マダム・クニコの映画解体新書

コピーライターが、現代思想とフェミニズムの視点で分析する、ひと味違う映画評。ネタバレ注意!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マッチポイント/運と正義

2006-08-09 | 映画分析
  ウデイ・アレンが鮮やかに変身した。
前半はありがちな恋愛もの、後半は畳みかけるようなサスペンス。
ロンドンを舞台にしたオペラ仕立ての悲劇を、しゃれた辛口コメディに仕上げている。
多用される文学やオペラの引用は、登場人物の運命を暗示し、謎解きの楽しみもある。

 マッチポイント

冒頭、テニスのマッチポイントで、ネットに当たったボールの行方を追うショット・・・・・・。
「この世はすべてが“運”。目的も計画もない」と、主人公のクリス。
 本作のテーマはここにある。

 ウデイ・アレンはこう言いたいのだ。

 「“運”は予測不可能で、突然到来するもの。
 このボールが勝敗を決めるような単純さで、その人の運不運が確定されるのではない。
 “運”にはつねに、両立不可能なものに対峙しなければならない、という苦難が、亡霊のようにとり憑いている」と・・・・・・。

 貧しいアイルランド人のクリスは、「幸運」にもイギリスの上流社会に食い込むことに成功した。
 しかし、居心地がいいはずはなく、身分相応のアメリカ女性ノラと不倫している。

 クリスは、“運”よりも知性や計算、熟慮などを重視する彼らに反発し、亀裂を入れる存在なのだ(クリス=キリスト、ノラ=「人形の家」の主人公。彼らはともに時代の革命児だった)。

 だが、クリスは財産や出世への欲望も捨てがたく、ノラへの愛欲との板挟みでなかなか決断ができない。

 同じように観客も、クリスの行動に対して感情移入はできないが、他人の苦しみはのぞいて見たい、と相矛盾するニーズのどちらをも手放さない。

 さまざまな伏線が散りばめられているものの、先が読めそうで読めない展開である。
 登場人物たちはお互いに誤解しあい、観る側もミスリードの連続・・・・・・。両者ともに、ウデイ・アレンに翻弄され、宙吊りにされる。
 高所恐怖症の主人公の家庭と職場が、足が地に着かない高いビルにあるのは、この感覚を表している。

 引用の例を挙げてみよう。

 物語が始まって間もなくクリスが読んでいた、ドフトエススキーの「罪と罰」。この小説の主人公ラスコーリニコフの運命は、まさにクリスと重なる・・・・・・。

 同じように最初の方で、クリスとノラは、オペラ「椿姫」を鑑賞する。イタリア語の原題「ラ・トラビアタ」には、「道を踏み外した女」という意味がある・・・・・。

 音楽のひとつオペラ「マクベス」は、クリスの予言~野心~疑惑~陰謀~錯乱へと追い込まれていく状況を暗示している。とくに死者の影に怯え破滅していくマクベスの運命は意味深だ・・・・・・。

 “運”を重んじるクリスと“努力”の人である妻のクロエ。この二人の関係はボタンの掛け違いが多い。
 結婚前にクリスはクロエに悲劇のCDを贈る。クリスの愛読書のストリンドベリと、最後の方で彼が言葉を引用するソフォクレスは、ともに悲劇の作者である・・・・・・。

 だが、この夫婦が、悲劇的な結末を迎えるのかどうかは分らない。
 なぜなら、古代ギリシアの愛の物語『ダフニスとクロエ』では、戦争、誘拐などのさまざまな試練がふりかかりるが、二人は恋を成就するからだ。

 ところで、本作には、成り上がり者の強欲と上流社会の傲慢、軍事大国への批判がしっかりと織り込まれている。

 さらに、「正義」についても、「逮捕されて罪を受けるのが当然、それが正義だ」という考え方とは正反対の立場から描かれている。
 「それで罪をつぐなえるのなら簡単だ」とクリスは言う。

