塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

シボレー、引き続きユナイテッドの胸を飾る

2017-07-05 00:38:59 | 日記
 日本国内ではフォードとクライスラーが販売から撤退しています。

 クライスラーはジープに限り販売を継続するのですが、GMは代名詞であるキャディラックの日本語公式ホームページもありますし、まだ存在感があります。

 GMと言えばキャディラックの他に「シボレー」が有名ですよね。

 実は僕が免許を取得して初めて購入したスズキの軽自動車「KEI」には、同じ車種でシボレーのロゴマークが付けられた「クルーズ」という品もあったのです。

 なぜここまで車、とくにアメリカ車の話をしたかと言いますと、シボレーがアディダスと共にユナイテッドをサポートしているためです。

 ナイキからアディダスに契約変更した初年度から、ユナイテッドの胸元にはシボレーロゴが表示され、ディ・マリアやラダメル・ファルカオという有名選手たちが袖を通してきたのです。

 米国市場ではこの3ブランドは今でも大きなシェアはあるのでしょうが、シボレー(GM)とすれば

 1・2000年代中期の破産という過去を改めて払拭する
 2・そのためには世界中で認知されているサッカー、名門のユナイテッドをサポートする
 3・チャンピオンズ・リーグで自社のロゴマークがテレビに映し出される

 事を期待していたはずです。

 車を選手に提供しているかまではわかりませんが、今のところユナイテッドの成績はシボレーが当初、描いていたものではありません。

 日本では小型車のように、最小半径が短く狭い道路で運転しやすい車が人気なのも頷けます。

 アイ・サイトやハイブリッドという技術も日本生まれですし、アメリカの車というのはむしろ米国のような豪快な国で輝く代物だと感じる次第です。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガラタサライは日本の背番号... | トップ | 長友、結婚式から始まる新し... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-07-05 23:43:27
イオンのかた?

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事