マダム・クニコの映画解体新書

コピーライターが、現代思想とフェミニズムの視点で分析する、ひと味違う映画評。ネタバレ注意!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ミリオンダラーベイビー/言葉のパラドックス

2005-07-04 | 映画分析
 (ネタバレ注意!!)ボクシングと詩には共通点がある。だから主人公のボクシングトレーナー、フランキーは、ボクシングとともに、同郷のアイルランド詩人、イエーツの作品をこよなく愛する。本作のテーマは“言葉のパラドックス”だ。

 フランキーは言う。「ボクシングは理屈じゃない。人の考えの逆をいくのだ」と。なるほど、ボクシングは自ら痛みを求めるスポーツだし、攻守の際には通常の考えとは逆の方向に動くものらしい。さらに、フランキーは言う。「骨が忘れるまで叩いて、身体の一部にしてしまうのだ」と。ボクシングは、頭の中でプログラミングするのではなく、身体的な反射(直感)によって戦うことが求められるのだ。

 詩も通常の言葉とは対局にある。通常の言葉が意味と直結し、言葉の世界の中にいるのに対して、詩は音やリズム、反復などにより意味を攪乱し、言葉の世界を脅かす。つまり、通常言語は、頭脳的プログラミングが可能な、家父長的イメージがあるのに対して、詩的言語は、身体的で計算不可能な、母なるものというイメージがあるのだ。

 いずれにしても言葉は“欠如”を意味する。どんな言葉も一言ですべての意味を表すことはできないのは、父なるものの根源的な暴力性が、母なるものとの同一化を禁止するからである。
 人が言葉を獲得するのは、母なるものとの永遠の同一化を諦めることへの見返りだ。母なるものを排除する暴君的な父なるものとの同一化を果たすことで、言葉の世界に参入し、母を乗り越えるのである。フランキーが娘ケイティに宛てた手紙がすべて返送されるのは、こうした“言葉の欠如”を表す。ケイティは、父を拒否することによって、父の暴力性を訴えているのだ。
 フランキーが「女はお断りだ」とマギーの入門を拒否したり、弱者であるデンジャーを「追っ払え」と言うのは、家父長的暴力性を表している。


 フランキーは、娘に宛てた手紙が絶対に受け取られないことを知りつつも、延々と書き続ける。詩が好きなのも、こうした宿命にある”父と子の関係性=言葉のパラドックス(言葉を獲得するには、暴力・排除・欠如が必須である)”、を知っているからだ。”意味を攪乱し、謎々や魔力を生み出す詩=母なるもの”を愛することで、暴君的だった過去を反省しようとしているのである。
 一方、マギーは、言葉を獲得する以前の母なるものから、精神的に未分化のまま外に放り出された赤ん坊である。母なるものとの同一化を諦めて父なるものに向かおうにも、第一段階(母との蜜月)をクリアーしていないのでは話にならない。ボクシングという異質な世界での成功を望むのは、母の関心を自分に向けたいがためである。
 しかし、彼女の母は子供の成長段階の構造を理解していなかった。父の死も、弟の刑務所行きも、妹の貧困も母の無知が原因だろう。

 マギーが倒れた直後、画面は三度暗転する。ボクシングによって結ばれているマギー、フランキー、スクラップの三人が三様に深淵を体験し、それぞれがかけがえのない存在であることを確認するのだ。詩もそれが成立するには、詠む人、語る人、その両者を仲介する人の三者の存在が必要条件であり、ここでも詩とボクシングの関係が提示される。

 さて、深淵を経て、三人の世界観はどのように変わったのだろうか。
 マギーは、残念ながら未分化から脱することはできなかった。最後の最後まで母なるものを求め続け、それが叶わないと悟った時、絶望のあまり死を決意する。母なるものとの同一化を諦められないので、父なるもの=フランキーとの同一化を果たすことができなかったのだ。