 ウデイ・アレンは次のように主張しているのである。
 「正義とは不可能なものの経験である。
 可能なものの経験ならば責任は“有限”だ。
 不可能なものの経験である時こそ、単なる規則の適用ではない“無限”の責任が生じるのだ」と・・・・・・。
 映画の初めの方の、マッチポイントのショット=「“運”のパラドックス」は、正義のそれと通じている。

 鏡や影の用法はヒチコック風だ。オペラのアリアとともに陰鬱な雰囲気を醸し出している。

 監督がウデイ・アレンであることを忘れてしまうほど、斬新な魅力にあふれた傑作である。

★★★★(★5つで満点)


人気blogランキング
 
(この記事を気に入った方は、ココをクリックしていただけるとうれしいです)

トップページヘ







ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   トラックバック (53)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ココシリ/魂の闘い | トップ | ゆれる/神の試練 »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (moviepad)
2006-08-30 20:40:58
はじめまして。

TBありがとうございました。

こちらからもTBさせていただきました。

引用が象徴するものを理解すればこの映画は数倍楽しめるのですね。★★★★★ですか!僕はアレンファンにもかかわらず(だからこそ?)ラストのぐつつきが気に入らないので★★★★です(笑)
はじめまして (ファイア-)
2006-09-07 17:56:13
マダム・クニコさま、はじめまして。検索よりたどりつき、トラックバックさせていただきました。



LA TRAVIATAやストリンドベリなど、ウディがちりばめている細かい仕掛けをていねいに解説されてらっしゃるのがすばらしいですね。

映画の終わりの方でクロエとクリスが観るミュージカル『白衣の女』も、いま気になっていて、原作を読もうかと思っています。ノラは最初の登場シーンでたしかに白いドレスを着ていましたものね。

この作品は本当に細部までていねいに配慮した作り方がされていて、豊かな世界をもっていると思います。自分のつたない文章力では、とても書き切れない豊穣さです。

Unknown (ココ(ココのつぶやき))
2006-09-09 18:01:12
こんばんは。再びお邪魔致します。

「マッチ・ポイント」おもしろかったですね。

マダム・クニコさんの記事を読んで、「さまざまな伏線が散りばめられている」ということがよくわかりました。自分の教養のなさがちょっと恥ずかしい感じです。

>監督がウデイ・アレンであることを忘れてしまうほど、斬新な魅力にあふれた傑作

この年になって「変身」できるウディ・アレンはまったくすごい人だと思います。TBさせていただきます。
トラックバックと丁寧なコメント、ありがとうございます。 (冨田弘嗣)
2006-09-11 22:50:08
 いつものように、博学の評論を読ませていただいて、流石プロと私などは頭を垂れてしまいます。観たものでしか書けない。

 ウッディ・アレンがもどってきたと思っているのですが、次作はどうなるのか。一過性のものだったりしないことを祈っています。私の青春時代に神様と思った監督なので、駄作を作る末期をみたくない。秀作で終わってほしい・・・そう思い続けています。

冨田弘嗣
はじめまして! (ちーこ)
2006-09-19 21:35:22
丁寧なコメントをいただき、どうもありがとうございました!

マダム・クニコさんの評論、とっても勉強になります。ウディ・アレンは、色々な仕掛けを随所にもぐりこませていたのですね。

またサイトにお邪魔して、色々な映画評を読ませていただきます(^^)
深い作品なんですね (km_achin)
2006-09-19 21:46:08
いろいろな伏線が張られていたんですね。勉強になりました。

なーんにも考えずに映画を観て、イライラしてました。

コメントまでいただき、ありがとうございました。
トラバ・コメントありがとうございます (ひらりん)
2006-09-20 01:42:17
ほんと、言われなければウッディ・アレン監督の作品とは思えない出来でした。

トコロ変われば・・・なんでしょうか。

しかし内容的には、見る者の予想を蹴散らす結末で・・・。

次回作も、期待しちゃいます。
オペラの造詣がなくて、残念だったのですが (skywave)
2006-10-10 23:30:27
コメント&TBありがとうございました。

オペラの造詣がなく、曲の意味するところが、推測できず、残念に思ってたところ、解説いただきありがとうございます。これで、すっきりしました。
こんばんは! (伽羅)
2006-10-13 03:40:13
TB&コメント、どうもありがとうございました!



