塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

週刊ながのスポーツ、ボアルース長野を特集する

2017-06-17 11:20:45 | 日記
 先ほど放送された「週刊ながのスポーツ」の巻頭特集は、フットサル・クラブ、ボアルース長野でした。

 今月11日の北信越リーグ開幕戦は、南長野運動公園内にある体育館で行われ、僕も機会があれば出かけてみたいと考えています。

 本拠地はホワイトリンクになるのですが、現在はシャトルの運用が無いはずですから、僕のように車は所有しているがバスを使いたいという方のために、是非検討をお願いしたいものです。

 この開幕戦には、パルセイロ・ファンも多く観戦に訪れたと思います。

 土橋元アンバサダーがボアルースのGMに就任したことはよく知られています。

 選手でもパルセイロ出身の野澤と高野、そしてレディースの橋浦が運営に関わっていることで、パルセイロ・ファンはクラブに思い入れを持つと思いますよ。

 スポンサーはデンサンやマクロンが名を連ねます。

 ボアルースは比較的メディアへの登場回数が多いですし、ファンの認知度も今後は急激に拡大していくと思います。

 ミズノやアシックスなど大手だけでなく、ホマ、ケルメ、ペナルティなどフットサル・シューズの製造は、スポーツ・ブランドにとっても大きな武器となりつつあります。

 松本、塩尻、木曽周辺のサッカー熱は、山雅が担っています。

 長野、千曲、須坂周辺の熱は、パルセイロ、パルセイロ・レディース、そしてボアルースと単独ではなく複数で熱が起きようとしています。

 この現象もなかなか興味深いと言えます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロナウドのレアル退団の信ぴ... | トップ | ライオラの思惑、ユヴェント... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。