塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

もし僕が代表監督ならばこんな選手を選ぶだろう

2016-10-11 00:15:06 | 日記
 GK中村(レイソル)
 DFセンターバックは槙野(レッズ)森重(FC東京)、左右のフルバックは右に室谷(FC東京)左に太田(フィテッセ)
 MF中盤の底に大島(フロンターレ)家長(アルディージャ)、両翼は右に関根(レッズ)左に武藤(マインツ)中央に清武(セビージャ)
 1トップに浅野(シュッツトガルト)

 基本布陣あ4-2-3-1。

 これは僕が想像でこのような布陣が描けるのではないか、と考えたものです。

 センターバックは植田と昌子、中盤の底は永木やレッズの青木、清武の代わりにアントラーズの土居、1トップにはガンバの長沢というような形も考えられます。

 これは単なるお遊びにすぎません。

 ただ一方で2、3年前僕はF・マリノスの中町が代表招集されないのを不思議に考えていましたが

 旬の選手を使う
 その選手が定着して戦力となる

 面白さはあると思うのです。

 レッズファンなら武藤、フロンターレファンならば車屋というように、代表選手をされない方がおかしいと思う人選はあると思います。

 確かに世界の潮流は10代でもフル代表に召集されることにありますが、ガンバの堂安のように、招集対象になるべき選手は日本にもいると思います。

 しかし、仮に招集されたならば、メディアは一瞬にして彼に群がるでしょうし、フランスでいえば

 「エンゾ・ジダン」

 の国籍をめぐり、スペインとの間で駆け引きがありましたよね。

 10代の選手招集はデリケートですし、今まで実績を積んできた選手を無視することもできません。

 簡単に言えばバランスなのですが、そのバランスをとることが困難なのですが。 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千曲市はめっきりと寒くなり... | トップ | サッカーは頗る健全な物言い... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。