塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

アントラーズがJ1の名門であり続ける理由を探る

2017-06-30 21:51:55 | 日記
 アントラーズが毎年、誰もが息をのむような補強を行うことは、やはり名門の矜持があると思います。

 その名門の矜持を僕が推測すると、冬の時代と寒さになります。

 ユヴェントスが1987年のプラティニ引退後、9年の間リーグ優勝できなかったことは、補強はしたがそれだけ、という面が大きかったためです。

 確かにこの時期、バッジョもメラーもラッシュもいました。

 しかし、優勝できなかったのはミランがゾーン・プレスを完成させたこともありますが、主役と端役、指揮官の3点がうまい塩梅にまとまらなかったためと感じます。

 この点が9年という無冠の時期、言い換えれば冬の時代と寒さをもたらしました。

 ユナイテッドもあせっている
 アーセナルはそれ以上に焦っている
 リバプールはそれまた以上に焦っている

 無冠という冬の厳しさを痛感しているためです。

 アントラーズが2007年から3年続けてリーグを3連覇した際、指揮官のオリヴェイラが日本代表監督候補に挙げられました。

 そう、春の時代は穏やかな日差しで選手、フロント、指揮官とファンのいずれもが快適な時期を過ごせます。

 しかし、アントラーズはJ1のクラブで唯一

 寒さの厳しさを知る
 だからこそ、無冠の時期はすぐに終わらせる必要がある

 ことを熟知している、言い換えればそれだけの優勝回数を誇れる存在です。

 鈴木満氏はきっと、曽我端と小笠原の両選手が引退を表明したときの事を想像し、すでに何かしらのプランをもっているようにさえ見えます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 外国籍選手の補強がJ1で変... | トップ | 女性に対する価値観。変化の... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。