塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

上司に必要な姿勢、それは自分の誤りを認めること

2016-08-30 01:44:14 | 日記
 昨日、同僚から

 「主任が責任者会議で席を外れるから、主任業務を代理で15分だけ行ってほしいそうよ」

 と教えられ、実行しましたが結局その業務は60分に及びました。

 僕からすれば自分の業務を「捨てて」代理で入った、しかし4倍の時間をついやした形となり、自分が本来行うべき業務が大幅に遅れてしまいました。

 僕が敬愛する作家は何人かいますが、皆、基本同じことしか伝えていません

 「店の人間をいじめるな」 
 「時間に遅れるな」
 「てめえ一人で生きていると思うな」
 
 簡単に言えば他人を敬意を払う事を忘れるな、ということでして、僕は自分の変わりに業務代行をしていただいた際は

 「ご面倒をかけました」

 と一言、必ず添えます。

 しかし、上司や責任者というのは、自分の都合で別人の時間を奪っても悪いとも思わない、当たり前だと思う人種で、非常に不愉快な気分になります。

 僕が選手ならば、アンチェロッティはとても魅力的な監督です。

 それは彼がミラン、チェルシー、レアル、そしてバイエルンと名門を率いてきた、からではありません。

 レッジアーナ、ユヴェントスやパルマ時代はこっぴどく批判されてきましたし、特にパルマ時代、ゾラの処遇を巡ってひと悶着あったことは有名ですよね。

 アンチェロッティは自分のミスを、しっかりと認識して謝罪できる指揮官であること。

 ここが重要だと思います。

 「ユヴェントス時代、アンリを半年でアーセナルに放出したのは、私の完全なミスだ」
 「彼に謝りたいと思う」

 これだけの優勝回数を持つ指揮官が、こうして誤りを認めるならば、選手がその気持ちを慮るのも当然だと思いますね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野心がある、無いを考慮する | トップ | 興奮しすぎることのマイナス点 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-09-04 17:32:10
嘘ついたらアカン

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事