塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

スパイクのデザインが劇的に向上している今

2016-12-28 22:44:31 | 日記
 バッシュの世界では1980年代から、選手名や背番号が刺しゅうされたデザインが登場します。

 ナイキのエアー・ジョーダンが触発となったのは周知の事実で、以後リーボックのシャキール・オニール、フィラのグラント・ヒルモデルを軸に、様々な選手デザインが登場します。

 時代の潮流と言えばそれまでですが、コンバースは看板選手のひとりでジュリアス・アーヴィングが引退する1986年、控えめな刺しゅうが施された彼専用の靴を発表します。

 彼のニックネームをそのまま用いた「ドクターJ」が刺しゅうされたのですが、それだけ時代の感性を捉えるのは、老舗であっても難しいのでしょう。

 以後の契約選手の代名詞、ラリー・ジョンソンの靴も当初は背番号2が刻まれるだけで、彼の名前入りの靴は簡単に登場しませんでした。

 サッカー・スパイクも、今は画家がキャンパスに描くがごとく、凄まじいまでのデザインが見られます。

 アディダスが2015年に、ルイス・スアレス専用モデルとして用意した、F50のデザインは

 「天使と悪魔」

 を題材に、もうスパイクの概念を超えた形で登場しました。

 僕個人はあれだけ極端なデザインが流行しては敵わないと思いますが、選手の背番号が刻まれる、選手名がそのスパイクに付けられることは、もっとあっても良いと思いますね。

 もし僕が選手であったとします。

 スポーツ店のスパイク売り場で

 「ねえ、塚田選手愛用のスパイクがほしいよ!!」

 という場面を見かけたら、嬉しいでしょうねえ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 過去の反省から現在を生きる | トップ | 地震が頻発する昨今を振り返る »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。