>監督がウデイ・アレンであることを忘れてしまうほど、

>斬新な魅力にあふれた傑作である



本当にそうですね~。

ハイペースで映画製作をするので、

アレンの創作意欲には、いつも感心してしまうんですが、

加えて今回は、作風までも変えてきていたので、

やっぱり凄いなぁ~!と思ってしまいました。



この作品、私の中ではアレン作品のベスト3に入りますね。

ちなみにあと大好き!なのは、

『カイロの紫のバラ』と『ギター弾きの恋』です♪
予備知識なしに観にいって正解でした。 (YUKI)
2006-10-15 12:50:47
先日、友達に映画のチケットがあまっているということで観にいってきた映画なのですが、とても楽しんで観る事ができました。

伏線などがうまく使われているなと思って感激しました。

それで、この映画世間ではどんな風に評価されているのかなとか気になって探していたら、このページにたどり着きました。

新たに発見する事ができたこの映画の魅力などが理解できました。

DVDが出たら買ってまたよく観てみたいと思います。
なるほど!! (とんちゃん)
2006-10-17 07:45:17
おはようございます。

TB失礼します^^

なるほど~~~オペラの解釈がわかって大変

参考になりました。

凄いですね~~知識豊富で羨ましいです。



最後のトムの台詞は意味があったのでしょうか??良かったら、教えて下さいませ。

ぺこ <(_ _)>

こんばんは (David Gilmour)
2007-06-20 22:45:32
はじめまして、返信トラバ&コメントありがとうございました。

貴ブログを拝見させていただいて、ラース・フォン・トリアーの「マンダレイ」が見たくなり、ぼくのブログでも取り上げてみたくなりました。

それでは、今後ともよろしくです!!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

53 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
マッチポイント(試写会) (Movies!!)
ジョナサン・リス・マイヤーズ、スカーレット・ヨハンソン、エミリー・モーティア、マシュー・グード出演。ウディ・アレン監督作品。制作国/イギリス アイルランド人のクリス(ジョナサン・リス・マイヤーズ)は、英国の上流階級に憧れる野心家。高級テニス・ク ...
運は大切です (藻、たくさんの日々。)
昨日は、もう一つ試写会があったのです。 観たのは、「マッチポイント」。 月島にあるスタジオでの、小規模な試写会でした。 とてもおもしろかった! 最近観た映画の中では、一番よかったです。 テンポよく話が展開していくし、セレブ感もいい。 ...
「マッチポイント」 (てんびんthe LIFE)
「マッチポイント」映画美学校試写室で鑑賞 ウディ・アレンが初めて作ったサスペンス映画。そして全編ロンドンロケ。いつものNYの町並みとは違った作風です。とはいっても前半は全くいつものウデイ・アレンの作品で助走が長い感じがします。主演に抜擢された ...
映画レビュー#23「Match Point」 ★★★★★ (Production Rif-Raf)
基本情報 「Match Point」(2006、アメリカ) 監督:ウッディ・アレン(アニー・ホール、世界中がアイラブユー) 脚本:ウッディ・アレン 製作:Stephen Tenenbaum, Gareth Wiley 出演:ブライアン・コックス(アダプテーション)、スカーレット・ヨハンソン(ロ ...
「マッチポイント」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「マッチポイント」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ジョナサン・リス・マイヤーズ、スカーレット・ヨハンソン、マシュー・グード、エミリー・モーティマー、ブライアン・コックス、ペネロピー・ウィルトン *監督・脚本:ウディ・ア ...
マッチポイント (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