 フランキーは、娘への贖罪をマギーに重ねていたが、すべてを受け入れることこそが贖罪であると悟る。彼が度々語るイエーツの詩『イニスフリー』は、アイルランドに実在し、都会人にとっては幻の島である。「私たちは心の中にそれぞれの理想の島を持っているのに、その島と心を繋ぐすべがない」、と不条理の悲しみを詠ったこの詩は、フランキーとケイティ=マギーとの関係性の隠喩である。
 ちなみに、20世紀最大の英詩人といわれるイエーツは、19世紀末に、キリスト教の時代が終わり新しいイメージの時代が始まることを予期していた。フランキーがカソリックの神父に逆らい、マギーの尊厳死の手助けをしたのは、その影響もあると思う。
 
 スクラップは、唯一の親友であるフランキーの不幸を目の当たりにすることで、一層深い孤独感を味わうとともに、人は誰かと一緒に生きる存在であることを再確認する。デンジャーを支えるのはそうした思いが根底にあるからだろう。

 そして「モ・クシュラ」。フランキーがその意味を、マギーの死の間際まで教えなかったのは、まさに“言葉のパラドックス”である。言葉の意味は必ずズレるし、言葉は常に遅れて(痕跡が反復されて)成立するのだから。「モ・クシュラ」とは“愛する人よ、お前は私の血”という意味であるが、現実はもちろん文字通りではない。それは、ケイティにこそ言うべき言葉だったのだ。
 しかし、解釈はどのようにもできる。“お前との絆はそれほど深いのだ”とか、“同じアイルランド系であっても、お前との間にはゲール語という溝が絆とともに横たわっているのだ”とも・・・。

 人は他者との同一化を求めるが、同一化しても必ず疎外が伴う。いかなる同一化も私たちに安定した同一性を与えない。世界観を変えるには、同一性を求めないことである。その都度開示される意味のズレをすくい取って、何かを生み出すことが重要である。たとえばフランキーのように、そしてスクラップのように・・・。

 本作は詩とボクシングの関係を通して、“男性・女性”、“強者・弱者”といった二項対立を切り崩し、人間の新しい可能性を提示している。同時に、人が成長するためにはどういう段階が構造化されているか、といった根源的な問題も提起している。

 劇場で観終えた後、私は、あまりにも示唆に富んだ内容と表現のみごとさに、しばらく立てなかった。本年度屈指の作品である。★★★★★


ミリオンダラーベイビー


ブログ・ルポ
あなたのブログで眠っている記事が、再び脚光を浴びるチャンス!


人気blogランキング
 
(この記事を気に入った方は、ココをクリックしていただけるとうれしいです)


トップページヘ










ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   トラックバック (62)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コーヒー&シガレッツ/宙吊りの... | トップ | 宇宙戦争/ ルーツを辿る旅 »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今年屈指の映画、間違いない (しん)
2005-07-04 23:45:43
言葉、家族、信仰、そういう意味のあるものより、目の前にあるものを大事にする人。かつてあったもの、失われたものに縛られ、今あるものが失われるのではないかという強迫観念にとりつかれた男が、自らの手で今あるものを消し去る

何言ってんだろ



言葉や記録やシステムで伝えられるものは重要ではない、と、そんなことを言ってた気がします。

意味を伝えるためにある言葉が、たいした意味を伝えきれない

それこそ言葉のパラドックス?
TBありがとうございます。 (あかん隊)
2005-07-06 00:43:33
記事を拝見して驚きました。そこまで深くは考えませんでしたから。もう一度場面を思い起こしながら、じっくり考え直してみたいです。本当に良い作品でしたね。
TBどうもです。 (kiku)
2005-07-07 01:00:44
深いですね。

イーストウッドって、アイルランド系なのでしょうか。
TBありがとうございます (shirasu)
2005-07-07 07:12:05
記事、興味深く読ませて頂きました。

そこまで深く考えずに見ていたもので、何だか、もう一度見たくなってきました!

