塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

広島、降格圏内でもがく現状

2017-05-15 01:25:47 | 日記
 広島、監督交代は起こりえるでしょうか?

 まず今季のJ1は、最下位の新潟が監督交代に踏み切り、新監督の呂比須ワグナー氏が1-6で敗れた試合をすでに視察しています。

 一方で大宮は息を吹き返しつつありますし、札幌には都倉という絶対的な軸になれる選手がいます。

 広島にもミキッチのように外国籍でありながら長年在籍している選手、工藤や青山のように日本代表やリーグMVPに選出された選手がいますよね。

 サッカーの不文律ではありませんが

 「監督には就任する監督と更迭される監督の2種類が存在する」
 「選手をすべて入れ替えることは不可能だ」

 という点を考えれば、監督の交代は補強策のいずれかで、降格圏内から脱出せねばなりません。

 過去3度優勝経験を持つ広島からすれば

 「すでに対戦相手から研究されつくしている」
 「3-4-2-1という布陣を知らしめた功績」

 など、思う点はいくつもあると思います。

 広島ファンからすれば、自分たちから主力を惹きぬいても、出し抜く形で順位が下となる浦和に関しては、これまで優位性があったと思うのでしょう。

 僕のようにダイジェスト映像でしか判別できない人間でも、広島の深刻さは非常に大きいように思います。

 彼らは過去、2度の降格経験があるわけですが、現在のような優勝を味わう前の出来事でした。

 だからこそ、深刻さがより鮮明という皮肉な面もあるのですが。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アディダスが作ったグリッチ... | トップ | サッカー選手にとっての万年... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。