塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

シャワーサンダルの在り方について

2017-07-18 00:56:49 | 日記
 街中でニューバランスやナイキのシャワー・サンダルを履いている人を良く見かけます。

 僕個人はシャワーサンダルは部活の後に用いる、リラックスした履物、という理解ですのでこれらを街履きにするのは止めた方が良いと思います。

 シャワーサンダルは甚平のようなもので、家でくつろぐ、縁側でのんびりするには良いと思いますが、街中で使用する際は脚がむき出しですから、怪我をする可能性が必然的に高まります。

 今は暑いですから、スタジアムでもサンダル履きは多いと思います。

 パルセイロは今ナイトゲームが多いわけですが

 1・虫刺されに注意
 2・雑踏の中で他人に足を踏まれる危険
 3・仮に怪我をすれば、甲や爪など負傷箇所が多岐にわたる可能性

 はあると感じますがどうでしょうか。

 シャワーサンダルは当然水に強いですし、風も心地良いのでしょう。

 僕が古い考えの持ち主なのかもしれませんが、衣類、道具類は用途に応じた扱いをしてこそ、初めて魅力がわかると思います。

 キャンバスシューズやデッキシューズでも夏の雰囲気はでますし、シャワー・サンダルは自宅で快適に過ごす道具として考えてみてはどうでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サッカーにおいて体格とは何か | トップ | パルセイロ・レディースの発... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。