブロークバック・マウンテン* (Cartouche)
{{{   ***STORY***           2005年  アメリカ ワイオミング。イニス・デル・マー(ヒース・レジャー)とジャック・ツイスト(ジェイク・ギレンホール)は、ブロークバック・マウンテンの農牧場に季節労働者として雇われ、運命の出逢いを果たす。
「ブロークバック・マウンテン」 マリリンに似てるから (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
家族を放っぽりだしにするほど、溺れてしまうものなのかね。 ゲイの世界は。 そもそもゲイのイニス(ヒース・レジャー)、婚約してたとしても結婚したらあかんやん! それとは知らず結婚したアルマ(ミシェル・ウィリアムズ)が、かわいそう! 顔立ちがカーリング日本女子代
主婦やOLが支持?「ブロークバック・マウンテン」 (映画コンサルタント日記)
「ブロークバック・マウンテン」全国公開から9日間累計興収が1億円を突破、4月1
自分を解放できる愛に縛られた2人●ブロークバック・マウンテン (Prism Viewpoints)
作品としては、『真夜中のカウボーイ』に似ていても、 扱っているテーマは、『あらしのよるに』や、『フィラデルフィア』に近い、珠玉の作品。 ↑のポスターで、白いテンガロンハ
ブロ―クバックマウンテン最高! (銅版画制作の日々)
「ブロ―クバックマウンテン」はアカデミ―賞で監督賞・脚色賞・オリジナル音楽賞と三部門での受賞した映画です。今日は、京都シネマへこの映画を観に行きました。水曜日はサービスディという事もあり、多くの観客で賑ってました。そしてアカデミ―賞三部門獲得した話題の映
ブロークバック・マウンテン (ネタバレ映画館)
 たまってるのなら羊を・・・って昔の小噺にいっぱいあったなぁ・・・
「ブロークバック・マウンテン」 Brokeback Mountain (俺の明日はどっちだ)
1963年、ワイオミング州ブロークバック・マウンテンで、牧場の季節労働者として雇われた20歳のイニス(ヒース・レッジャー)とジャック(ジェイク・ギレンホール)。二人は、美しい自然のなかで共に時を過ごすうち、互いに友情を越えた愛を抱くようになってしまう。しかし、
★「ブロークバック・マウンテン」 (ひらりん的映画ブログ)
ゴールデン・グローブ賞、アカデミー賞で話題をさらった作品。 アカデミー賞ではアジア系初の監督賞を受賞したアン・リー監督作品。 主演はヒース・レジャー。 
ブロークバック・マウンテン (ERi’s room)
今日は映画1000円の日。ということで『ブロークバック・マウンテン』を観てきた。 正直これがすごくよかったのだ!名作誕生という感じです。 舞台となっていた自然が豊かできれいで、
映画:「ブロークバック・マウンテン」 (atom×atom)
ブロークバック・マウンテン [BROKEBACK MOUNTAIN] ―――――――――――――――――――――――――――― 監督: アン・リー Ang Lee 出演: ヒース・レジャー Heath Ledger     ジェイク・ギレンホール Jake Gyllenhaal     他 【解説】  
映画『ブロークバック・マウンテン』 (灯りをともそ~キャンドル屋の店長日記)
先週土曜日、次女の卒園式。 そして日曜日、子ども達を実家に送ってゆく。 子ども達は春休みの間、広島の海辺の田舎町にある、大好きな祖父母の家で過ごす。 そして私は、約1週間、羽を伸ばすのです。^^v
一般的な恋愛映画「ブロークバック・マウンテン」 (再出発日記)
監督:アン・リー出演:ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール、ミシェル・ウィリアムズ、アン・ハサウェイ1963年、ワイオミング州ブロークバック・マウンテン。農場に季節労働者として雇われたイニスとジャックはともに20歳の青年。対照的な性格だったが、キャンプを...
[News][Movie] 映画Brokeback Mountain、見てきました。 (タイで想う日々の日記)
アカデミー監督賞受賞作品・ブロークバック・マウンテン、見てきました。 単純に男女の話に置き換えるだけで全く普通に成立する話のようにも想いました。あくまでも画面から感じたイメージの範囲ですが(ボクに米語読解力がもっとあれば違うニュアンスが分かったかもしれませ
ブロークバックマウンテン 評価額・1400円 (Blog・キネマ文化論)
●ブロークバックマウンテンをユナイテッドシネマ豊橋18にて鑑賞。 牧場の季節労働
ブロークバック・マウンテン ([踊]Dance!Dance!Dance!)
