塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

ミズノ、驚きのブランドとタッグを組む

2017-05-16 18:09:18 | 日記
 改めて思うのですが、シューマートは凄い店舗ですね。

 長野市周辺でスニーカーがほしい方は、恐らくシューマートの長野稲里店に出向くと思います。

 一方備品も充実しており、コロンブス社が手掛ける「ブート・ブラック」の靴クリーム、同社のミンクオイルなどいつ出かけても楽しめる空間です。

 スニーカーも日本生産のコンバース、パトリック、スピングルムーブにミズノ、そして米国産ニューバランス、リーボックのポンプシリーズに28センチ以上の大きいサイズに至るまで、それは凄いものですよ。

 ちなみに今日出かけて発見した驚きが

 「ミズノとランボルギーニのダブルネームのスニーカー」

 が発売されており、しっかりと取り扱いがあったことです。

 ミズノがサッカー、陸上、野球を軸に多くの競技を支援、そして絶大な信頼を得ていることは有名です。

 そんな彼らの物づくりに対し、共感したランボルギーニと共にスニーカーを発売した、という形なのですが、モデルによっては税込価格42120円と、ちょっと手が出しにくい価格設定。

 ここがミソだと感じます。

 モレリアもモレリア・ウエーブを軸に派生形が存在します。

 しかし、それらの全ては割引になることは多くありませんが、皆こぞって買い求めるのは、価格と品質、それ以上に使用年数に文句がないからですよね。

 このコラボレーション・スニーカーは、ソール全体にミズノ・ウエーブを搭載しており、絶妙な履き心地を得られます。

 僕は今日まで両社のコラボレーションについて全く知らなかったのですが、今後も継続するならば発売の度に大きな反響があると言えます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フェイエノールト、遂に国内... | トップ | 高値を付ける商品に関して »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。