プロのテニス・プレヤーだったクリスは、資産家の息子、トムと親しくなり、その妹のクロエと交際するようになり、トムとクロエの両親にも気に入られます。クロエの父の会社で働くようになり、その中で社会的地位を築き、クロエと結婚したクリスですが、トムの婚約 ...
感想/マッチポイント(試写) (APRIL FOOLS)
ウディ・アレン監督最新作『マッチポイント』8月19日公開。おもろいけど、神様のイタズラにしちゃーお痛が過ぎる幕切れ!  マッチポイント 野心家アイルランド青年・クリス。金持ちトムのテニスコーチとになり、トムの妹クロエに一目惚れされ、上流階級への切 ...
『マッチポイント』 (моя комната ~まやこむなた~)
ウディ・アレンの最新作だが、これまでNYに拘り続けてきた彼が初めてNYを離れて撮った作品である。舞台はロンドン。しかもサスペンス。これまでのアレン節が好きな人には戸惑うかもしれないが、逆にアレンが苦手な私は楽しめた。尚、本作は2006年のアカデミー賞脚 ...
マッチポイント GTFトーキョーシネマショー2006 (レンタルだけど映画好き )
愛に負けるか。欲に勝つか。 それでも人生は、運が決める―― 2005年 イギリス/アメリカ/ルクセンブルグ 監督 ウディ・アレン 出演 ジョナサン・リス・マイヤーズ/ スカーレット・ヨハンソン /エミリー・モーティマー/マシュー・グード /ブライアン・コ ...
マッチポイント/MATCH POINT (我想一個人映画美的女人blog)
今度のウディ・アレンはちょっと違う{/star/} 1.自分は出てない。 2.ベタなコメディじゃない。 3.NYじゃなくって舞台はイギリス 4.全編にかかるのは、ジャズじゃなくってスタンダードなオペラ これまでずっとこだわってたNYを離れイギリスを拠点に活動開始したウ ...
マッチポイント (秋日和のカロリー軒)
根っからの大衆作家  ファーストショットでテニスボールがスローモーションで飛んできて、ネットに当たって真上に跳ねる。さあどっち側に落ちますでしょうか、それが運命の分かれ目でございますと。そのメタフィックな表現は良くわかるが、単にこのスロモ自体 ...
「マッチポイント」~ウディ・アレンの新境地?~ (映画のメモ帳+α)
ずっとウディ・アレンのファンだった。 「アニー・ホール」(1977)、「インテリア」(1978)、「カメレオンマン」(1983)、「カイロの紫のバラ」(1985)....好きな作品はたくさんある。 「ブロードウェイと銃弾」(1994)、「世界中がアイ・ラブ・ユー」(1996)までは ...
マッチポイント (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  これは強運?それとも狂運?  
映画「マッチポイント」 (now and then)
ウディ・アレンの最新作マッチポイントを、恵比寿ガーデンシネマで鑑賞。これも意外や...
『マッチポイント』のイギリス度 (Days of Books, Films)
『マッチポイント』でいちばん興味があったのは、デビュー以来ずっとニューヨークを舞
マッチポイント (映画を観たよ)
ウッディ・アレンは苦手・・・ いつも何か面白く感じないから最近の彼の作品は見ていませんでした。 何がダメかって言うといつも何か引き込まれずに終わってしまうから。 でも今回は面白そうって思ったから見てきました。 今回も最初は大丈夫かなぁ?ってな感じに ...
「マッチポイント」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Match Point」2005 UK/USA/ルクセンブルグ 監督、脚本はウディ・アレン。主演は「ベルベッド・ゴールドマイン/1998」「アレキサンダー/2004」のジョナサン・リース・マイアース。マイアース演じるクリスを虜にするノラ役にスカーレット・ヨハンソン(理想の ...
