塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

サッカーにみる、良い品を安く買う形

2017-04-20 19:38:54 | 日記
 仕事着が重要であることは当然ですが、一方ですぐ汚れる、袖口が痛むという問題を僕も皆さんも抱えています。

 ですから雑誌掲載品である一万円以上のネクタイ、二万円以上のシャツは多くの職場の業務とかけ離れていると思いますし、イージーケアのような着心地を無視して、より頑丈な商品を選ぶ。

 という形になるのは否めない側面があります。

 僕個人はネクタイは中古かセールで買うことが多いですね。

 特に中古品は

 「えっ、このブランドがこの価格なのか、嬉しいなあ」
 「これは良さそうだぞ」

 と思う品が結構見つかるものです。

 それはJリーグがカンボジアやタイ、ヴェトナムなど東南アジア諸国から質の良い選手を獲得しようと思うことに似ています。

 つまり、良い選手(ネクタイ)を安い金額で入手する
 現地でクリニックや地域貢献を行うことで、Jクラブ、ひいては日本やその地域を身近に感じてほしい(質の良いネクタイでやる気を促す9

 これらが持続すれば、かつて日本人が嫌った

 「日本人選手の獲得は単なる商業主義である」

 という言葉を切り離すことができると思います。

 僕は今日、実際中古で英国を代表する「ドレイクス」のネクタイを、3桁で購入しました。

 これは英国生産ではなく、日本のフェアファックスが手掛ける商品ですが、ロウ・シルクと呼ばれる、表面を意図的に洗くしたシルクを用いています。

 けば立っているので、もしかするとこれが傷と買い取る側が判断したのかもしれません。

 サッカーでも故障明けの選手はなかなか信頼が得られませんが、信頼して使ってもらえば結果を出せるというやる気に満ち溢れていると、思いたいものです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ファンがクラブを支える気概 | トップ | モナコ、チャンピオンズ・リ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。