とにかく、今のところ私の中で今年のNO.1だと思っております♪
初めまして。 (小夏)
2005-07-07 22:23:36
TBありがとうございました。

深い考察、じっくり読ませていただきました。

私にとっても、長く余韻が残る今年No.1の作品になりました。
Unknown (denkihanabi)
2005-07-08 04:12:12
読みました。

「読む」って実感のある文章ですね。トラバします。
TBありがとうございました (ハート)
2005-07-10 19:49:51
奇遇にも、私はわがブログでこの作品に捧げる詩を書いたので、mt1936_001さんの文章にびっくりです。

ボクシングと詩の共通点…気づきませんでした。実を言うと、今年1番の作品だったにもかかわらず、詩のくだりは殆ど忘れていたので。

思えば、私が久々に詩(というより詞。もし曲がついたら、結婚式でも歌えそうな普遍的な内容にしたので)を作らせるきっかけとなったのは、そこにもあったのかもしれません。

私もTBさせていただきますね。今後とも宜しくです。
はじめまして (カヌ)
2005-07-10 19:54:43
トラバどうもです。

あまり深く考えずみてる私には、とても興味深い内容でした。今後も参考にさせていただきます。
お初です。 (いら)
2005-07-10 22:33:20
TBありがとうございました。

分析を読ませていただきため息がでました。

すごい考察ですね。

詩の部分をスルーして考えていただけに、

再度じっくり観てみたいと思っています。

これからもヨロシクです。

孤独、老い、死。 (映画侍)
2005-07-14 22:54:54
ブックマーク、光栄です。コメントもありがとうございます。

小津さんの「東京物語」は歳の上の者から去っていく人間のいとなみの悲しさを描いていましたが、クリントの描く「死」は、容赦なく迫ってくるものですね。クリントは「許されざる者」でも、ぶざまな老いを演じていますが、本当はすごくしっかりしていて頼もしい限りです。声も作品のなかでは、しわがれていましたが、アカデミー賞の短いスピーチで、あまりにいい声なのに、また惚れ惚れしました。

韓国映画「マラソン」を見てきました。甘ったれたところのない、いい作品です。

「バットマン ビギンズ」も、監督のクリストファー・ノーランが素晴らしく、深くて、しかも楽しみもいっぱいの充実作に仕上げてくれました。まだ、文章にできません。
映画の脚本がすごいですね。 (saheizi-inokori)
2005-08-06 13:45:32
同名の小説集、(アメリカでは「ROPE BURNS」というこれも編中の中編の題名からとった名前で出版された)を読みましたが、いくつもの短編を組み合わせ小説集と同じ世界の延長に更に深みを加えた映画になっています。小説集自体の力もあるけれど、脚本も凄い。原作ではモ・クシュラの意味を教える場面はなかったと思う。映画の扱いの方がいいですね。
saheizi-inokori様 (マダム・クニコ)
2005-08-06 14:47:18
本当にすばらしい脚本ですね。

