塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

改めてオーストラリア戦を振り返る

2016-10-13 01:15:05 | 日記
 やっぱり日本は日本なのかなと思います。

 これがイランやイラクならば、ワールドカップ予選の翌日の新聞では冒頭から

 監督の采配と先発選手の顔ぶれについて
 試合内容と交代選手の役割
 識者の辛辣な意見と代表への要望

 などで埋め尽くされているはずです。

 信濃毎日新聞、朝日新聞とも、ワールドカップ予選は

 スポーツ記事の一つにすぎない

 わけです。

 大リーグのプレイオフ、Bリーグ、クライマックス・シリーズと同等の扱いであり、それ以上のバリューが無い、言い換えればそこそこの分析記事で事足りるのでしょう。

 監督の手腕を批判する人間がいる一方で、擁護する声があってもおかしくありません。

 その基軸で討論するからこそ面白みがあると思うのですが。

 ニュース・ゼロで北沢豪氏が

 失点から交代選手投入までの空白の30分

 という形で意見していましたが、新聞にもこれらの追及点があっても良いのに、とつくづく感じます。

 一方で僕はダイジェストの映像しか見ていませんが、4試合目にして一番良い動きをしていたと感じます。

 本田と小林のシュートを見てもわかるように、一方的に守勢に回っていたという印象はありません。

 僕はオーストラリアのダイレクトかつ両翼を活用しあ4-2-3-1の前に、相当後手に回るのではないかと想像していたので、その予想が外れたことはありがたいと感じています。

 年内に残された試合はホームのサウジアラビア戦のみになりますが、ここでの試金石が2017年にもたらす影響は当然大きくなります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年もカレンダーの時期にな... | トップ | バロンドールにも、サプライ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。