塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

今年もブレスサーモを引っ張り出して

2016-10-29 00:23:52 | 日記
 昨日、千曲市は随分と冷え込み小雨模様の天気でした。

 元来寒がりでウインタースポーツに関心のない僕は、ミズノの代表作「ブレスサーモ」を着用しています。

 ブレスサーモは確かに高い部類の価格設定です。

 今は東レを軸に、さまざまな繊維企業と衣類ブランドが暖かい肌着を開発、商品かしていますし、価格も手ごろなものが多いですね。

 でも、ブレスサーモは日本製の品が多いことも特徴ですが

 1・すぐにへたらない耐久性
 2・セーターと見間違うくらいの素材感の良さ

 が味わえます。

 毎年肌着を買い替える可能性があるならば、思い切って手を出しても良いと思いますし、数年前はアンダーアーマーの「コールド・ギア」の広告をよく見かけたものです。

 吉田や本田など、ミズノ契約選手も日常で取り入れていると思いますよ。

 ただ、他の肌着が頗るカラフルでデザインも良いものがあるのに対し、ブレスサーモはカラー・ヴァリエーションがそう多くないのは改善点かと思います。

 モレリアも基本は黒と白ですから、ブラジルを意識した黄色のアッパーを投入することは、ミズノにとっても冒険だったのかもしれません。

 オーセンティックは質実剛健、つまり本当に良い品を長く使ってほしい、という意味につながりますし、そこはミズノの良いところです。

 一方で

 「へえ、ミズノにもこんなデザインがあるんだ」
 「これ、従来のミズノの印象を覆すな」

 という驚きがあっても良いと思います。
 
 実際にバサラとイグニタスの色彩は、僕たちを驚かせていますよね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前政権の遺産は新政権にとっ... | トップ | タイから来た方たちと会話をして »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。