塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

僕が幼少時の洗濯はいかに

2016-11-26 01:04:29 | 日記
 花王のウルトラ・アタックネオ
 ライオンのハイジア

 他にも消臭や高性能を誇る洗剤が店頭に並ぶ昨今、サッカーのようにジャージの洗濯が大変な家庭は、すごく重宝していると思います。

 僕が小学校の時、家庭用洗剤はおなじみクレンザーや、洗濯石鹸は従来の粉タイプでして、今ほど選ぶ選択肢はなかったはずです。

 言い換えれば、我が家に限らず、子供を持つ母親というものは

 1・汚れがひどいものは揉み洗いをしていた
 2・漂白剤など、洗剤以外の物を使用

 という形で、すごく時間をかけていたと感じます。

 サッカーは今でこそ芝の上という認識ですが、小学生のサッカーは今も昔も土が基本です。

 長野のように雪が多い土地柄では、サッカー、雪合戦など、体育でもジャージが汚れることが多く、母親が選択に欠ける時間の頻度は、今よりもずぅと大変だったでしょうね。

 もし、僕がブランドの洗剤開発者ならば、

 子供を持つ母親、父親の意見

 は、すごく参考になると思います。

 また、各種プロリーグの用具係の存在も、今では見逃せないと思います。

 過去にが考えられない、病原菌の予防や白の追及など、洗剤の在り方は様々ですが、一方で環境に配慮したものも多く見かけます。

 僕の母親はどこかで

 「子どモは汚して帰宅するのが当然」

 と感じていたフシがあります。

 今は性別問わず、両親にも子供にもそれだけの時間のゆとりがなくなり、皮肉にもその点が洗剤の競争を促していますね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今でも思い出す小学校時代の... | トップ | 父親の背中を見ても、息子が... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。