私は小説が好きではないので、原作を読む、ということをほとんどしたことがありません。

そういう楽しみ方のできる人をうらやましく思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

62 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ミリオンダラー・ベイビー 【すごいよクリント】 (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
クリント・イーストウッド(のようなじーさん)になりたい!! 心からそう思った。 アカデミー賞をとった俳優二人は、それはもちろん素晴らしい演技だったのだけど、僕には俳優クリントの方がはるかに輝いて見えた。 彼は自分が歳をとったことに気付いていないのではないだろう
「 ミリオンダラー・ベイビー 」 (MoonDreamWorks)
監督 : クリント・イーストウッド主演 : クリント・イーストウッド / ヒラリー・スワンク /      / モーガン・フリーマン / 公式HP:http://www.md-baby.jp ミリオンダラーベイビー   最近の映画通は単なる絆の物語やサクセスストーリーじゃ感動でき...
ミリオンダラー・ベイビー (かなり週刊:にっき)
「ミリオンダラー・ベイビー」を見てきました。勝手に映画評は、こちらから。 今年の
『ミリオンダラー・ベイビー』 (京の昼寝~♪)
 “モ・クシュラ” ■監督・製作 クリント・イーストウッド ■脚本 ポ-ル・ハギス ■原作 F・X・トゥール ■キャスト クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン、アンソニー・マッキー  ★第77回アカデミー賞主要4部門を制覇!   
ミリオンダラー・ベイビー(6) (自主映画監督のBlog)
もう~~、解禁でしょう!! 我慢の限界です! ネタバレ!あり(略してNBA)で『ミリオンダラー・ベイビー』を 大いにか・た・り・たーーーい!!!! あらかじめ警告させていただきます。 まだ、ご覧になられていない方は、今すぐ劇場へ駆け込みましょ
ミリオンダラー・ベイビー (cococo)
とてもよかった。“モ・クシュラ”の意味をずーっと考えていた。答えは、ある。 「モ
ミリオンダラー・ベイビー (ともやの映画大好きっ!)
(原題:MILLION DOLLAR BABY) 【2004年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★☆☆) アカデミー賞で作品賞・主演女優賞・助演男優賞・監督賞の計4部門を受賞したヒューマン・ドラマ。 ロサンゼルスのダウンタウンにある小さなボクシング・ジム。そこを経営する老いたトレー
ミリオンダラー・ベイビー(新映画日記転用) (新×3 もろもろ日記)
クリント・イーストウッド監督の映画を観てきました。 アカデミーの四部門の賞受賞ほか、さまざまな映画の賞を獲得した作品ですが 見れば「納得」イーストウッド、あんたすごいよ! (って私が言わなくても皆知ってるちゅうの) ヒラリー・スワンクもタフで野心家なのに
ミリオンダラー・ベイビー (2004) MILLION DOLLAR BABY 130分 (極私的映画論+α)
 ロサンジェルスのダウンタウンにある小さなボクシング・ジムを営む老トレーナー、フランキー。その指導力に疑いのない彼だったが、選手を大切に育てるあまり、成功を急ぐ優秀なボクサーたちはみんな彼のもとを去ってしまうのだった。そんなある日、31歳になる女性マギーが
「ミリオンダラー・ベイビー」を観る(From MM) (Cinema Satellite Neo)
◆三位一体の奇跡のようなアンサンブルが織りなす魂のドラマ (★★★★★)  本年度のアカデミー四部門を独占した本作。評判通りの傑作、珠玉  の逸品であります。    細部に至るまで緻密に造形されたキャラクター、全てが計算され尽  くされた言動など、全く無駄とい
絶句するほど美しい「絆」のドラマ/「ミリオンダラー・ベイビー」評 (I N T R O+blog)
『ミリオンダラー・ベイビー』(05/米/クリント・イーストウッド) Text By 膳場 岳人  筆者がこの映画を見てから一ヶ月以上が経つ。その間、ヒラリー・スワンクが演じたマギー・フィッツジェラルドの屈託ない笑顔を、クリント・イーストウッドが扮したフランキー・ダンの
