塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

レイソル、ヨネックスと長期契約、そして

2016-11-20 00:36:45 | 日記
 最近、世界のジャージ情報のみを集約した「ユニ11」というホームページを閲覧するようになりました。

 製作者の方がどのように情報収集しているのかはわかりませんが、本当に世界中のジャージ情報が網羅されています。

 今驚いたのはサントスがカッパと契約している点で、ナイキとの契約はいつ終えたのでしょうか?

 むしろナイキよりもアンブロの方が印象が強いとも言えますが。

 そのユニ11の中に、レイソルがヨネックスと更に契約を5年延長し、2022年までの契約に合意したとあり、レイソルの公式ホームページ等を眺めていましたら、懐かしい顔に出会いました。

 彼の名前は

 「ノグチ・ピント・エリキソン」

 ブラジルから帝京高校に進学し、柏レイソルの在籍経験を持ちますが、彼、実はバドウ時代の長野パルセイロにも在籍経験があるのです。

 当時のパルセイロは今のような選手全員がプロ契約ではなく、冬になると人工芝の千曲市サッカー場で練習しており、無料見学のために僕も何度かでかけたことがあります。

 車の中から彼が手を振ってくれたことがありましたね。

 彼が今何をしているのかはわからないのですが、かつてレイソルで指揮をとった石崎監督が、契約を終えて山形を退団するので、ノグピン(当時のパルセイロファンはこう呼んでいました)が恩師に気持ちを伝えたんですね。

 当時のパルセイロは棗、海野、ノグピンなどなかなかの正GK争いが白熱していた時期で、佐藤や小田など、今では懐かしいメンツがノールを追いかけていました。

 パルセイロも幾度かOB戦を行っていますが、当時を振り返る企画があると嬉しいですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アンダーアーマー躍進の理由... | トップ | 改めて思う監督の人選はどう... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。