塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

ディアドラ、あの名品をイタリア製で復刻へ

2017-07-16 01:09:03 | 日記
 ディアドラが1994年ワールドカップの際、ロベルト・バッジョに提供した「マッチ・ウイナー」を、数量限定で復刻すると言います。

 昨年発売された「ブラジル」同様、本国イタリアでの生産になるのですが、懐かしいと感じる方は多いでしょうね。

 面白いのはこの情報、僕がよく閲覧する「コーヘイズ・ブログ」に掲載されているものの、ディアドラ公式ホームページには未掲載という点です。

 ディアドラとしては、まだトップ・シークレットなのでしょうか。

 ディアドラのアイコンとして黄色のアッパーにラインが黄色、という配色が思い浮かびます。

 ファン・バステンはオレンジ、ジュゼッペ・シニョーリがライム・グリーンと、契約選手によってラインの色が違っており、バッジョの愛用品はイエローという形になります。

 このデザインを踏襲した最新作も準備されるそうで、ディアドラ好きは注目すべきかと思います。

 日本でもバッジョの人気はけた違いですが、それは彼の怪我の多さも理由かもしれません。

 幾度も故障を経験しながらも、サッカーをあきらめることは無かった
 サッキやカペロ、リッピなど、指揮官との諍いが起きても、現実から目をそらさなかった
 妻と子供のいる家庭を常に大切にし、懸命にリハビリに励んだ

 これらは並大抵の出来事ではありません。

 1999年のジョモ・カップで来日した際、多くのファンが歓迎したほど彼の存在は大きいものでした。

 一度ディアドラの契約が切れた空白の時、バッジョはカッパを履きましたが最終的にはディアドラと再契約します。

 バッジョとディアドラの結びつきが今回のマッチ・ウイナーで感じられることは、改めて素敵だと思いますね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マクロンが急激にシェアを伸... | トップ | 年末のクラブ・ワールドカッ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。