塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

もし僕が一から商売を始めるとするならば

2016-11-12 00:01:26 | 日記
ふぃっ 粗利率や減価償却など、経済用語はおろか数字にめっぽう弱い僕ですから、何か商売を始めよう、独立してみようと想像したことはありますが、実際には行いません。

 仮に独立できたとしても2006年のドイツ代表のような、横に経理に詳しい人物がいなくては何も始まらないでしょう。

 クリンスマン(戦術に弱い点を認めている 僕の場合でいえば経理、売上、店舗の立地など)
 レーブ(現在のドイツ代表監督。クリンスマンが不得手な点を長所として認識9

 商売をするならば、何かに特化したものがよさそうですよね。

 今はインターネットの時代ですし、いつでも試着、返品を郵送で受け付けますという面倒なこと、よくできるなあとも思います。

 僕がもし商売をするならば

 1・グレイスーツとグレイスーツに合う小物のみを販売する店舗
 2・革靴でダブル・モンクのみを扱う店舗

 など、スーツ、革靴の中でもさらに配色と品を絞りこむことにします。

 つまり、品数が少なければ、従業員と坪面積を低くできますし、犯罪のリスクも減るだろうという安易な発想なのですが。

 これは、スポーツ・ブランドのオンリーショップと似ています。

 長野県内にはスター商会という地域密着のスポーツ店の他、デポとゼビオがあります。

 これらは当然様々な競技とブランドを扱いますし、用具の修理も行います。

 でもオンリーショップはそのブランドだけに特化していますし、商品構成もそのブランド好きにはたまらないのは当然です。

 オンリーショップも今後はジャージのみ、スニーカーのみなど変化してゆくかもしれませんが、僕個人としてはメガストアよりも、こじんまりした店舗が見やすいと思うのです、
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ペナルティとの契約がパルセ... | トップ | アルゼンチン代表、予選で苦... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。