ミリオンダラーベイビー (シネマ日記)
号泣だ。「アビエイター」仕方ないな。この作品と同じ年にぶつかったことを不運と思うしかないよ。 娘に連絡を絶たれたしわがれたボクシングトレーナー、フランキー(クリントイーストウッド)、彼と旧知の仲の元ボクサー、スクラップ(モーガンフリーマン)、チャンプを目
ミリオンダラーベイビー (No Cinema No Life)
見終わった後にズシリと重いものが残りました。つらい絶望的な悲しさ、どうしようもない悲惨な結末、「ダンサーインザダーク」「パッション」を見終った時と同じ感覚でした。 前半部分はどん底から這い上がる女性ボクサーのサクセスストーリーですが、後半は・・・ ネタ
ミリオンダラー・ベイビー (Akira\'s VOICE)
静かに熱く胸を打つ,味わい深く濃厚な人生ドラマ!
ミリオンダラー・ベイビー (メルブロ(更新不定期))
ミリオンダラー・ベイビー 上映時間 2時間13分 監督 クリント・イーストウッド 出演者 クリント・イーストウッド ヒラリー・スワンク モーガン・フリーマン   特集ページ  フリーマンは31日までずっと日本にいるみたいだね。スワンクは京都・奈良ですか。
ミリオンダラー・ベイビーバレなし (私が見て聞いて大正解だった映画やDVD)
ミリオンダラー・ベイビー/クリントイーストウッド監督/バレなしレイトショーで観れました。ばらさないように・・・というか、前情報をTVでやりまくってたのをあえて無視して挑みました。今までイーストウッド監督の作品は、ぼろ(*/□\*)なきなんてなかった(ほめている...
ミリオンダラー・ベイビー (future world)
その人にとっての幸せって何だろう・・・最近観た映画、「海を飛ぶ夢」「バタフライ・エフェクト」に続き本作も‘人生’‘道を選ぶこと’について考えさせられる内容だ。 特に最後の方は・・重い・・涙流れっぱなしの状態だった。。 133分という時間、長くは感じなかっ
ミリオンダラー・ベイビー (any\'s cinediary)
愛に、打たれる。 二人が命をかけて守った魂は、永遠に輝き続ける。 ストーリー
ラスト30分がすげえ!! 「ミリオンダラーベイビー」 (平気の平左)
ミリオンダラーベイビー 評価:85点{/fuki_love/} 舐めてた。 かなりの衝撃を受けました、この映画。 予備知識ゼロで観に行ってもらいたいですね。 下手にネタバレして欲しくない映画です。 さぁ、いますぐ映画館にGO!! さて、今回はネタばれに気をつけて感想
『ミリオンダラー・ベイビー』とトム・スターン (Days of Books, Films)
『ミリオンダラー・ベイビー』は、133分の上映時間のおそらく半分近くが、ロサンゼ
「ミリオンダラー・ベイビー」 (中空庭園)
「ミリオンダラー・ベイビー」(7月1日、MOVIXさいたま) ※例によって、では
映画感想:『ミリオンダラー・ベイビー』 (徒然三十路日記♪)
ロサンゼルスの寂れたボクシングジムの門を叩いた田舎育ちのマギー。ジムのオーナー兼トレーナーのフランキーは彼女を拒んでいたが、彼女の真剣さに打たれ彼女のトレーナーとなる。互いに実の父娘の関係をなくしている2人は、激しいトレーニングの中で人間的に歩み寄っていく
ミリオンダラー・ベイビー (まつさんの映画伝道師)
第108回 ★★★☆(劇場) (核心に触れる文面あるのでご注意あそばせ)  元アイドルと呼ばれる女性達。  下克上激しい芸能界、生き残れるのはほんの僅か。  旬を過ぎたアイドルは人気の低迷とともに、その人生も失墜してゆく。なぜかはわからないが、
■〔映画鑑賞メモVol.1〕『ミリオンダラー・ベイビー』(2004/クリント・イーストウッド) (太陽がくれた季節)
皆さん、こんばんは~ 私め、 昨晩のレイトショーで『ミリオンダラー・ベイビー』を鑑賞いたしました! じわりじわり、 映画のあれこれが今甦って来ています。 うーん、鑑賞した昨日よりも、むしろ、日が変わった今日の方が『ミリオンダラー・ベイビー』と
ミリオンダラー・ベイビー (Movie_Room_Poster!!)
 先日、アカデミー賞のノミネート候補が発表され、いよいよアカデミー賞シーズンが本格化してきましたね!候補作および候補者の顔ぶれを見ていくと、まだまだこのブログで取り上げていない作品が山ほどあることがよ~く分かりました!なので、今日から「漏れた作品」たちを
