塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

横山久美、ハットトリックでヒーロー・インタビューへ

2017-05-20 18:19:19 | 日記
 6得点で快勝と周囲は考えても、本田さんの目にはまだまだ改善点が多い試合のようでした。

 僕は今日、長野パルセイロ・レディース対ちふれASエルフェン埼玉の試合を、テレビ信州の生中継で楽しみました。

 この試合、横山久美がハットトリックを達成したのですが、解説を担当した西村岳生氏と丸山桂里奈さんが呆れてしまうくらいの技術と運動量でした。

 西村さんは過去、パルセイロでジュニアユースの監督を務めていましたし、2011年のドイツ遠征にも帯同しています。

 当時のレディースは今のような観客動員もなく、そもそもスタジアム自体が規定を満たしていませんでしたから、解説を依頼されたときは様々な思い出が蘇ったのではないかと感じます。

 おふたりが試合中、中継を担当した菅野アナウンサーと語ったのは

 「ぜひともライブで試合を観戦してほしい」
 「本当に素晴らしいスタジアム」
 「長野の地でなでしこ1部の試合が観戦できるすばらしさ」

 であり、事実その通りだと思います。

 イヤーブックを確認すれば、この数年でレディースのスポンサーがどれだけ充実しているかがわかりますし、横山、國沢という代表選手も誕生しました。

 神田や林崎のようにアンダーの世代で代表招集されている選手もいますし、何より本田さんが獲得した選手は、地道に研鑽を積んでいますよね。

 こうした

 「応援しがいのある選手獲得」
 「スタジアムのすばらしさと定期的なテレビ中継」

 が、パルセイロ・レディースの価値を上昇させていると感じます。

 しかし、6億点でも改善点があると語る本田さんは、やはり凄い方です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017シーズン、パルセイ... | トップ | 機械音痴の僕なのですが »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。