塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

改めて思う、サッカー用具の幅広さ

2017-04-21 00:51:58 | 日記
 僕はFリーグの映像を見たことはありますが、実際の試合はみたことがありません。

 一方でFリーグが現在、冠スポンサーにデュアリグ、審判へのジャージ供給はマイター、そして公式スポンサーに読売新聞、スポーツ・ゼビオなどの大手が名を連ねていることがわかりました。

 デュアリグ、僕は勝手にブラジル生まれではないかと想像していました。

 実際はフランス生まれの企業であり、フランス国内では僕たちが思う以上に認知されている様子です。

 最近は普段着でも取り入れている方を見かけますし、日本での知名度も上昇していると言えます。

 デュアリグはマイターと同様に、サッカーボールの生産を得意としています。

 詳しいことは公式ホームページを閲覧して頂きたいのですが、改めて思うことはサッカー用品は幅広いという点です。

 ウール・シュポルトとロイシュ キーパーグローブの生産で有名
 マイター 200年の歴史を持つサッカーボール製造の第一人者
 モルテン 日本のスポーツブランドで2003年にはパルマにサッカーボールを提供

 というように、ジャージ、スパイクだけでは確かにサッカーは出来ません。

 僕はどうしてもスパイクとジャージの新作だけに目が行きがちなのですが、今後はもっと用具を幅広く知る必要があると感じた次第です。

 例えばディアドラがイタリア国内で審判を支援していますが、ゴールやゴールネット、ホイッスルなども必要な用具であることを考えれば、より知識は広がってゆきます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モナコ、チャンピオンズ・リ... | トップ | モナコがもし欧州王者に輝い... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。