塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

ポドルスキ、遂に神戸の一員に

2017-07-08 01:20:06 | 日記
 ルーカス・ポドルスキが遂に神戸に到着し、話題を独占しています。

 アシックス、カワサキなどヴィッセルのスポンサーにも好影響を与えそうなこの移籍は、別の意味合いを持ちます。

 欧州では選手、監督は基本、メディアからのインタビューを断ることはなく、分け隔てなく接すると聞きました。

 確かに広報や選手からすれば

 揚げ足をとるような記事の執筆
 移籍が決まりかけている選手にインタビューのオファーがきた
 誘導尋問の形で内情が暴露される

 事は本当に嫌でしょうし、メディアも重々注意しなくてはなりません。

 成田空港や関西国際空港に降り立つ映画俳優が、手を振る、挨拶をすることで見送りに来たファンの自尊心が満たされるように、ポドルスキも丁寧にファンと接したと聞きます。

 日本の選手は同じことしか言わない
 日本の選手はおとなしい

 こう指摘される背景は、今挙げた3つの理由によるところが多いと思います。

 一方で自分の言葉で意見を紡ぐこと、これは説明という観点よりも、どのような単語で話をすれば、相手が理解しやすいのかを学ぶには最適の教材でもあると思います。

 英国で指摘されるように

 「センス・オブ・ヒュマーの無い会話はつまらない」

 とありますが、比喩や暗喩を用いながら意見を述べられるようになれば、それは素晴らしいと思います。

 フォルランもポドルスキも懸命に日本語を覚えて挨拶をしました。

 この心意気、日本人選手も取り入れてほしいで素ね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 穴の開いたスパイクを履く、... | トップ | 主要項目以外にお金を使う大切さ »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。