塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

女性に対する価値観。変化の兆しはみられるが

2017-07-01 00:09:00 | 日記
 時々、母がこう漏らします。

 「母ちゃんも、じいちゃんとばあちゃんにもっとかまって欲しかったよ。」
 「そうしたら今頃、苦労せずにもっと常識を知っていたかもしれない」

 母が誕生した昭和20年代前半は、当然戦争の名残強く、国民の多くが第一次産業である農業に従事し、現在のように大学へ進学できる人間はごくわずかでした。

 幼少期、母の実家に行くと、葡萄の栽培から蚕の飼育まで手掛けており、今から思うと祖父母、母からすれば両親が時間に追われていたことは容易に想像できます。

 ましてや当時の価値観は

 女性は結婚、出産で家族の核となる
 進学はせず、就職して職場で巡り合いを果たす

 という観念だったはずです。

 でも、母は携帯電話もパソコンも出来ない反面、鍬や鎌を器用に操りますし、肥料の見分け方から雑草取りまで、それは堂々としています。

 これらの道具を原始的と思うのかどうかは個人の判断ですが、

 「パソコンを操れることは素晴らしい、同様に鍬で畑を耕せることも素晴らしい」

 と考えるべきではないでしょうか。

 なでしこリーグの選手たちは、セミプロ、仕事と練習を掛け持ちして試合に挑む日常を繰り返します。

 高倉日本代表監督はリーグの黎明期を知る方ですが、裾野は広がったが待遇そのものはもっと改善されるべき、と感じているように思います。

 マラドーナが権威、例えばヴァチカンに

 「建築物の金箔をはがし、貧しく飢えている人間を救え!」

 とかみついたのも、自分が貧しいことだけでなく、契約書やインタビューで自身が納得できない文言や単語が並んだため、と勝手に想像します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アントラーズがJ1の名門であ... | トップ | 改めて思うロシアの気候と風土 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。