マッチポイント (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”Match Point”脚本・監督=ウディ・アレン。 ニューヨークを離れて、ロンドンで監督だけに専念した第1作は、ラブサスペンス。皮肉屋ウディ、70歳になってもなお健在!今回はジャズに代わってカルーソーが歌うオペラのアリア。☆☆☆☆
マッチポイント (unaG -2nd Season-)
待望、ウディ・アレンの新作「マッチポイント」です。 NYを離れロンドンで撮影した1作目。 "ウディ...
マッチポイント【Match Point】 (maimai's cinema land)
大好きなウディ・アレンの新作!イチ早く見てしまいました♪去年のカンヌでも話題になってましたよね。 今回は、近年のウディ作品らしからぬ、シリアスで緊張感のある映画でした。ロンドンの上流階級が舞台の、欲望と愛に挟まれた男の運命。ストーリーはシ ...
マッチポイント (Alice in Wonderland)
本日二本目、今年80本目の映画館での映画鑑賞です。梅田ガーデンシネマでの11本目の映画鑑賞でただで観ることができました。 プロ・テニスプレイヤーを引退後、新しい人生を見出せないまま怠惰な暮らしを続けていたクリスは、トムとクロエという見るからに ...
映画:マッチポイント (駒吉の日記)
マッチポイント@シネスイッチ銀座 「人生を賭けたいんだ」 ウディ・アレンの映画で観たことあるのは「スコルピオンの恋まじない」だけかな?好き嫌いが分かれる監督の一人らしいのですが・・・他の作品はどうなんだろう??予告の続きが気になって124分、立 ...
ウディ・アレン監督「マッチポイント」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
「運」についての深~い考察。ウディ・アレン監督最新作「マッチポイント」はネットの上で弾むボールがこちら側へ落ちるか相手側に落ちるか、それはコントロールできるものではなく「運」が決めるものだと、ある種の
マッチポイント (とんねるず主義)
'''『マッチポイント』''' (Matchpoint ウディ・アレン監督 2005 英=米=ルクセンブルク) '''ウディ・アレン'''最新作。 「偶然性の哲学」の先駆者は、日本の哲学者・九鬼周造です。「偶然」とい ...
★「マッチポイント」 (ひらりん的映画ブログ)
ウッディ・アレン監督の最新作。 ひらりん的には、ちょっと微妙な監督さん・・なんだけど、 注目度NO.1女優のスカーレット・ヨハンソンがでてるからねっ。 早いとこ、見とかなきゃ・・・です。
マッチ・ポイント (ココのつぶやき)
監督・脚本:ウディ・アレン  出演:ジョナサン・リース・メイヤーズ、 スカーレット・ヨハンソン、  マシュー・グード、 ブライアン・コックス、 ペネロピー・ウィルソン、 エミリー・モーティマー 2005年 イギリス    スクリーン  ウディ・アレ ...
マッチポイント (まぁず、なにやってんだか)
シネスイッチ銀座でマッチポイントを観てきました。シネスイッチ銀座はいつもレベルの高い作品を上映しているので、何の疑いもなく観に行ったのですが・・・いやぁ、久しぶりにつまらない映画を自腹で観てしまいました(泣)。 ネタバレしている(かもしれない) ...
映画:マッチポイント ★★★★ (百囀りLOGBOOK)
シネスイッチ銀座で見てきました。ウディ・アレンのマッチポイント。 上映45分前から並んでたのに立ち見です。すごい長蛇の行列。。
マッチポイント (活動写真評論家人生)
梅田ガーデンシネマ  ウッディ・アレン監督作品がミニシアターだけの上映になってしまって何年になるだろうか。「魅惑のアフロディーテ」はミニシアターだった。ということは10年以上も前からということだ。 
マッチポイント (金言豆のブログ ・・・映画、本について)
2006年8月19日公開  名匠ウディ・アレンが、今ノリにノッてるミューズ、スカーレット・ヨハンソンを起用して送り出すラブ・サスペンスというふれこみ、  そのスカーレット・ヨハンソンの妖艶な美しさを前面に押し出
「マッチポイント(Match Point)」ウッディ・アレン/ジョナサン・リース・メイヤーズ/スカーレット・ヨハンソン (Cinema,British Actors)
