塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

ロット、日本市場で新しい展開へ

2017-03-30 01:24:03 | 日記
 ロットが広告塔に戸田和幸氏を起用して、日本市場での巻き返しを図ろうとしています。

 最近海外サッカーに関心を抱き始めた方は、ロット、と聞いてもピンとこないかもしれません。

 現在はマインツ、ラ・コルーニャなど、通好みのクラブを支援する通好みのブランドの印象が強い一方、90年代から2000年代までのロットは、ディアドラ、カッパと同様に

 「イタリアの老舗」

 の地位を守っていました。

 ミランとユヴェントスもロットと契約していた時期がありますし、契約選手もカフー、アルベルティーニ、フィオーレとブラジル代表とイタリア代表で活躍する選手が存在しました。

 中でも有名なのが

 ウクライナ代表FWシェフチェンコ
 イタリア代表FWルカ・トニ

 との契約であり、トニは引退までロットを履き続けましたね。

 日本でロットが急激にシェアを落としたのは、スパイクやジャージの品質よりも、

 他のブランドのような、一目で有名とわかる選手が契約下にいなかった
 ロットのジャージは価格がこなれているために、ブランドの求心力が下がってしまった

 という2点が僕としてはあると思います。

 戸田が韓日ワールドカップの際はプーマを愛用していましたが、ロットの要望にどう応えていくかが注目されます。

 日本では高齢の皆さんが安心して暮らせるように、様々な試みが模索されていますし、ジャージの需要もこれから伸びるように思います。

 ある意味、日本の年齢層とその生活様式は、他国から見れば格好のサンプルかもしれません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナイキ、トップを走り続ける... | トップ | 指揮官にとってセンスとは何か »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。