塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

食生活が180度、異なる風景について

2017-04-25 18:20:01 | 日記
 米国が海外からの渡航者、不法であろうがなかろうが移民の制限を設けたことで、様々な軋みが生まれています。

 日本のパスポートは世界中で信用されていますが、今米国では日本であろうがなかろうが、治安維持のために入国審査の厳しさを増しています。

 すでに入国している海外国籍の方は「プロジェクト」と呼ばれる、低所得者向けのアパートに住んでいると言われ、フライドチキンのような油ものを多く食べていると言われています。

 過去、ルイジアナにハリケーン・カトリーナが甚大な被害をもたらし、ただでさえ生活が苦しい人々を更に失望させました。

 ルイジアナやウエスト・バージニアには「フード・スタンプ」という、生活困窮者向けのチケットがあるそうですが、添加物や防腐剤など、とにかく食料を長く保存させるものを多くあてがうと言われています。

 そうでなければやってはいけないわけです。

 一方で野菜や果物が摂れないために、口や肌はすぐに荒れてどうしようもない、との指摘もあります。
 
 サッカー大国のアルゼンチンも、米国同様に貧富の差が激しいですね。

 一方で牛肉大好きな彼らが肌荒れを起こさないのは、マテ茶に含まれる成分が、魚介類や野菜を口にしない彼らに潤いを与えると言われています。

 日本からもサッカー留学のためにアルゼンチンに出向く方はいますが、食生活がまるで異なるアルゼンチンで暮らすことは、並大抵の苦労ではないでしょう。

 インテルがサネッティ以後、アルゼンチン代表クラスが数多く在籍していることで知られています。

 彼らもサネッティの音頭でアルゼンチン式バーベキューを開くそうですが、イタリアや魚介類も野菜も豊富ですから、むしろその食材の抱負さに驚いたのかもしれません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本田、ミランから日本復帰なのか | トップ | パルセイロが紹介されたメデ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。