ネットに引っかかったテニスボール。自分のコートに落ちれば負けるし、相手のコートに
「マッチ・ポイント」  Match Point (俺の明日はどっちだ)
コベントガーデンのロイヤルオペラハウスでオペラを鑑賞したり、週末には別荘で乗馬に狩りにポロ、そして夏のバケーションは3週間かけてギリシャで島巡りといったまさに筋金入りの上流階級の家族のもとに上昇志向の強いアイルランド出身の青年がかかわりを持つこ ...
マッチポイント (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
W・アレンが描くロンドンと上流社会のセレブ・ライフ。ウディ・アレンが愛するニューヨークを離れ、初のロンドンロケを敢行。衝動、情熱、裏切り…“あと1点でゲームの勝敗が決まる最後の得点=マッチポイント”をめぐる男と女、“運”に導かれる、スリリング ...
【劇場映画】 マッチポイント (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ アイルランド人のクリスは、英国の上流階級に憧れる野心家。高級テニス・クラブのコーチになり、金持ちの息子・トムと親しくなる。ある日トムに誘われてオペラに行くと、トムの妹・クロエに気に入られる。やがて交際が始まり、クリスはクロエの父 ...
ウディ・アレン監督「マッチポイント」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
「運」についての深~い考察。ウディ・アレン監督最新作「マッチポイント」はネットの上で弾むボールがこちら側へ落ちるか相手側に落ちるか、それはコントロールできるものではなく「運」が決めるものだと、ある種の
今週観た映画その②☆マッチポイント!欲望と運に翻弄される? (銅版画制作の日々)
なかなか観るチャンスがなかった「マッチポイント」をようやく鑑賞した。ご存知、名監督ウディ・アレンがアメリカからイギリスへ活動拠点を移した映画、第一弾主演の男優さんはちょっとホアキン・フェニックス似のジョナサン・リース・メイヤーズという人だ。トム ...
映画「マッチポイント」 ついてる と ついてない (don't worry!な毎日)
 土日と仕事で東京。土曜日の夜映画を見た。 ウッデイ・アレンが監督した「マッチポイント」。    元テニスプレイヤーのクリス。上流社会にあこがれて、そういう人の集まるテニスクラブの コーチになる。ドフトエフスキーは読まないけれど、それをどう読む ...
マッチポイント (Akira's VOICE)
画面で起こる事はどれも好きじゃないのに, 目を離せない人間描写のおかげで, サスペンスを見事に満喫。
ウディ・アレンの「マッチポイント」を観る! (とんとん・にっき)
ウディ・アレン監督の「マッチポイント」を、恵比寿ガーデンシネマで観ました。前回、恵比寿へ行ったときには、時間が合わなくて泣く泣く帰ったので、再度チャレンジして、やっと観られたということです。主演女優は、あの「真珠の耳飾りの少女」のスカーレット・ ...
映画「マッチポイント」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Match Point 人生がすべて、テニスのネットの上のボールのように偶然で成り立っているなんて、偶然に支配されているなんて・・確かに運は大事、こうして悪が蔓延る? クリス・ウィルトン(ジョナサン・リース・メイヤーズ)は元プロテニスプレーヤー ...
マッチポイント (映画とはずがたり)
名匠ウディ・アレンが、 ロンドン上流階級の世界を舞台に描いた、 愛と欲望が渦巻く男と女のスリリングなドラマ! STORY:アイルランド人の クリス(ジョナサン・リース・メイヤーズ)は、 英国の上流階級に憧れる野心家。 かつてプロテニス・プレイヤーで ...
マッチポイント (skywave blog)
ウッデイ・アレン監督のストーリ展開の罠に、もてあそばれてください。 まんまと上流階級の娘婿になり、のし上がったクリス(ジョナサン・リース・メイヤーズ)。しかし、好事魔
マッチポイント (愛猫レオンとシネマな毎日)