ミリオンダラー・ベイビー (或る日の出来事)
Photo by Merie W. Wallace. (c) 2004 Warner Brothers. All rights reserved.MILLION DOLLAR BABY2004年 アメリカ作品監督 クリント・イーストウッド出演 ヒラリー・スワンク、クリント・イーストウッド、モーガン・フリーマンどうして、こういう話にするのか。○○
ミリオンダラー・ベイビー (アスカ・スタジアム)
私は拳闘はあまり好かぬ。その残忍性が嫌だから。或いは私が菜食人間だからか。肉食主体の欧米では女性のボクシングも盛んらしい。前半はその拳闘場面が多い。が、後半は「これが同じ映画か」と思う程ガラリと変わる。そしてぐいぐいと画面に引き込ませる。 感じたことは、
ミリオンダラー・ベイビー(5/29 幕張) (しねまぶっくつれづれだいありー)
『エンドロールが流れる間、涙が止まらなかった、重いテーマを投げかけるイーストウッド渾身の作』  今年のアカデミー賞で、ディカプリオ&スコセッシ組の『アビエイター』を抑えて主要部門を制覇した注目作。といっても、私はイーストウッドファンではないので、アカデミ
ミリオンダラー・ベイビー (七月のうさぎ)
MILLION DOLLAR BABY 2004年、アメリカ 監督 : クリント・イーストウッド 出演 : クリント・イーストウッド      ヒラリー・スワンク      モーガン・フリーマン この物語は、 「人と人」とのラブストーリーだ... ――クリント・イーストウッド
ミリオンダラー・ベイビー (MOVIE SHUFFLE)
『MILLION DOLLAR BABY』 アメリカ/2004 監督・出演:クリント・イーストウッド 出演:ヒラリー・スワンク モーガン・フリーマン アンソニー・マッキー     ジェイ・バルチェル マイク・コルター ブライアン・オバーン 受賞:アカデミー賞/主演女優・助演男優
ミリオンダラー・ベイビー (面白い映画とつまらない映画はどこが違うのだろう?)
映画で物語を語るのが、今、世界で一番うまい監督、クリント・イーストウッドの新作。 「一億円ねーちゃん」。 下世話で陽気なタイトルだが、内容は全然違う。 イーストウッドが演じるのはいつものように、どこか超然とした繊細なタフガイ。語られるのは、ロマンチック
Million Dollar Baby (2004)ミリオンダラー・ベイビー (jajaの映画日記)
最後の対戦相手、娼婦上がりで汚い手を使うチャンピオンの「青い熊」を演じたLucia Rijkerは実際にボクサーですね(オランダ系でタイのキックボクシングの経験もありとか)。クレジット見ると彼女がヒラリー・スワンクへのボクシング指導もしてたような…。 あとクレジット
『ミリオンダラー・ベイビー』、観ました。 (肯定的映画評論室Blog支店)
勝負の世界は、僅か一握りの勝者と、その他圧倒的多数の敗者によって成り立っている。そして残酷にも勝負のアヤは、あと少しの運と不運がその両者を分けるのだ。ここに描かれるのは、紛れもなく“その敗者たち”の物語‥‥、彼らは互いに夢破れ、孤独に耐え、傷を胸にしまっ
ミリオンダラー・ベイビー(MILLION DOLLAR BABY) (基本3分!映画レビュー わかりやすい映画案内)
☆家族を失い、深い傷を負って苦しみの中にある男女の、絆と愛の物語☆
すげ~なクリント・イーストウッド (大豆の語る室)
 ミリオンダラー・ベイビーを観てきました。  いやー、言葉も出ません。  正直言
ミリオンダラー・ベイビー (映画を観たよ)
ネタバレにはなってないと思いますよ。多分・・・ 試写会でした。 今年度のアカデミー賞を獲りましたね。 この作品侮っちゃだめ!! イーストウッドは音楽もやっててびっくりしました。 才能が豊かですね~。 それで映画なんだけど・・・何を書いてもネタバレになってしまい
ミリオンダラー・ベイビー ★★★★ (目指せ!映画批評家)
アカデミー賞の主要部門をほぼ独占にした話題の作品を見てきました。 日本ではそうでもないみたいですけど…。 監督・主演・音楽クリント・イーストウッド         出演ヒラリー・スワンク           モーガン・フリーマン 今回はネタバレは特にありま
