塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

今から思うチャンピオンズ・リーグ決勝の行方

2017-05-12 01:11:06 | 日記
 カーディフで行われるチャンピオンズ・リーグの決勝はユヴェントス対レアル・マドリーとなりました。

 これらを両クラブの視点で考えますと

 1・ユヴェントスの視点
 勝てば1996年以来3度目の優勝となり、優勝回数はインテルと並ぶ形になる。
 リーグ6連覇と合わせ、莫大な利益を得られる形になる以上に、カルチョ復権の土台となるかもしれない

 2・レアルの場合
 遂に2連覇を果たすクラブとして名前が刻まれる可能性あり。
 また優勝回数12回となれば、ミランの7回を圧倒的に上回る、偉大な記録となる。

 というように、どちらにも名誉が転がり込みます。いじいいい

 またジダンは両クラブで活躍しましたから、胸中は複雑かもしれません。

 最後は工業都市であるトリノが持つある種の冷淡さ、そしてカルチョのストレスに参ってしまいましたが、ボルドーから移籍し、真の名手となる土台となる存在は間違いなくユヴェントスにあります。

 そして明るい太陽、ヴェロニカ夫人のふるさとで過ごす現在を思えば、過去のノスタルジーが不要であることも確かです。

 ユヴェントスの3-5-2が堅守を見せてきたことは確かですが、両翼に強烈な個性を持つレアルに対し、アレグリが3-5-2を維持するのか、4-4-1-2を用いるのか。

 この点も勝負を左右するように思います。

 ブフォンからすれば、これが最後のチャンスでしょうし、ユーヴェが優勝すればフィアットの株も上昇するかもしれませんね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コーチと両親が口出しする重... | トップ | アルビレックス新潟、政権交... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。