塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

馬鹿な事柄と思える事、相手への希望事項

2015-05-02 00:29:55 | 日記
 皆さんも妻、夫、交際相手に

 「これだけは尊重して欲しい」

 と思う事柄があるでしょうね。

 サッカー好きならば観戦と、いくらかのファングッズ購入費用は大目に見て欲しいでしょうし、交通費もばかになりませんから、様々な形で工夫していると思います。

 僕の場合ですと

 「同じ題名の本を、複数買う事」

 かもしれません。

 実行に移してはいませんが、海外名作の翻訳は版権を複数の出版社が所有していることがあります。

 例えば僕は「グレイト・ギャツビー」を、まずは新潮文庫版で読み、今は村上春樹さんが手掛ける中央公論版で読み直そうとしています。

 これは3日、南長野に出向く際のお供になるのですが、違う訳者による文章の違いを感じること、多角的な視点を持つ事は、読書でもサッカーでも実生活でも役に立つと想像しています。

 一番きついのは

 「もう同じもの持っているよね」
 「馬鹿じゃないの」

 と、自分の考えを全否定されることですが、まずは下手な口出しをせず、傍観してほしいものです。

 サッカーが様々な角度から俯瞰してみることで、今まで見えなかったものが見えてくるように、実生活でも視線を磨く事は必要のように思う、というのは僕の強がりでしょうか。

 でも本を読まない方からすれば、書棚に同じ題名の本が数冊ならんでいるのは奇妙でしょうし、単なる好奇心で
 
 「同じ本一杯あるねえ」

 えお尋ねるかもしれませんが。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現実か、それとも夢うつつか | トップ | 特殊詐欺を撲滅させるために »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
縦、横、斜め (檸檬)
2015-05-19 19:26:26
いつもブログ楽しく拝見しております。

海外の名作は様々な訳がある。原文を違った角度から吟味できることはこの上ない喜びですよね。
縦、横、斜め様 (塚田盛彦)
2015-05-20 00:16:53
 僕のブログを読んでい只木、ありがとうございます。

 また、お名前を判読できず、題名でお返事で申し訳ありません。

 ご指摘の通り、海外文学には様々な翻訳があり、自分に合った訳を見つけると、それだけで嬉しいですよね。

 今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事