「ミリオンダラー・ベイビー」 (the borderland)
予告編を見た限り、ラストは想像ついたのですが、そこまでの過程は「愛に打たれる」と言ってもホセ・メンドーサのコークスクリューパンチぐらい(判る人だけ判ってください。)の破壊力がありましたね。 これで今年のアカデミー作品賞ノミネート全作品見ました。 個人的
「ミリオンダラー・ベイビー」感想代わりに・・・ (ハートの基礎体力)
(あらすじ) 「自分を守れ」が信条の老トレーナー、フランキーは、23年来の付き合いとなる雑用係のスクラップと、昔ながらのジム、ヒット・ピットでボクサーを育成している。有望株のウィリーは、教え子を大事に思う余りタイトル戦を先延ばしにするフランキーにしびれを切
ミリオンダラー・ベイビー (たにぐちまさひろWEBLOG)
貧しい小さな村で生まれたマギー。13歳のときからウェイトレスとして働いていた彼女の夢は女子ボクシングのチャンプになること。31歳になったとき、老舗のボクシングジムの老トレーナー、フランキーの教えを請うため、ジムに出入りするようになるが、フランキーは女性ボ
ミリオンダラー・ベイビー (be-in 別館)
この作品は、娘と疎遠になった老トレーナーと、父を早くに亡くし家族愛に恵まれない女性ボクサーの、擬似家族愛の話です。 女性ボクサーのサクセスストーリーかと思ってました(笑) 本館の感想はこちらから
ミリオンダラー・ベイビー (蛇のように鳩のように)
こういう話だったのか・・・と、「海を飛ぶ夢」がオーバーラップした。 エンドロールが涙で歪んで席を立てなかった。 外に出て、オフにしていた携帯をみると叔母の死を伝えるメールが入っていた。人は必ず死ぬわけだけど、私は後悔しない人生を歩んでいるのだろうか、
ミリオンダラー・ベイビー (まったりでいこう~)
格闘技は好きですがボクシングだけは苦手でした...。でもこれは映画なのだし、なによりストーリーがおもしろそうということもあって初日に行ってきました。 ボクシングだけではない、とても重い内容のヒューマンドラマでしたね。静かな音楽とともに流れていくストーリーは淡
「ミリオンダラー・ベイビー」 (こだわりの館blog版)
6/4 Tジョイ大泉 にて クリント・イーストウッドがいぶし銀の演出と演技で描く人間ドラマ …見せます…魅せます! 監督・音楽:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン、アンソニー・マッキー、  
「ミリオンダラー・ベイビー」に見る絆 (エモーショナル★ライフ)
先日知り合いになったeiga.comからいただいた試写状で アカデミー4部門受賞の「ミリオンダラー・ベイビー」を見てきました。 クリントイーストウッド演じるフランキー・ダンの指導を仰ぐために ジムを訪れた女性ボクサーマギー・フィッツジェラルド(ヒラリー・スワンク)
ミリオンダラー・ベイビー (2004/米) (虫干し映画MEMO)
MILLION DOLLAR BABY 監督: クリント・イーストウッド  出演: クリント・イーストウッド  フランキー・ダン    ヒラリー・スワンク   マギー・フィッツジェラルド    モーガン・フリーマン    エディ・“スクラップ・アイアン”・デュプリス  ボロ
「ミリオン ダラー ベイビー」(1)「許されざる者」 (映画侍、ぶった斬り!!!)
年老いたボクシングジムの経営者。老いぼれのガンマン。 「ミリオン ダラー ベイビー」と「許されざる者」。 二つの作品は双子のように見える。表現は異なるが、老いと孤独と死を扱っている
ミリオンダラー・ベイビー ★★★★ (TRUE-TIME WEB-LOG)
>ミリオンダラー・ベイビー まず誤解されないように明記しておく。これから暫くの間、クリント・イーストウッド監督への暴言が続くと思いますが、実は「ミリオンダラー・ベイビー」かなーり良かったんです。後半からはきちんとこの作品についてのポジティヴな感想になって
イーストウッドVS北野武(「ミリオンダラー・ベイビー」を観る) (ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版))
 昨日は盟友N氏とクリント・イーストウッドの「ミリオンダラー・ベイビー」を観てき
『ミリオンダラー・ベイビー』 (女子高生の映画評論)
