塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

アマチュアの中にその国サッカーが見える

2017-06-18 13:52:11 | 日記
 リベルタス千曲の試合を観戦しようと考えたのは、徒歩10分でサッカー場につけることもそうですが、何より

 「観戦料金が無料」

 という意味合いが強いのです。

 昔はパルセイロも無料でしたが、強化費という形で500円を徴収するようになり現在に至るのですが、アマチュアでもやはりサッカーは厳しいと思いました。

 それはこれら金銭面ではなく

 1・フィジカル・コンタクトは避けられない
 2・選手から審判に容赦なく声がかかる

 というものです。

 「今、顔面に肘が入ったよ!!」
 「マイボールじゃないのか」

 など多くの声が審判に向けられ他光景を見ると、サッカーで一番過酷なポジションは、代理人、GM、監督ではなく審判ではなかろうかと思うほどでした。

 試合はリベルタスが4-0で勝利しましたが、両クラブともに

 無暗にロングボールを蹴らない
 GKが常に大きな声でコーチングをする
 サイド・チェンジで相手を揺さぶり、フルバックが駆け上がる姿勢

 が見られたことは大きな収穫でした。

 バルセロナがティキタカで一世を風靡したことは有名ですが、マイボールを維持できればフィジカル・コンタクトで怪我をするリスクも減りますし、相手の体力を奪うこともできます。

 下部リーグや学生サッカーには、その国のサッカーの本性が現れている、そう思えた時間でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千曲市サッカー場でリベルタ... | トップ | サッカーにおける「浪漫」は... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。