塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

アルゼンチン代表、予選で苦戦が続く

2016-11-12 00:11:57 | 日記
 ワールドカップにオランダの姿がない時代がありましたね。

 最近では韓日ワールドカップの2002年がそうで、多くのファンが落胆したものです。

 ではアルゼンチン代表がいないワールドカップは実現してしまうのでしょうか?

 ワールドカップの歴史上、予選落ちの経験がないのはセレソンだけで、他の国々は予選敗退を経験しているものですが、アルゼンチンとなると勝手が違います。

 1978年と86年の2大会で優勝し、2014年は準優勝
 マラドーナ、ケンペス、パサレラと優勝時に大きな希望を与えた代表選手たち
 多くの海外リーグがアルゼンチン代表の選手たちを必要としている

 ように、アルゼンチンはサッカーの世界でいつも主役です。

 しかし、度重なる監督交代の影響もあるのでしょうが、このままでは南米予選で敗退の恐れもある、と囁かれています。
 
 代表に興味がなく、クラブだけが大切なアルゼンチン国内のファン
 バルサやシティなど、主力を抱えるクラブのフロント

 彼らは仮にアルゼンチンがワールドカップに出場しなければ、メッシ、アグエロが休暇を取れて喜ぶかもしれません。

 それはディバラとイグアインがいるユーヴェも同様ですが、逆に選手たちから緊張感を奪う材料にもなるでしょう。

 エクアドルやボリビアの高地開催問題
 ヴェネズエラのように、以前よりも力を確実につけている国
 セレソンという宿敵

 これらの材料を思えば、南米予選は大変難しいことがわかります。

 今、アルゼンチン国内で代表がどのようにみられているかはわからないのですが、不安は高まっていると予想されます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もし僕が一から商売を始める... | トップ | 僕が思うサウジアラビア戦の... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事