第78回アカデミー賞監督賞、脚色賞、作曲賞受賞。 映画の日の3本目。伏見にできた新しい映画館\"伏見ミリオン座\"で見た。(ゴールド劇場やセンチュリーシネマを経営しているCATVのスターキャットだった。)フェアトレードコーヒーなるものがあって東ティモール産のもので
ブロークバックマウンテン@シネマライズ (30代OL、maroのシングルライフ☆)
友人4人で連れ立って、渋谷シネマライズで映画「ブロークバック・マウンテン(Brokeback Mountain)」を鑑賞。 カウボーイたちの純粋な愛を描いた、というアン・リー監督の作品なのだけども・・・うーん、ピンと来ないそんなにも愛し合うまでのきっかけ、エピソードって
[ ブロークバック・マウンテン ]オトコの愛、オトンの愛 (アロハ坊主の日がな一日)
[ ブロークバック・マウンテン ]@渋谷で鑑賞。 20年もの間、好きな人を思いつづけても、結ばれぬ愛。実 話ではないものの、ジャックとイニスのような境遇で一生 苦しみ続けてきた人がいると思うと、辛さとやりきれなさ を感じまたもや涙してしまった。 1963年に
「ブロークバック・マウンテン」■イノセンスな風景 (映画と出会う・世界が変わる)
誰にしても生涯の「最も美しいとき、美しい場所」があるはずだ。但し、誰しも、そこにいる時間は短く、再びそこを訪れ、そのひとときを得ることを心に願って生きているのではないか。カウボーイ同士の愛が描かれていることで、そこに注目が集るのは仕方がないにしても、そ...
「ブロークバック・マウンテン」はアメリカン・ニューシネマの再... (映画と出会う・世界が変わる)
映画「ブロークバック・マウンテン」を見ながら、「ハッド」という現代の西部劇と「ラストショー」という映画を連想していた。どちらもアメリカの原風景。調べてみると「ブロークバック・マウンテン」の脚本家ラリー・マクマートリーは「ハッド」の原作者であり、「ラスト...
映画館「ブロークバック・マウンテン」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
先週末から、地元のシネコンでも上映になったので観ることができました! カウボーイの同性愛を扱った作品ということで、話題になりましたねぇ。ゲイを扱った作品は、今までにも沢山ありましたが、今までのものとはチョット違った感じがしました。美しさを前面に出すわ...
シネマ日記 ブロークバックマウンテン (skywave blog)
人には目に見えない、いろいろな’一線’が張り巡らされている。それはモラルやタブーと呼ばれるものでしょう。 この映画はその一線を越えてしまった者の哀しみを、私たちに教え
『ブロークバック・マウンテン』 (mimiaエーガ日記)
★★★★☆原題:『Brokeback Mountain』♪He is a fr
納得いかねぇなぁ (映画 本 コミックレビュー●うきうきウォッチン●)
 『ブロークバック・マウンテン』       /2006 アメリカ コラ――っ!! なんじゃそりゃ―っ!!(怒) 1960年代のかなりド田舎でゴチゴチに保守的なキリスト教ブリバリのアメリカ西部での 学なし、金なしカウボーイ2人の性別という障害を
インサイド・マン@ブロークバック・マウンテン (憔悴報告)
逆『セカチュー』である。 よろめき西部劇である。
ブロークバック・マウンテン (八ちゃんの日常空間)
本年度映画鑑賞100本目(うち、劇場観賞50本目)。間違いなく、本年度ベスト3に入るだろう映画だ。それどころか多くの人が長い間忘れられない映画の1本に数えるだろう。あの放牧中の羊の群れ。凄い数。アリの行列みたいで遠くから写すと微妙だった。
映画「ブロークバック・マウンテン」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Brokeback Mountain アメリカ西部ワイオミングのブロークバック・マウンテンでの二人の男の運命的な出会いから20余年の友情を越えた禁断の愛の哀しい物語・・・。 寡黙なイニス・デル・マー(ヒース・レジャー)と、おどけたジャック・ツイスト(ジ ...
映画 『ブロークバック・マウンテン』 (Death & Live)
『ブロークバック・マウンテン』 2005年 Ang Lee監督 先月観ました。 特に言う事はありません。 世間での評判通り、いい映画だったな、と。 観終わった直後より、時間を置いてから、感動がジワジワと来る。 ところで... 映画を観る態度としてはあまりいい ...