ウディ・アレン監督の最新作です。 面白かったです!ワタシのツボにはまりましたねぇ~ 映画らしいと言うか、現実の世界では、こんなに上手く行くはずはないなあ~と。 だからこそ楽しめました。 ラストはドンデン返しというのは知ってたのですが・・・ワタ ...
マッチポイント(05・英) (no movie no life)
見終わった後、こんなに陰鬱な気持ちになるとは思わなかった。 私は、映画を見る前はほとんど情報を入れていかない。 予告編で観るか、せいぜいチラシの上っ面をなぞる程度だ。(だから予告編が情報過多だと困る) 真っ白い頭で映画に臨みたいと言うのと、読 ...
ザ・プレイヤー@マッチポイント (憔悴報告)
『マッチポイント』は優れた映画であり、おれがこの映画から連想したのは『太陽がいっぱい』よりもむしろ『ジャーヘッド』の方だった。
マッチポイント (とんとん亭)
「マッチポイント」 2006年 英 ★★★★★ 中々面白かった!!恋愛物かと思いきや スリリングなサスペンス仕立てで、人生の選択肢というものを 考えさせられる濃厚な人間ドラマだ。 テニスの勝敗が決まる、最後の1球がネットに当たる。向こうに ...
mini review 07025「マッチポイント」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
カテゴリ : スリラー/サスペンス 製作年 : 2005年 製作国 : イギリス 時間 : 124分 公開日 : 2006-08-19~2006-11-24 監督 : ウディ・アレン 出演 : スカーレット・ヨハンソン ジョナサン・リース・マイヤーズ ロンドン。アイルランド人の...
マッチポイント (Match Point) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ウディ・アレン 主演 ジョナサン・リス・マイヤーズ 2005年 イギリス/アメリカ/ルクセンブルグ映画 124分 サスペンス 採点★★★★ 「どーせ男なんて気持ち良ければなんでもいいんでしょ?ムードもへったくれもありゃしない!」と言われる事しばしばでございます...
『マッチポイント』’05・米・英・ルクセンブルグ (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじプロテニス選手を引退したクリス(ジョナサン・リース=マイヤーズ)は、ロンドンのテニスクラブで教えるようになり上流階級のトム(マシュー・グッド)と親しくなる。やがて、クリスはトムの妹クロエ(エミリー・モーティマー)と付き合うようになるが、一方でト...
「マッチポイント」 (シネマ・ワンダーランド)
米国映画界の才人、ウッディ・アレン監督が2005年、初めてロンドンで撮ったラブ・サスペンス「マッチポイント」(W・アレン脚本、124分)。英国上流社会を舞台に、欲望や愛憎が渦巻く人間関係の中で、キャッチコピー「愛に負けるか、欲望に勝つか。それでも人生は...
≪マッチポイント≫ (ミーガと映画と… -Have a good movie-)
マッチポイント 初回限定版 (特別ブックレット付) ¥5,980 Amazon.co.jp (WOWOW@2007/09/16) 原題 MATCH POINT 製作年度 2005年 上映時間 124分 監督 ウディ・アレン 出演 ジョナサン・リス・マイヤーズ 、スカーレット・ヨハンソン 、エミ...
<マッチポイント>  (楽蜻庵別館)
2005年 イギリス・アメリカ・ルクセンブルク 124分 原題 Match Point 監督 ウディ・アレン 脚本 ウディ・アレン 撮影 レミ・エイドファラシン 出演 ジョナサン・リス=メイヤーズ  スカーレット・ヨハンソン  エミリー・モーティマー    マシュー・...
<マッチポイント>  (楽蜻庵別館)
2005年 イギリス・アメリカ・ルクセンブルク 124分 原題 Match Point 監督 ウディ・アレン 脚本 ウディ・アレン 撮影 レミ・エイドファラシン 出演 ジョナサン・リス=メイヤーズ  スカーレット・ヨハンソン  エミリー・モーティマー    マシュー・...