塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

子供を懸命に護る親の姿

2017-05-14 01:02:24 | 日記
 我が家には3年前に他界した雌猫がいました。

 彼女は野良であり、飼い猫としては4年の歳月でしたが、野良の時代から含めても本当に素敵な時間を与えてくれました。

 野良、雌猫ということもあり避妊手術が行き届かったために、お産を幾度か繰り返しながらたくましく生きていました。

 母が今でも溜息まじりに

 「早い段階で飼ってやって、手術してあげればよかった」
 「頼るオス猫がいない中での出産、心細かっただろうね。いったいどこで出産したのか」

 と語ります。

 野良ですから常に子猫を護る事が出来ず、必死の形相で走り回っていた光景を母は目撃したとのこと。

 我が家で飼い始めた当初も6匹の子猫を生み、母が黙って5匹を間引いたんですね。

 命を奪うことへのためらい、新しい命を迎えることのうれしさなど、母にも僕たちにも葛藤がありましたが、残りの一匹を全力で護る母としての姿に、僕たちは本当に感銘を受け、世知辛い人間世界を振り返るほどでした。

 メッシのご両親も、やはり切なかったでしょうね。

 我が子が思うように成長しない
 しかし、我々の給料では息子の治療薬捻出できない。

 彼には生まれながらに宿ったサッカーの資質があり、アディダスを筆頭に多くのスポンサーがつきますが、その素朴な性格は幼少時代における両親の苦悩にあると思います。

 バルサから仕事と金銭面の補助が決定した。

 しかし同じスペイン語とはいえ、バルセロナに住む決意はそんな簡単にはいかないでしょう。

 しかし、メッシのご両親は命がけで息子を育てようとした。

 その熱意とひたむきさが、今の彼を支えていることは間違いありません。

 今の日本は子供が行きづらい形ですが、今後どうしていくべきか思い悩む方はおおいでしょうね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トッティ、引退はしないのだ... | トップ | 飼い猫と別れる瞬間に感じた事柄 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。