映画レビュー#26「Brokeback Mountain」★★★★☆ (Production Rif-Raf)
基本情報 「Brokeback Mopuntain」(2005、アメリカ) 監督:アン・リー(恋人達の食卓、ウェディング・バンケット、いつか晴れた日に) 脚本:ラリー・マクマートリー、ダイアナ・オサナ 製作:ダイアナ・オサナ、ジェームズ・シェイムス 出演:ヒース・レジャー ...
ブロークバック・マウンテン (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
1ヶ月ぶりの映画鑑賞。復活映評第一弾として、大好きなアン・リーのアカデミー受賞作ならば不足はあるまい
ブロークバック・マウンテン (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
Brokeback Mountain  監督=アン・リー。 ワイオミング州のブロークバック・マウンテンで、夏場の羊番として雇われた、イニス(ヒース・レジャー)とジャック(ジェイク・ギレンホール)の出会いから悲劇的な別れまでの、20年間に亘る秘密の関係のお話です。 ...
「ブロークバック・マウンテン」■何故、作品賞を受賞しなかった... (映画と出会う・世界が変わる)
「ブロークバック・マウンテン」についての、映画ファンの友人との会話。「『ブロークバック・マウンテン』が描いている時代は60年代から80年代でけど、これは西部劇の再現だと思う。」「そうだね。まさにアメリカの原風景に迫ったものだ。」「このような形で西部 ...
ブロークバック・マウンテン (cinema capsule)
美しい風景の中で綴られていく、時代が許さなかった ラブストーリー。 ★「ブロークバック・マウンテン」 2005年アメリカ 134分 監督:アン・リー 出演:ヒース・レジャー    ジェイク・ギレンホール    アン・ハサウェイ    ミシェル・ウィリ ...
異形の愛 ブロークバックマウンテン (映画を語る会in岡山)
現代とは違い、まだ社会が閉鎖的な時代に、愛し合う二人の男がどう生き、どう社会とかかわっていったのか?そんな社会的なテーマを放つ作品かと、前評判を聞いて勝手に思い込んで鑑賞したのですが、そんなに重たい映画ではなく、これは純粋に愛の物語だったと思い ...
ブロークバック・マウンテン (いつか深夜特急に乗って)
「ブロークバック・マウンテン」★★★★★ (盛岡フォーラム1
ブロークバック・マウンテン (シネ・ガラリーナ)
2005年/アメリカ 監督/アン・リー 叶わぬ恋。いわばよくある悲恋モノ。ただ愛し合うのが男と男というだけのこと。なのに、その切なさが後になってじわりじわりとボディブローのように効いてくる。実は原作を先に読んだけど、この切なさは全く感じなかった。 ...
カウボーイの愛 (藻、たくさんの日々。)
連休を利用して、早稲田松竹にて二本立てで映画を観てきました。 一本目に観たのは、「ブロークバック・マウンテン」。 ブロークバック・マウンテンとは、アメリカ西部の山の名前。 同性愛がネックとなり、アカデミー賞を逃したといわれる作品です。 ...
NO.179「ブロークバックマウンテン」(アメリカ/アン・リー監督) (サーカスな日々)
都市で「ジェンダー革命」が進んでいたときも、 西部では秘匿された「対幻想」としてあった。 ゲイやレスビアンの思想を辿ってみれば、旧約聖書のダビデとヨナタンの関係にまで遡る。このダビデに関する崇拝は、ルネサンスのミケランジェロの「ダビデ像」にまでつ ...
『ブロークバック・マウンテン』’05・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1963年、ワイオミング州。イニス・デル・マー(ヒース・レジャー)とジャック・ツイスト(ジェイク・ギレンホール)は、ブロークバック・マウンテンの農牧場に季節労働者として雇われ、山でキャンプをしながら羊の放牧の管理をする仕事を命じられる。寡黙 ...
<ブロークバック・マウンテン>  (楽蜻庵別館)
2005年 アメリカ 134分 原題 Brokeback Mountain 監督 アン・リー 原作 アニー・プルー 脚本 ラリー・マクマートリー  ダイアナ・オサナ 撮影 ロドリゴ・プリエト 音楽 グスターボ・サンタオラヤ 出演 ヒース・レジャー  ジェイク・ギレンホール  ...
映画評:ブロークバック・マウンテン (映画と写真のブログ)
始まりはブロークバック・マウンテンだった。 イニスとジャックは、ブロークバック・マウンテンで羊の番をする仕事を請け負っていた。 羊の番の仕事を切っ掛けに、二人の男は出会った。 イニスとジャック。 性格も生い立ちも違う二人。 ブロークバック・マウン...