『ミリオンダラー・ベイビー』 公式サイト http://www.md-baby.jp/ クリント・イーストウッドの監督としてそして何よりも役者としての実力に、ただただ震えるしかない。 本当にいい映画を見せてもらった、彼は本当にひと癖もふた癖もある味のある映画を作りますね。
人間の生き方を問う映画◆『ミリオンダラー・ベイビー』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
http://yaplog.jp/soranoki/tb_ping/33
抱きしめたくなる!ボクサーたち 「ミリオンダラー・ベイビー」F・X・トウール(ハヤカワ文庫) (梟通信)
5つの短編とひとつの中編、全てがボクサーの物語だ。著者は、海軍、闘牛士、バーなどで働き50歳近くになってボクサーをめざし、トレーナーやカットマンに転ずる。チャンピオンも育てる。70歳で本書を発表して作家デビュー、2年後に死ぬ。心臓疾患で長生きしないこと
ゲール語 (世界の言語)
ゲール語ゲール語(げーるご)は、インド・ヨーロッパ語族ケルト語派に属する言語である。今日では、アイルランドのゲール語(アイルランド語)、スコットランドのゲール語(スコットランド・ゲール語)、マン島のゲール語(マン島語)の3つが残っているが、今日、日本で「ゲ
ミリオンダラー・ベイビー (新しい夜明け)
アカデミー賞4部門受賞作品 『ミリオンダラー・ベイビー』(MILLION DOLLAR BABY) <作品・監督賞(クリント・イーストウッド)・ 主演女優賞(ヒラリー・スワンク)・ 助演男優賞(モーガン・フリーマン)> を観にいってきました。(久々のビックタイトル) あらすじ ボ
「ミリオンダラー・ベイビー」(試写会) (なつきの日記風(ぽいもの))
夜の闇は夢を見せてくれるのに、 昼の明かりは全ての現実を隠してくれない。 原題:「Million Dollar Baby」 監督・主演・音楽:クリント・イーストウッド 出演:ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン 本編:133分 Story 「自分を守れ」が信条の老トレーナー
ミリオンダラー・ベイビー (いつか深夜特急に乗って)
「ミリオンダラー・ベイビー」★★★★★(名劇2) 2004年
映画「ミリオンダラー・ベイビー」 (しょうちゃんの映画観賞日記)
DVDで観ました。アカデミー賞で、作品賞、主演女優、助演男優、監督賞の計4部門を受賞した作品。とにかく演技はいいです。ヒラリー・スワンクの体当たりの演技や、クリント・イーストウッド、モーガン・フリーマンの渋い演技が見ものです。ストーリーはセオリー通りに進みま
ミリオンダラー・ベイビー (GO READY GO!~海外逃亡記)
映画好きなのについつい「食わず嫌い」してた映画、それは 「ミリオンダラー・ベイビー」 C・イーストウッドが監督の映画だから、きっと面白いんだろうな、って思いながらも 「
ミリオンダラー・ベイビーバレなし (私が見て聞いて大正解だった映画やDVD)
ミリオンダラー・ベイビー/クリントイーストウッド監督/バレなしレイトショーで観れました。ばらさないように・・・というか、前情報をTVでやりまくってたのをあえて無視して挑みました。今までイーストウッド監督の作品は、ぼろ(*/□\*)なきなんてなかった(ほめている...
ミリオンダラー・ベイビー (Victoria’s ROOM)
ミリオンダラー・ベイビー 原題:MILLION DOLLAR BABY 製作国:アメリカ 製作年度:2004年 DVD:2005年10月28日 上映時間:133分 監督:クリント・イーストウッド 脚本:ポール・ハギス 原作:F・X・トゥール 音...
ミリオンダラー・ベイビー (ムツ兄の、てげてげ人生日記)
2月13日(月) 晴れ 8℃/19℃ 今日、2004年のアカデミー賞主要4部門を取った『ミリオンダラー・ベイビー』のDVDを観ました。
ミリオンダラー・ベイビー/Million Dollar Baby(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[ミリオンダラーベイビー] ブログ村キーワードミリオンダラー・ベイビー(原題:Million Dollar Baby)キャッチコピー:愛を、教えて。製作国:アメリカ製作年:2004年配給:ムービーアイ、松...