塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

改めて考える対オーストラリアの人選

2017-08-13 01:01:36 | 日記
 4部のクラブということは差し引いても、マインツ所属の武藤がドイツ・カップで2ゴールというのは良い兆候ではないでしょうか。

 開幕したプレミアでもレスターの岡崎がゴールを決め、前線の柱になりつつある大迫の負傷を、両選手が補えるかもしれません。

 それは招集されればの話ですが。

 今ヘルタの原口が契約問題が尾を引き、アウグスブルクの宇佐美も本調子ではないでしょう。

 そうしますと3トップでオーストラリア戦に挑むのであれば、1トップを岡崎、もしくは初招集が見込まれる杉本、右翼に久保、左翼に武藤という布陣があってもおかしくはないように感じます。

 4-3-3、厳密に言いますと4-1-2-3の布陣の際、1を山口が務めるのは間違いないと思います。

 難しいのはセンターバックと前線の「2」の人選で、仮に吉田の負傷が長引けば

 1・センターバックがいずれも最終予選で出番のない選手で組む
 2・長谷部の代役で主将を務めている選手が離脱し、腕章を誰に託すべきか

 という複雑な課題が生まれます。

 思い切ってガンバの三浦を使う、スペイン2部ヒムナスティックで戦う鈴木を招集するなど、策はあると思いますが実際はどうなるでしょうか。

 鈴木はA代表経験を持ち、ロンドン五輪では吉田と共に最終ラインを支え続けました。

 よりフィジカル・コンタクトの強いスペインで戦うことで、精悍さは増したに違いありません。

 僕はフェーレンフェーンの小林、ザルツブルクの南野など、リーグ開幕で好調を維持している選手や、スカウティングの対象となっていない選手、案外戦えるのではないかと勝手に解釈しているのですが。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アジア最終予選は初戦からク... | トップ | 僕が考える代表の1トップにつ... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。